ニュース

「魔法は存在しなかった?」1000年以上前の古書、その一部を公開

昨日、魔術研究所アンティコ・マギアの書庫で発見された古書の中身が一部公開された。中身は古代文字・ハポネスと似た特徴を持つ象形文字で書かれているとされており、ところどころに謎の図説が挿入されている。内容の分析はまだ終わっていないとのこと。

しかし、現在解読されたうちの一文が研究者たちの注目を集めている。その一文の直訳は「魔の力や人の気は虚無である」というものだと、古書の一部公開と共に発表された。この直訳が示す事柄は、遠い過去には魔法が存在しなかったということなのではないかと、研究所から提唱されている。

事の始まりは2年前の1月。【アンティコ・マギア】が誇る世界最大級の書庫で、蔵書リストに記録されていない書物が見つかったと一時期話題になった。当時発表されたのは本の外見と、紙の劣化具合から1,000年以上前に出版されたものだと思われること。

まずは修復魔法による復元を試みないことには始まらないと、復元研究員一同は張り切っていた。そして、約2年半かけて、かつでないほど繊細な修復に成功したということで、今回のお披露目が可能となった。

復元が終わり、最も時間がかかるとされる内容の分析と解読の段階に入ったことで、研究所内ではまた新たに引き締まる空気が漂っていると言う。そして、大仕事を一つ終えた復元員たちは、【アンティコ・マギア】所長のアブラハム・コールズ氏から、存分に羽目を外してほしいと告げられ、一ヶ月の有給を得られたそうだ。

問題の一文は、まだ直訳なため、様々な解釈が魔法研究界で挙げられている。それでも、現時点で一番有力となっている説が、冒頭で告げた「魔法は存在しなかった説」だ。

我々が日常で当たり前のように扱っている魔法という力は、約1000年もの年月を経て発達した技術であることは常識として知られている。この期間を「魔導歴史」と呼ぶのも、先代たちが残してきた魔術の道導が積み重なったことに対する敬意を表すためだ。それほどまでに、魔法という存在は大きいものとなっている。だからこそ、1000年以上前の魔法事情が知られないことは、大きな謎として扱われてきた。

我々が幼少期に聞いて育った、数々のおとぎ話 ー 剣術だけで戦さに勝利する王国や、マントを着ない学生たちの友情など ー も、知られざる過去から由来するという説があがっていたことをご存知だろうか。これもまた、空白の歴史がもたらした謎の一つだった。しかし、あながち間違っていなかったのかもしれない。

もし、魔法が存在しなかったのであれば、大昔の我々の先祖は一体どのような生活を送っていたのだろう。通勤・通学の手段は浮遊魔法や転移魔法ではなく、医療現場では薬草や治癒魔法の効果に甘えることができなかった。公開された図説の一部には、人体と思わしきものも載っていた。もしかしたら、肉体構造まで違っていたのかもしれない。にわかに信じがたいが、可能性は十分ある。
 

最後に。コールズ所長は発表時に:

「新しい歴史と、現在とはまったく違う文明が明らかになるかもしれない。過去を紐解く長い旅の始まりに携わることができる。大変嬉しく、光栄に思います。そして、現代の根本となる魔法の誕生について詳しいことがわかるかもしれない。そのことに、ひとりの魔法研究者として興奮を覚えております。」

と、目を輝かせながら語っていた。

知識を追い求めることに夢中になりがちな、我々魔導師。そして、魔術とその理解を生業としている身ならば、ぜひ追ってほしい研究案件だ。

アグニ炎症患者数 過去最多に

世界魔法学医療機構は本日、今シーズンのアグニ炎症患者数が過去最多の2273万人となったことを発表した。

アグニ炎症は、増幅した空気中の炎魔力の影響によって体内の魔力均衡が崩れることで、発熱・発火などの症状が引き起こされる魔力疾患。大人であれば重症化することはほとんどないが、魔力均衡の不安定な子どもや老人、炎魔力に対する抵抗力の弱い水属性の精霊などがアグニ炎症にかかった場合は、火傷や魔力枯渇による意識混濁などを引き起こすこともあり、注意が必要。

王立ミケア施療院のプリストス医師は、今回の感染拡大の要因のひとつに「月照時間の長さ」があると指摘した。

「月明かりには昂る魔力を鎮静化する作用があり、我々魔法使いにとっては必要不可欠なものであるが、今年は月照時間が例年に比べ3割ほど長く、気温も上がらなかった。そのため、例年であれば冬眠しない地域のサラマンダーの多くが冬眠してしまい、地表から出る炎の魔力が吸収されることなく空気中に放出されてしまったのだろう」(プリストス医師)

アグニ炎症患者が解熱や消火のために市販の水属性魔力の増強薬等を使用すると、魔力均衡を司る器官の変質が起こり、重篤な後遺症が残る可能性もあるという。

「アグニ炎症が流行っている時期は特に、素人判断で市販の薬を服用するのではなく、すぐに医療機関を受診し、適切な治療を受けてほしい」(プリストス医師)

アグニ炎症の流行には地域差があるが、特にレドルフランケ地方では流行レベルが4まで引き上げられている(最大5)。レドルフランケ地方連続放火事件の跡地からは未だに小さな火の粉が発生することがあり、その影響で炎の魔力が増幅しやすくなっているためだと考えられる。

流行レベルの高い地域では、一定期間炎の魔力を溜めこんでおく性質のあるヒエンソウの種を撒くほか、眠っているサラマンダーたちを一体一体起こしていくなどの地道な対策がなされており、今後は徐々に鎮静化していくとみられる。そのほか、世界魔法学医療機構は「外に出るときは水属性の魔力障壁を張るように心がける」「サラマンダーの鱗などでできた装飾品を身につけ、余分な炎魔力の吸収を抑える」などの感染予防を呼びかけている。

「ふえるおかねちゃん」実用化に目処 錬経研、増殖する黄金の開発に成功

王立アトス大学錬金経済学研究所のンゼロ・リンリカ教授率いる研究グループが、金属ベースの粘菌生物から自己増殖する生体黄金の開発に成功した。金の精錬は全錬金術師の悲願であり、賢者の石開発につながる成果として期待される。

同グループは、一般にメタルスライムとして知られる腐肉食性の粘菌生物種「ヒトクイテツフグリ」をベースに、多数の魔法生物を儀式的に掛け合わせることで、生体魔素を分解し黄金の子実体を形成する新種を開発。実用試験を重ね、開発名称を「ふえるおかねちゃん」へと改称した。

生体黄金の問題は、飼料の変換効率が悪い点にあった。これまで同グループは、サラマンダーやウンディーネの精霊肉を始めとする高級飼料を用いていたが、より安価で安定的な飼料の発見に成功。コストパフォーマンスの問題を解消し、実用化に目処が立った。「貧困や飢餓、人口爆発などの経済問題は、やがて過去のものとなるでしょう」とリンリカ教授は意欲を見せている。

ふえるおかねちゃんの幼生
▲魔法瓶に収められた「ふえるおかねちゃん」の幼生

「ふえるおかねちゃん」は、僅か5センチほどの幼生から1年で約3メートルにまで成長。与える食料にもよるが、魔法肉を食べることで平均して純度75%ほどの黄金として体積を増加させる。実験室で飼育されている個体は、昨年度では約7.5トンの巨体にまで成長した。

「ふえるおかねちゃん」実用化を受け、王立アトス大学は錬金経済学部の大幅増員を決定した。有望な若手研究者の確保、増員が狙いとみられる。

前年度では錬金経済学部の学生のうち62%にあたる約1300名が失踪。例年にない失踪者数に、同学部は定員割れを起こしたことで知られる。今回は特例として入学金・入学試験免除と、広く魔法使いを募集する姿勢だ。リンリカ教授も「最先端の研究に携わるチャンスです」と話している。

魔法省、現サバトへ式神・使い魔使役法改正案を提出

式神、使い魔が術者に歯向い起きた死亡事故が、大和、ルネロで計2件起きていたことが、式神安全対策委員会や魔法省などへの取材で7日、分かった。死亡事故の件数が明らかになるのは初めて。事故やトラブルも、昨年12月までの約3年間で少なくとも108件発生していた。式神は現在、国内で十万ほどが使役されているとみられ、今後も活用範囲の拡大が予想される。魔法省は対策を急ぐ必要があるとして、召喚・使役術式点検の義務化などを内容とする罰則付きの式神・使い魔使役法改正案を開会中のサバトに提出する方針を固めた。

魔法省などによると、死亡事故を起こしたのは、いずれも代々受け継がれている式神・使い魔の伝承儀式中のこと。800年8月、大和、邪馬台国で、伝承儀式中に使役者の贄の血に反応した式神が暴走。ルネロでは伝承儀式中に使役者の魔力量が足りず使い魔に食い殺された。

周囲にけが人が出た事故では、1700年7月に京の都で、悪鬼を退治するため使役していた男性が式神の攻撃が直撃し右足を切断。1701年11月には、任命式中の式典で演出を担当していたグリフォンが結界を避けきれず衝突し観客に落下し、5人が救急搬送され、3人が軽傷を負っている。

式神・使い魔の事故やトラブルについて、魔法省は設立から件数を集計している。それによると、けが人が出た事故は300件、建物や車などの物損事故は279件。空飛ぶ箒や空飛ぶ絨毯など、魔法航空機に異常接近した事例も87件あった。結界への落下のほか、墜落、炎上して周囲のマンドレイクに延焼した例など、大事故につながりかねないケースもあった。ただ、集計の基になる使役者の報告は任意で、実際はさらに多く発生している可能性がある。

式神・使い魔使役法改正案は、使役者に対して使役前点検や自身の体調などの状況の確認、魔力衝突などの避けられる衝突予防を義務化。無理な使役など他人に迷惑を及ぼす可能性がある行為や、飲酒後の使役を禁じる。事故発生時に、魔法省が使役者との聞き取りや立ち入り調査をすることができることも規定する。

式神・使い魔の使役に資格はなく、今後は式神・使い魔の能力によるランク付けや使役者の資格を義務付ける法も検討しているとのこと。

6000年の威光が崩壊の危機 強引な学術調査に批判が集中

6000年の間存在していたアクストゥム神殿の荒廃が、ここ半年で大幅に進んでいる。

アクストゥム神殿は、現在ではすでに失われた人柱による時間停止魔法が使われていると考えられており、その調査は失われた古代魔法の解明に向けた大きな一歩になると思われた。試掘調査ののち、半年前から長期にわたる発掘調査が続けられているが、それに伴いアクストゥム神殿の荒廃が一気に進んでいることが問題視されている。

アクストゥム神殿が建立された理由は定かではない、しかし、確かなのは6000年の間に様々な災害、戦災に巻き込まれたと言うことである。エラム帝国滅亡時において、エラム王族が神殿に立てこもった際に反乱軍による攻撃が行われたものの、傷一つ付かなかったという。実際に保存行為が一切行われていないにもかかわらず、石製の床には一条の傷もなく、壁にはしみ一つなかった。

しかし、現在の神殿は見る影もなく荒廃している。真っ白だった壁は剥がれ落ち、黄金に美しく輝いていた鐘は錆が目立つ。荘厳な柱は既に折れる寸前のようなありさまだ。その原因は、おそらく発掘調査によって見つかった数百人に及ぶ死者の遺体を持ち出したことにある。その遺体はおそらく神殿建立時に埋められたものとみられるが、つい先ほどまで生きていたような瑞々しい状態を保っており、人柱による時間停止魔法の証明であると現場は歓喜に包まれた。詳細を調べるため、神殿外に遺体を持ち出したところ、6000年の時を埋めるように腐敗が進み、翌日には白骨化してしまったと言う。この時、柱に亀裂が走るような音を聞いたと調査員が複数いたことが報告されている。

調査以前から時間停止魔法が解除された場合の危険性には様々な学者から指摘がなされており、調査団はその反対意見を押し切る形で調査を開始した。現在も調査責任者は沈黙を保っているが、このまま調査を続行するのか、はたまた保存を優先して新たな方法を模索するのかは定かではない。どちらにしても、強引な学術調査を行うその研究姿勢には今後も批判が集まりそうだ。

電子・量子回路のみによる魔素の生成を世界で初めて確認

「生命」と「模倣」の溝が徐々に埋まり始めようとしているのだろうか。

122週4日、イルヴァディナ地方・キョダム・Cのセオデック魔導機構研究所から発表された新しい発見に学界が震撼した。
その内容は「魔導素子を使用しない高集積度電気回路及び超並行量子計算機による魔素の生成:有意な量の想度上昇を初めて検出」というものだ。
やや難しい論文名になっているが、つまりこれは魔導素子(※)を一切使用せず、電気で動作する電子集積回路(電気回路)と、量子もつれ等の現象を用いて効率良く計算を行う量子計算機の一種のみによって、そこから新しい魔素を生成したという内容のようだ。
論文内では、これらに並行して模擬ニューロン、電子記憶シナプスなどを使用したと述べられているが、それらも電子回路の一種である。
検出された想度は5.6×10⁻¹⁶[Kir]程度の上昇であったと述べられており、これは一般的な魔導励起閾値の実に2億分の1と非常に低い想度であったとされているが、それでも魔素の生成に違いはない。
ちなみに魔導装置や魔導家具など、一見生命を介在しない魔法の発生に思える装置も存在する。しかしそれらは魔導素子を利用した装置や、製造過程での魔素貯蓄を元手に、テラリウムのようにして稼働している物が大半である。

(※魔素で駆動し、新たな魔素を生成したり、魔素を使用して高い想度を生み出したりする素子。「無から有」を生成する事は原理上不可能であるとされている)

古くから、人間やエルフをはじめとしたあらゆる生命(正確には”魂”が寄与すると考えられている)が介在しない状態では、魔素の生成は一切起こり得ないとされていた。
また、1381年に魔学者カルニコ・ノベンバードによって、「非常に精巧な『生命のエミュレート』であれば、理論的には魔素の生成が起こり得る」ことが発表されていたが、実際にそういった環境での生成は確認されていなかった。
そのため、論文の内容を第三者が確かめる追試の結果を受け、この発見が正しいものであると確認されれば、魔術の教本が書き換えられることになりそうだ。

肯定的な説では、これまでの仮想生命はある種の”模倣度”が低すぎたためであり、それらがより生命に近づけば、いずれ魔素の生成が起こるのではないかと予測されていた。
しかし同時に、それは新たな生命や魂といった物を作り出すことに間接的に繋がっており、禁忌に触れるのではないかと危惧されていた面もある。
そのため論文の発表を受け、一部の有識者や宗教団体からは「そもそもこの発見が真実であるのかどうかに加えて、歓迎すべきかそうでないのかもまだ分からない状態だ」といった声や、「この実験は、とてもとても小さな”魂”を電気回路内に生み出したということに等しい」「倫理的には到底認めがたい実験だ」「神への冒涜として受け取らざるを得ない」という反発も寄せられている。
セオデック魔導機構研究所所長、及び本論文の著者チームリーダーのリュバリワイ=グトー・レピュニフ博士は、「論文は現在追試を待っている状態ではあるが、もしこの発見が正しいものであれば、実に260年以上ぶりの大変なブレイクスルーであるし、私としてはそうであると信じている。それはとても光栄であり、家族や関わった全ての方に感謝したい」
「電子回路が自らの『意思』で魔法を使うようになる時代もいずれ来るのかもしれない。本発見の魔素量からすれば(そのような時代に至るまでの道のりは)まるで”イーサ・ロードをヘムラマイマイ(カタツムリの一種)が歩き切る”ようなものだが、我々は確実にスタートラインを踏み出したのだと考えている」「倫理・理論の両観点から、より正確に、どういった事象が起こっているのか、今後確認を進めたい」とコメントした。

“ドラゴンモドキ”、実は本当にドラゴンだった

本日、世界ドラゴン研究機構は、ドラゴンモドキの1種である『ハネアリハネナシドラゴンモドキ』として竜族館・百景島リュウパラダイスで飼育されていた一部個体が、研究の結果、新種のドラゴンである事を突き止めたと発表した。

同機構の発表によると、名称は『ハネアリハネナシドラゴンモドキモドキドラゴン』となる予定で、広報部長のガリョウ氏は

「我々にとって新種の発見は大変興味深く、喜ばしいニュースでした。これから全世界の人に『ハネアリハネナシドラゴンモドキモドキドラゴン』の名が知れ渡るよう、尽力していきたいと思います。しかし、当面は『ハネアリハネナシドラゴンモドキ』と『ハネアリハネナシドラゴンモドキモドキドラゴン』との相違点を知ってもらう為の工夫も必要だと思います」

と語った。

尚、同種を飼育する百景島リュウパラダイスでは、これからも『ハネアリハネナシドラゴンモドキ』と『ハネアリハネナシドラゴンモドキモドキドラゴン』は同じスペースで飼育していく予定だとしている。

魔法を禁止されていた少年が魔力アレルギーを発症、行方不明に

昨夜、プロティリング家の御子息であるレギタン=プロティリング氏(16)の誕生日パーティーが催された。

プロティリング家では16歳以上でなければ魔法を使用できないという独特の決まりがあり、レギタン氏は魔力を帯びた物に触れることも叶わず、頻繁にそのことについて不平を漏らしておられた。

パーティーでは、レギタン氏は「今日で16歳になってやっと魔法を勉強できる」と興奮なさっている様子だった。

しかし、贈られたプレゼントの1つに魔力で動く人形があり、それに触れた途端にレギタン氏は悶えながら倒れてしまわれた。

レギタン氏はすぐに病院に搬送されたが、治療室内でショックを起こし、突如医師の目の前で消失。至る所で、レギタン氏と思われる少年が突然現れて消えたという。その中には、病院から230km離れた場所での目撃情報もあった。

レギタン氏の目撃情報は、彼が病院で消失してから約一時間後のものを最後に途絶え、以降レギタン氏は現在も行方不明である。

病院の院長はこのように証言する。

レギタンさんの症状は、最近増えてきている“魔力アレルギー”の症状そのものでした。

しかし、あれほど重篤なものは見たことがありません。

搬送されてきたレギタンさんは身体中に鳥類の羽毛や、爬虫類の鱗や、獣の牙のようなものが生えていて、彼が叫び声を上げると強力な魔力波が発生して看護師たちを吹き飛ばしました。

そばに置いてあった医療器具は空中を飛び交ったり、グニャグニャに変形したり、虫に変身したりしました。

レギタン氏が消失したあと病院内を清掃していると、病院の間取りが大きく変わっていることに気づきました。滅茶苦茶に増築を繰り返したように、謎の部屋や廊下が増えていたんです。

千里眼持ち、魔術師、占術師による大規模な捜索が休みなく行われているが、未だ手がかり1つ見つかっていないという。

新しい情報が入り次第、記事でお伝えしようと思う。

異界へ繋がる可能性 異常な鏡に注意喚起

「鏡に自分が映らない」「鏡に知らない景色が映っている」といった通報が、先月末から各異界で多発している。

原因とみられているのは、ウェールフビヤンド界で発売中の魔道具「マジックミラー」の自動術式更新だ。

マジックミラーは、所有者同士がマジックミラーをリンクさせ、離れていても顔を見ながら話すことができる手鏡のような魔道具。今回の術式更新では、鏡にものを触れさせ、話している相手に贈ることができる機能が追加された。

しかし、自動更新された術式に問題があり、マジックミラーが意図しない鏡とリンクしてしまう不具合が頻発。急激に増加した魔道具等の盗難や紛失、ヒトを始めとした生物の失踪も、今回の不具合の影響を受けている可能性がある。

また、マジックミラーは時空の違う世界の鏡にまで干渉している。ウェールフビヤンド界では各地で「魔法を知らない」ヒトが相次いで見つかっており、国際治安維持部隊は異界人の保護を優先しつつ、同時期に他の世界で発生した紛失・失踪について調査を進めている。

Maho ONLINEは、多次元超越集約型ニュースメディアとしてウェールフビヤンド界国際治安維持部隊から協力要請を受け、マジックミラーの問題について広く情報を発信する。

鏡に知らない景色が映っている等の現象が起こった場合、鏡には近寄らず、「縁切り」呪文や「解呪」呪文で対処してほしい。

魔法が得意でないヒト、あるいは「魔法を知らない」ヒトにおいては、Maho ONLINEへ情報提供をしていただければ、ウェールフビヤンド界国際治安維持部隊が順次対処していく。

誤ってウェールフビヤンド界へ入ってしまった方は、国際治安維持部隊の最寄り拠点で保護を受けられる。

なお、元の世界へ戻ることができるのはマジックミラーの不具合が修正されてから。販売元のMirage me(ミラージュ・ミー)によると修正完了時期は不明であり、今後も同様の不具合が発生する可能性が高い。

史上初の「絵画魔法化」で絵画猫の大量召喚が発生

アーティセンナ美術館に展示されている絵画が魔法暴走を起こし、初めて「絵画魔法化」が確認された。

魔法暴走を起こしたのは、それまで絵画魔法ではないとみなされていた絵画『猫の集会』。多様な猫が庭でくつろいでいる様子がのびやかに描かれ、猫派の魔法使いを中心に人気の絵画だった。

『猫の集会』に描かれる主なモチーフは猫で、絵画魔法に必要な複数のモチーフや、属性を決定する統一された方向性がなく、絵画魔法師が「魔法陣のようなものを読みとれない」と結論付けたものだった。

今回の絵画魔法化、及び魔法暴走では、『猫の集会』を中心に猫が“湧きでてくる”現象が確認された。現在はレイラインの影響が薄いメンナ絵画魔法研究所に移され、魔法暴走は沈静化している。

湧きでた猫は「紙のように軽く、画材特有の匂いがした」と、魔法暴走に遭遇し事態の対処に協力した観覧客は語る。

メンナ絵画魔法研究所の発表によると、『猫の集会』の魔法暴走は別地点、あるいは別時空に存在する猫を召喚するものではなく、絵画と同じ素材でできた“絵画猫”を生成するもの。一連の騒動で絵画魔法師の管理外へ出てしまった絵画猫がいる可能性もあり、メンナ絵画魔法研究所は魔法使いへ回収を呼びかけている。

また、今回の絵画魔法化について、絵画魔法研究家の『花の帽子飾りをつけた若き魔女』氏は以下のようにコメントしている。

「『猫の集会』とても穏やかな絵画。絵画魔法になったのは、絵を見た人が抱いた感情が絵画に集まったためでしょう。癒されたい、猫と触れ合いたいというような感情に応えようとして、今回の魔術暴走に繋がったのでは」

このコメントを受け、アーティセンナ美術館は魔法暴走の再発防止策を提示。現在公開中の一部絵画について、『花の帽子飾りをつけた若き魔女』氏の協力で聞き取り調査を行うと発表した。