芸能

若手作曲家の新曲が物議 「伴奏楽器」にマンドレイク

現代作曲の新鋭、イアビイ・エッケ氏の「新曲」が物議を醸している。
問題となる曲は「男声合唱とマンドレイクのための組曲 Clamamus」。コーラスパフォーマンスチーム「カンティ・マギ」の委嘱によって作曲された5曲からなる合唱組曲で、タイトルの通り5曲中4曲の伴奏にマンドレイクを使用するという編成に、曲名の発表当初から衝撃と困惑が広がっている。

エッケ氏はこれまでにも「バリトン独唱と2本のホウキのためのプリミティブ」「乾燥帯(筆者註:曲中、ソリストはエニシダの茂みに頭を突っ込むよう指示がある)」など独創的な声楽曲・合唱曲を作曲しており、「ボイスと自然の融合」を掲げた「ボイスインザワールド」の提唱者として知られているが、今回の「Clamamus」は以前にも増して挑戦的だ。
このあまりに前衛的な楽曲について、カンティ・マギのリーダーであり、エッケ氏との親交も深いドゥドゥン・ロービー氏は以下のように語っている。

最初に楽譜が送られてきた時、ぼくらも皆表紙を二度見しましたよ。だってどこからどう見ても「マンドレイクのための」って付いてるんですよ?(笑)
で、開いてみたらちゃんと「ここでマンドレイクを抜いて!!」って譜面に書いてあって。
練習の時は本物を使うわけに行かないので、メンバーが「それっぽい叫び声」を録音したものを鳴らしています。同時にマンドレイクを引っこ抜くパートが毎回鉢からぬいぐるみを引っこ抜くのね(笑)
でも、やっぱりそこはマンドレイクに叫ばせることに意味があって、ぼくらの「声」だけじゃ絶対に作り出せないサウンドがそこにはあるんです。
エッケもそのつもりでこんな楽譜を書いてきたんだろうし、じゃあぼくらもぼくらに歌えることを歌いつつ、本番はマンドレイクのパワーとどう共鳴していくか、今からワクワクしてます。
Clamamusの初演まであと2ヶ月を切りました。当日は防音壁完備の会場でお待ちしています(客席への防音魔法も完璧です!)し、ぼくらもそれぞれ防音魔法完備でステージに立ちますので、是非カンティ・マギの新しいサウンドを身体で感じて頂ければと思います!

卓越した歌唱技術のみならず、身体を張ったパフォーマンスや観客の五感全てに訴える演出でも知られたカンティ・マギ、そして既存の「音楽」のイメージに囚われず自由でエネルギッシュな表現を追求するエッケ氏の「本気」が垣間見えた。
一方で環境保護団体や植物学者を中心に「野生個体数が激減しており、国によっては天然記念物指定も受けているマンドレイクを演奏の度に使い捨てるのはいかがなものか」という批判も出ており、エッケ氏及びカンティ・マギはこれについて未だコメントを控えている。

オルフェウス氏のワールドツアーが開催決定 ~癒しの音色をあなたに~

寝苦しい夏の夜にこそ、素敵な音色に癒されてみてはいかがだろうか。

世界的に有名な竪琴の奏者である、オルフェウス氏のワールドツアーのスケジュールが発表された。

オルフェウス氏といえば、竪琴奏者の第一人者としてその名を馳せ、精霊となった現在も精力的に活動を続けている名奏者である。彼の奏でる音楽は、『聴けば30秒で眠れる』と言わしめるほど高いヒーリング効果でも知られている。

また、近年オルフェウス氏とエウリュディケー夫人の純愛が映画化されたこともあり、若い世代の間では愛妻家としても名が知られている。

今回のツアーはエウリュディケー夫人が全面的に演出を担当しているとのこともあり、夫人を携えてのツアーになる。

ワールドツアーは来年7月に極東の島国『日本』でのスタートし、約1年かけて世界各地を巡る。ゴールはオルフェウス氏の出身地でもある『ギリシャ』となる。

夫妻は、ツアーの始点に『日本』を選んだ理由として、夏の時期に「こと座」が『日本』の天空に上がるためと発表。

「こと座」はオルフェウス氏の功績を讃え、氏のアイデンティティーでもある竪琴を象って作られた星座であり、「星の瞬きとともに音楽を楽しんで欲しい」という夫人の意向でスタート地点を決めたことが明かされた。

更にこの度のツアーに先駆け、来月およそ175年振りとなる新作アルバムが発表される。

オルフェウス氏はこれまでに約250枚のアルバムを発表しており、その売上枚数は累計でおよそ20億枚といわれている。

今回発表されたアルバム『Schlaf』は既に3000万枚の予約が確定しており、どこまで売上が伸びるか注目されている。

※オルフェウス氏の最新アルバム『Schlaf』ジャケットデザイン

ツアーチケットは来月1日に世界同時で先行販売される。

前回はわずか5分で完売しただけに、今回のチケット争奪についても激戦は間違いないだろう。

“悪魔崇拝”バンドライブで実際の悪魔召喚、62名行方不明

ライブのイメージ画像

楽しいはずの時間が一転、大惨事となった───。

ロウタイク、ジン中央地区にあるライブホール「DOOMKAA」で52週42日、カーズメタル系のライブイベント「Baphomett Circurse」の開催中、バンドの演奏によるものとみられる”実際の”悪魔が偶発的に召喚され、62名が地獄へ堕落するなどして行方不明となった。
同じく、混乱による人混みで転倒するなどして、12名が軽傷、2名が重傷を負った。

カーズメタルは、悪魔や魔神などを崇拝する事に重きをおいた音楽ジャンルで、近年のアンチホーリイズムの台頭によって若年者層から根強い人気を得ているムーブメントだ。
事故の起こったライブイベント「Baphomett Circurse」でもホールの収容人数からみてほぼ満員となる、約1,200名(主催者発表)が参加していたとみられている。
しかしながら、残念にもそのことが多くの犠牲者を出すことに繋がってしまった。

イベントの参加者からは、「バンドの演奏中に突如”闇”が差しはじめ、その後間もなくおぞましい悪魔が召喚されたのを見た」「(バンドメンバー側も)かなり驚愕していた様子だったので、偶発的に起こった事故ではと思った」「何の対価も無く呼び出された悪魔は相当に怒り狂っていて、どんどん(参加者が)飲み込まれていった」「地獄がすぐそこに見えた」と、事故の生々しい証言が寄せられている。
呼び出された悪魔についてはその後、偶然にもライブに参加していた聖職者たちと、地元魔警隊の力によって退魔された、と地元魔警隊は発表した。
依然として、事故の顛末については不明な点も多く、魔導警察と聖教団体が協力して捜査および解明にあたると声明を発している。

専門家のム・トリ・トウマ氏は、カーズメタルやドゥームレイヴといった、悪魔などを崇拝する音楽の演奏中は、黒魔法に用いられるような邪悪な魔力の密度が比較的高くなっている。そのため周辺では故意にも偶発的にも悪魔の召喚が起こりやすくなっていることを認識すべき、と危険性を指摘した。
また「アンチホーリイズムを代表とした新しい世代の娯楽や文化に対して、その危険性を鑑みた適切な法整備と保護が必要」「悪魔側とも(魂を用意するなどの旧時代的な方法ではなく)真摯に交渉すべきでは」と事故が繰り返されることや、対応や法整備の遅れに懸念を表した。

人気歌手 疑惑のMV

先日公開された人気歌手シンセルス・ピルアーノンさんの新曲MVが大きな話題となっている。

新曲は「魔法なんてなくっていいの。」。我々魔法使いの存在意義を根幹から揺るがすタイトルである。

この曲はタイトル発表時からかなりの物議を醸していたが、MVが公開された途端になぜかぱったりと批判が止んでしまったのだ。

しかし、この曲の不可解な点はそれだけに留まらない。なんと今までアンチとして活動していた人たちまで彼女のCDを予約し、彼女を讃え始めたのだ。まるで洗脳でも受けたかのような豹変ぶりに危険性を感じた警察省が動画を削除したが、個人用にファンが保存していた動画が次々にアップロードされ、警察とファンのいたちごっこになってしまっている。

この不思議な現象を探るため、魔法映像学の権威モヴィリオ・エイゴン博士が映像解析魔法を用いて詳しく調査したところ、驚愕の事実が判明した。なんとMVの途中に何度か非合法魔法陣が表示されているとのことだった。

魔法陣に組み込まれていた呪文は3つ。1つ目は「シンセルス・ピルアーノンを好きになる」、2つ目は「このMVを繰り返し見たくなる」、3つ目は「新曲のCDを購入したくなる」だった。

これらの魔法陣により購買意欲が刺激され、MVを見ずにいられない中毒のような状態になってしまうのである。しかし、エイゴン博士はこの魔法陣の効果に懐疑的である。レポートでも「これはサブリ・ミ=ナル効果と言い、かつて映画などに用いられた手法です。しかし、これに実際に効果があったかどうかは研究者の間でも意見が分かれているものなのです。よって、今回の騒動すべての原因をこれらの魔法陣に求めるのは危険かもしれません」と述べている。

シンセルス・ピルアーノンさんはこの件に関して最初から一貫して黙秘を貫いており、事務所側も沈黙を保っている。今後の展開によっては、最近活躍に陰りを見せていた彼女の進退にも関わるのではないだろうかと、一部の有識者の間では話になっている。続報が待たれる。

(※記事中の魔法陣はイメージ図であり、動画に使用されたものとは異なる)

人気デュオグループ 発表楽曲に「トキシック魔法」の疑惑

200年もの間、音楽界を牽引し続けてきたスーパーデュオグループ『アルマティ』に衝撃的な疑惑が持ち上がった。

『アルマティ』と言えば、シルヴァン・ジルベール氏(280歳)とラズリー・クロライト氏(260歳)で構成された世界的に人気を誇る男性デュオグループだ。

2人はその高い歌唱力とエルフ族特有の端正な容姿で人気を博して以来トップを走り続けてきており、新曲が発売される度にパンデミック的な盛りあがりを見せてきた。

これまでスキャンダルで市井を賑わすことの無かった2人ではあるが、この度彼らにある疑惑が囁かれている。

その内容は、『トキシック魔法を用いた楽曲の販売』だ。

彼らのデビューから今日まで発表されてきた楽曲のほぼすべてに、トキシック魔法が用いられていたというのである。

音楽にトキシック魔法を使う手法は、古においては作曲者や歌手が人気を得るために用いられてきた。近年ではマインドコントロールに該当するとの見解が有識者間でなされ、音楽界に関わらずあらゆる方面での使用が禁止されている。

今回の疑惑が事実であるのならば一大スキャンダルではあるが、『アルマティ』の両名と所属事務所の『シュミット』は沈黙を保ったままである。

果たして真相はいかなるものなのか。1日も早い説明が求められる。

人気エルフ歌手、200歳年下の年配男性と結婚

六月にふさわしいめでたいニュースが舞い込んできた。エルフ族人気シンガーソングライターのエヴァ・ブルムフィールド氏(256)が所属事務所を通した会見で結婚を発表した。

エヴァ氏と言えば100年前、圧倒的ルックスと歌唱力で魔劇『微睡む世界の歌姫』にて主演、主題歌に大抜擢されて以来、老若男女問わず幅広い年代から支持された絶賛売り出し中の大人気アーティストである。事務所によると結婚相手は60代の人族一般男性。

エヴァ氏は「年下ですが父親のような安心感を感じるとても優しい人です。幸せな家庭を築いていきたいと思います」とのコメントを発表。

記者からの「年の差婚となるが、それに伴う問題についてはどう考えているのか」という質問に対し、「2人でゆっくりと考えたいです。彼の介護はあるかもしれませんが赤ちゃんの世話みたいなものなので(笑)。エルフ伝統の反魂の儀もありますし(笑)」と茶目っ気たっぷりに回答。

左手の手首にはエルフ族伝統の婚姻の証であるブレスレットを巻き、200歳差の花嫁は終始幸せいっぱいの様子で記者からの質問に答えた。

結婚に際し芸能界を引退する予定は無く、来年公開予定のラブコメディ魔劇『杖の森にて会いましょう』では主題歌、主演を務めることが決定している。