ニュース

発足300年の魔法管理機構「バベルの塔」、式典開催

19日午前、今年度で発足300年を迎えた魔法管理機構「バベルの塔」にて式典が執り行われた。

バベルの塔の起源

1,000年以上続く魔法の発展、その中でいくつもの戦争が発生した。中でも歴史上最悪とも言われたのが、各種族が入り混じり血で血を洗う戦いが50年続いた世界魔法大戦だ。

その失敗と教訓から、「魔法は生きるために使用されるべきもの」という大前提の下、様々な種族が和平を結ぶと同時に、争いのために魔法を使わせないようにするための抑止力、また管理機構として発足したのが「バベルの塔」である。

以来、バベルの塔は、すべての種族の平和と繁栄のために魔法研究者を集い、数多くの魔法を生み出し、また改良してきた。

バベルの塔管理者のコメント

現在のバベルの塔の管理者は3人。その中でも発足当時からその席に座るエルフ族のルヴィド・シュ・エーゲルセルン氏は「この役目を持ち早300年。争いを生まずただ平和と繁栄の中にいれた幸運と事実を戦争で無念の中に死んだ者たちへのたむけとしたい。今後も先人たちの願いを無に帰さないよう、この責を全うし続ける所存」と決意をあらたにした。

また、バベルの塔研究所所長のナタリー・エイブラハム氏は「このような節目の日にこの場所に立てる栄誉を与えてくれた偶然に感謝したい。これからも市民の皆様に便利に、かつ安全な魔法を提供できるように研究所一同で頑張っていきたいと思います」と語った。

今回の式典にはバベルの研究者や職員のほか、各国各種族の魔法研究者や要人たちが訪れ祝辞を送った。

式典の様子について

午後には祭典と称してバベルの塔周辺に各国の魔法グルメの店が立ち並び、訪れた市民でにぎわった。

また、普段はバベルの関係者しか入れないバベルの塔の一部が一般開放され、途中で入場規制がかかるほどに一般市民が殺到した。

中の様子を見た女性の話では、「思っていたよりもきれいで、とても広かった。ゆっくり見たかったが流れが強く満足には見られなかった」とのことだ。

来場者は各種族合わせて700万人を超えたようで、一般公開を決めたバベルの塔の広報課担当は「思っていた以上の来場者で対応が追い付かなかった。入場規制で見れなかった人たちのためにまたこういったことはしていきたい」と語った。

 

今年も発売決定!!「ガラスのくつゼリー」

「願いが叶うパンプキンタルト」で有名なサンドリヨン堂から、今年も夏季限定の美味しいお知らせが届きました。

今回発表されたのは昨年の初お目見えで大好評を得た「ガラスのくつゼリー」となります。

向こうの景色が透けて見えるくらい透明度が高く、見ているだけで涼しさを感じられるこのスイーツはこれからの季節にまさにぴったりな一品です。

今季のラインナップについては、前回に引き続き「クリスタル味」「魔法のスペル味」の他、「言えない秘密味」「ファーストフルッター味」が新たに追加されるとのでした。

価格は「クリスタル味」「魔法のスペル味」が285円、「言えない秘密味」「ファーストフルッター味」が335円となっています。

発売期間は7月から8月末までとなっており、各地のサンドリヨン堂で購入可能とのことです。

尚、「ガラスのくつゼリー」の賞味期限は購入日当日の24時までとなっており、期限切れの際には原材料に戻ってしまうため、ご購入されました際には食べ損ねることが無いよう『賞味期限』をしっかりと守り、お召し上がりくださいませ。

モンコッド魔法具商会 亜ルキス魔法に注意呼びかけ

ルキス・モンコッド氏考案の『ルキス式携帯小型水晶球遠見魔法』(通称『ルキス魔法』)は、それまで座標設定の難しさからある程度大きさのある据え置き式水晶球でしか使うことのできなかった”遠見”を、小型の水晶球と専用術式を施した台座を組み合わせた携帯式の魔法具で使用可能にする画期的なものであった。

その登場からおよそ三十年、さらに小型化・高性能化・省魔力化が進んで、今や移動しながらでさえ旧来以上の高精度で”遠見”が使えるようになった。もはや生活する上でなくてはならないものであるといっても過言ではないだろう。

ところが昨今、このルキス魔法具の亜種が低価格で出回っている。これは低位の錬金術などで作られた人工水晶球を使ったもので、特に移動しながらの使用の際には使用者の魔力を正規品の1.5倍から3倍ほども必要とする場合があるという。

モンコッド魔法具商会の広報担当者は、以下のように呼び掛けている。

「われわれの設計思想では安全性が最上位に置かれているし、魔法具を取り扱うすべての人々がそうあるべきだと考えている。われわれは危険なものに価値を認めない。亜ルキス魔法は無駄に魔力を消耗するとともに周囲への警戒が疎かになり、転倒や衝突、魔物への不用意な接近などの危険性もある。ぜひわれわれの正規品を使用してほしい」

一方で、同商会の市場独占状態には不透明な部分もあるとして、遠見魔法具業界に強引に食い込もうとする新規参入者も多い。

今は亜流でしかなくてもモンコッドに迫る品質を備えた相手が近い将来現れることは十分に考えられ、使用者の選択の幅が広がるとともにより一層のモラルも求められることになるであろう。

風杖祭 レーテ村で開催

南部豪風地方のレーテ村で、今年も風杖祭が行われました。

風杖祭はレーテ銀で有名な同村に伝わる伝統的なお祭りで、参加者が風の魔法や精霊を使って長さ70~300セメタ、重さ0.5~4キラムの杖を飛ばし、その飛距離を競うものです。

祭りの原型は、かつてこの地で悪事を働いた大蛇を封じ鎮めるための神事であったといわれていますが、参加者たちの華やかな銀飾りや卓越した魔法制御を目当てに、30年ほど前から観光客にも人気のイベントとなっています。

今年は魔力自慢の20人ほどの若者たちが参加し、杖が投げられるたびに見物客から大きな歓声が上がりました。

今回の優勝者は姉妹で参加した最年少のロッテちゃん(11)で、「精霊もちゃんと言うことを聞いてくれて、お姉ちゃんに勝てたのでうれしかったです」と笑顔を見せました。

また、運営委員長でもある村長は「昨年は精霊の(制御を誤ったことによる)事故がニュースにもなり、参加者が出ないのではないかと心配しましたが、今年はこうして無事に終えることができてよかった。地の蛇もこの一年はおとなしくしておりましょう」と語りました。

フライラグ社製の空飛ぶ絨毯、またも暴走か

4月20日、バーデン国シルビータルト市に住むパルスティン・ヒートルノ氏が所有するフライラグ社製の空飛ぶ絨毯(商品名:ラグK-30)が突如暴れ出し、ヒートルノ氏を振り落として飛び去った。

ヒートルノ氏は高さ300M付近から落下したが、近くを飛んでいたラギンレード・ビビビルフ氏に拾われ、怪我はなかった。

ビビビルフ氏は「最初人が落ちていくのが見えた時はビックリしたよ! でも、毎年ハウザルの方に女の子を受け止めにいっていたおかげで拾うことが出来たんだ! 何はともあれよかったよ! 人が潰れるとこなんてみたくないからね!!」と語った。

今回は大事にいたらなかったが、ここ数日、シルビータルト市では同様の事件が頻発しており、死亡者もでている。

これについては、レーヴァ国立ホルユキープ大学魔法学部飛行術式学科のヒルデカーヌ・ポツマオリ教授が「フライラグ社のラグK-30はその魔術式の構造上、設定された目的地まで行くことしかできず、速度や動きも設定されている。

製品の欠陥というよりは、何者かが飛行を妨害しているのではないか」と分析する一方で、同大学の魔法歴史学部のマヤジデ・バイゼ教授は「空飛ぶ絨毯について言えば、魔術式が意図しない結果を生んでしまった例が沢山ある。

今回の件については、第三者による徹底した魔術式の調査が必要だ」と主張しており、未だ原因ははっきりしていない。

なお、フライラグ社はラグK-30に欠陥の可能性があるとして、販売を中止、全品回収すると発表した。治安維持局はフライラグ社の過失と何者かによる犯行の二つを視野に捜査を開始するとしている。

ウロル国のパスダーピナ幻獣園、世界で初めてユニコーンの繁殖に成功

先月27日、ウロル国にあるパスダーピナ幻獣園でユニコーンの赤ちゃんが誕生した。

ユニコーンは、その希少性の高さから剥製目的で乱獲され、現在は大きく数を減らしている。そのため、様々な機関がユニコーンの絶滅を回避しようと研究を重ねているが、今回の件がそれらを大きく前進させることは間違いないだろう。

ウロル国立メルカヒルド大学幻獣学部の教授マルヒトッヒ・フリードリヒ氏は「ユニコーンの繁殖方法は長らく未知の領域だった。今回の記録は非常に貴重なものであり、必ずやユニコーンを救う鍵になる」とコメントした。

また、パスダーピナ幻獣園のユニコーン担当飼育員は「出産日前は心配で仕方なかったです。ユニコーンの出産は初めての連続で……。でも本当に無事に産まれて来てくれてよかったです。ある程度大きくなったらお披露目も考えていますので、ぜひ見に来てください!」と目頭を熱くして語っていた。

パスダーピナ市ではすでにユニコーンの赤ちゃんに乗じたグッズが展開されており、ユニコーンの赤ちゃんの市場効果への期待は高まっている。

パスダーピナ幻獣園のユニコーン親子は今月末までは休養させ、その後、状態をみて一般公開される予定だ。

フレイムタワー要らず「炎魔法を使う前に会社が炎上した」

労働基準法違反を疑われていた魔導書製作会社エーダムに強制捜査が入り、違法な長時間労働、厳しい上下関係、会社への泊まりこみ強要、給料が現物支給で青ポーション200個などという過酷な実態が浮き彫りとなった。

本当に酷い労働環境でした。仲間内で会社に火でも点けてやろうと盛り上がり、冗談半分にフレイムタワーの魔導書を読み漁っていたところ、SNSで本当に炎上しまして。
――元エーダム社員

社内からは法律で禁止されている魔導具の一種であると思しき「大支配書」、さらには強力な闇魔法の痕跡までもが確認されたため、警察署はエーダム社長のローガー氏を検挙した。

これを受け、ローガー氏は本社にて訓示を発表している。この訓示では、まず長時間労働の背景にあった魔導具や闇魔法に触れ、それらを使わずに労働するための改革案が述べられた。そのために必要な投資額などが列挙され、最後には「社が直面した問題に打ち勝つため、団結して新しいエーダムを作り上げていこう」という前向きな一言で締めくくられている。

しかし、エーダム社員は我々に諦観を語った。

「この訓示は偽物です、どうせ社内は変わらず魔導具と闇魔法に頼ります。今回の強制捜査だって、心のどこかでは『なんで俺たちが』と思っている節がありますから。私たちはまさに奴隷です。この会社は未だに奴隷制を採用しているんですよ」

他にも社員二人にインタビューを行ったところ、我々はたくさんの恨み、憎しみというべきドロドロとした声に溺れてしまった。

── 現在の労働環境に対し、既に手を講じているとお聞きしましたが?

「実は、タイムカードを複製し、正しい内容に変更する専門魔法を研究していたり、していなかったり……」

── ずいぶんとお疲れのようですが、活力の霊薬などはお使いで?

「ええ、今月もとうに100本は転がしてます。思えば、そろそろ連勤記録も更新しますね。ついに半年ぶっ続け……私たちは物じゃないんですけど」

今回のような強制捜査が入れば、事情聴取から書類送検までは確実に行われ、企業が起訴されることも必至である。ついにか、痛手を受けてしまったエーダム。魔導書製作会社の王として君臨してきたエーダムのプライドも、今やベヒーモスの縄張りに放り投げられているのとそう変わりはない状況だ。

モンストル、ゴースト用魔剤の発売決定

20日、魔力ブーストドリンク「魔剤」を製造販売するモンストルが、ゴースト用にスモークタイプの魔剤を期間限定で販売すると発表した。

この商品は、創業者であるギエン・キーデル氏が50歳の誕生日に全身ゴースト化を決断したことを受け、その記念として開発された。

従来品のヒト・巨人・ホビット向けドリンクタイプをベースに、飲食ができないゴースト用のスモークタイプを開発したという。使用法は一般的な飲食風スモーク同様で、缶を開けてスモークを発生させ、その間をすり抜けて使用する。

しかし、この発表後、ゴーストの感覚機能が弱いために従来品ベースでは覚醒効果が出るのか心配する声が多くあがった。

これについて広報担当オシェル氏に問い合せたところ、以下の回答を得た。

「魔力覚醒を促す成分であるキャフエインの含有率が従来のものよりも高いため、魔力覚醒の効果がある。ゴースト1,000体による臨床試験もクリアしている。ゴースト市場の狭さや魔力覚醒需要の低さから期間限定販売としているが、売れ行き次第では通年販売も検討する」

なお、販売開始は来月5日を予定している。

増加する虚空間。今後の対策は?

(画:ナハーヘム市で確認された虚空間の一例)

「作成した空間は放置せず、適切な管理をお願いしたいです」

ナハーヘム市の『街づくり推進課』に勤めるハルシュ・ヴィケーム氏は、増加しつつある「虚空間」に関して苦言を呈した。

持ち主がいるがだれも住んでいないのが「空き家」ならば、「虚空間」とは「空間魔法の行使により、基底世界に孔を開ける形で作成されたものの何らかの理由により使用されなくなった空間」となる。

基底世界とは、通常我々が存在する空間であるとされているが、現在、ナハーヘム市が属するヴェルニダット地方上の基底世界だけでも500個以上の「虚空間」が存在するとされている。

では、これらを放置することによって何が引き起こされるのだろうか。ヴィケーム氏は我々の取材に対し、こう答えた。

「虚空間は空き家のように、土地の圧迫や景観の変化などの大きな変化が起きないため、安全ではないかと考える魔法使いもいます。しかし、管理されていない空間が増え続ければいずれスペースが足りなくなるということも十分起こり得ます。また、空間が作られ続け、基底空間の強度が不安定になることで予期せぬ大事故が起きる可能性も高くなります。空間魔法は、言い換えてしまえば岩に孔を開けて洞穴にするようなものですからね」

既にナハーヘム市では、空間が破損したことによる虚空間への落下事故が発生している。ヘレニム魔術学校では空間魔法の演習中に、生徒が誤って虚空間へと落下し足の骨を折るなど全治一カ月の大怪我を負った。

魔法が普及した今でも、空間魔法と時間魔法は未知の部分が多い。多用されることによる空間や時間の変化の詳細な調査も進み切っていないのが現状だ。

今後の対策に関して、ヴィケーム氏はこう述べている。

「今後は空間魔法に関しては免許制を取り入れることを考えています。取締りに関しても強化していきたいですし、専門家を呼ぶなどして虚空間の探知を行い、空間作成者に呼びかけるなどしていきたいですね」

魔法によって、我々は光を手に入れた。しかし、こういった問題も同時に発生するようになってきており、法整備などが求められる場面も今後増えてくるだろう。

使い魔界に新風吹く、トイケルベロス誕生

この度、ディジョアン国立魔法生物研究所は、ケルベロスの小型化、ひいては新種となるトイケルベロスの繁殖に成功したとの報告を発表した。

従来のケルベロスはその番犬としての性質の高さから、古くは神々の門番として生活を共にしてきた。人間界でも門番として彼らを迎え入れたがる一部の人々がいたが、その気性の荒さと飼育の難しさから悲劇的な事故が後を絶たなかった。

しかしながら、研究を積むこと幾星霜。度重なる品種改良を経て、ようやく人間界でも馴染めるケルベロスが誕生し、近年は番犬として生活に溶け込むようになってきた。

その裏で、新たにケルベロスの飼育問題も起きている。

郊外等、居住スペースがある家であれば庭で放し飼いをするだけの十分な余裕が確保できるため、飼育に際して特段大きな問題は見受けられないが、都市部での飼育となると話はまた変わってくる。

人口密度の高い都市部ともなれば、飼育スペースの確保が難しいことやストレス発散のための散歩をすれば、「子供たちに襲いかかってきたら、責任はどう取るのか?」などの問い合わせが頻発することにより、近所の目を気にしながら世話をする飼い主、十分な散歩や遊びが出来ないケルベロスと共にストレスを抱えながら生活を送るという現状があった。

そうなってしまうと、都市部の飼い主は泣く泣く郊外のケルベロス保護施設へ愛犬を手放さなくてはならなかったりした。

こういった飼い主はまだ良い方であるが、中には無責任な飼い主もおり、「思っていた以上に大きく、世話が大変になった」との理由で成犬のケルベロスを捨てる者も後を絶たない。

このような無責任な飼い主に捨てられてしまったことにより、ケルベロスの野生化が近年問題視されている。(この問題は後日、使い魔の野生化問題で取り扱う予定である)

その一方、市場ではケルベロスを番犬として迎えたいと考えている人々は60%近くいるとの調査結果も同研究所より発表されており、飼育問題の効果的な解決作策も無いまま需要は高い。

そこで、ディジョアン国立魔法生物研究所では、都市部や単身者でも飼いやすいケルベロスを生み出すことはできないかと永らくケルベロスの小型化に携わってきた。

勿論、品種改良の研究に当たっては好意的な意見もあれば、「遺伝子を操作することは生命への冒涜だ」という批判的な意見も見受けられた。同研究所においては、この度の研究は「遺伝子操作(キメラ生成)」ではなく古来より取られている自然交種での改良であることを約束し、研究を進めてきた。

そして、この度めでたくその結果が実を結んだのだ。

今回、交配種として選ばれたのは古来種のトイプードル(オス5才)であり、父親になった彼は別室にてわが子の誕生を職員と一緒に見守っていた。

産まれた仔犬は、全部で3匹で、性別についてはオスの仔犬が2匹、メスの仔犬が1匹で母子ともに健康とのこと。仔犬の大きさはおよそ6~8センチ程であり、元来のケルベロスの仔犬の20分の1程の大きさである。成体についても最終的には30センチ程で成長が止まる見込みとのことだ。

メディアを含めた一般への公開に当たっては、仔犬たちが産まれて間もないことと、母体のケルベロスが出産直後とのこともあり、仔犬たちの公開時期については現在未定であるが、離乳時期を目処に公開を検討していると所長のシャリーゼ氏は発表した。

また今後、トイケルベロスの繁殖に当たっては特定のライセンスを持ち得るブリーダーにしか許可を出さない方針を同研究所は発表し、ライセンスの制定においては政府と相談しこれから調整をしていくとのことであった。

トイケルベロスが新たなパートナーとして人々の生活に馴染むのはまだもう少し先の話になりそうではあるが、まずは何より今回産まれた仔犬たちが無事に成長をすることをただただ願うばかりである。