スポーツ

“水中に美しく舞う華” マーメイド・アーティスティックスイミング世界選手権開幕

毎日暑い日が続く夏こそ、イベントで思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、海辺でのイベントをご紹介します。

“一鰭乱れぬ美しき水中の舞”──マーメイドのアーティスティックスイミングの世界大会が開催されます。今年はイタリアが会場として選ばれました。

地中海で世界各国の代表選手がその美技を競い合います。
今回は2人1組で行われるデュエット、男女2人1組のミックスデュエット、8人1組のチームの3つのジャンルが行われます。

注目選手はやはり、デュエットで20大会連続優勝と言う記録を打ち立ている、デンマークのカーヤ・エルフィー/アーデリア・エルフィー姉妹のペアでしょう。更なる記録の更新に期待が高まります。

また、今大会で初めて開催されるミックスデュエットについては、日本のミズチ・リョウタ/ミナヅキ・レイペアが弱冠100歳での世界大会出場とのこともあり、各国が注目しています。

本紙ではこの度の大会に向けて、両選手の意気込みを伺うことが出来ました。

「初めての世界大会で、すごく緊張しますが、今まで練習してきたすべてをこの大会で出していきたいと思います。」

─ミズチ・リョウタ選手─

「エーゲ海で演技することは目標のひとつでもあったので、精一杯やりきってこようと思います。」

─ミナヅキ・レイ選手─

また、期間中は大会と連動した様々なイベントも開催されるとのことで、人魚の鱗を模したキャンディーや、ヴェネチアンガラスとコラボした鱗守り、人魚の雫のアクセサリーの販売や人気選手との記念撮影会などその他もイベントが目白押しです。

この夏の思い出に、美しき水中の演舞を楽しんでみてはいかがでしょうか。

女子PPGA、マンマクラーレが大会新で連覇

空を翔ける「痛み」 唱え継がれる愛のまじない

第115回全国ペインペインゴーアウェイ選手権オリエント大会は11日、ウェルスマウント県ゼンデン市のハンゴンタン競技場で男女計8種を行った。女子ペインペインゴーアウェイ(以下PPGA)フリースタイルはメディケ・マンマクラーレが3,143kmで優勝。昨年の3,142kmという記録を自ら更新し、二連覇を達成した。

「呪文発祥の地であるオリエントで、満足のいく結果を出せて本当に嬉しい。このままでは私も飛んでいってしまいそう」とマンマクラーレは破顔し、記者団に語った。

かつての極東古代呪文のひとつ「痛痛飛行」というまじないを、治癒呪文として確立させ、競技化したのがこのPPGAである。

閉会式では、県PPGA連盟のカケバ会長、東方見聞社のカベニミ・ミアリ宣伝局長とショウ・ジニメアリー営業局次長らが「鍛錬を積み、また来年も怪我と誤射に気をつけながら力強い呪文を見せてほしい」と激励した。

大会の目玉となるか PPGA団体形

昨年新設されたPPGA団体形では、開催地であるウェルスマウント代表が男女共に優勝した。治療魔術に長けた種族を先祖にもつ彼らの強さは、やはり半端ではない。

この団体形は、3人で1チームを構成し、一つの形を同時に実演する。個人形同様に飛距離・正確さ・スピード・治癒力がその技術の合理性に適っているのかを競い合う。特に全員が息を合わせ、同じ形として呪文を唱えるため、その同調性が重要となってくる。パフォーマンス性も高く、大会の華と呼ばれる日もそう遠くはないだろう。

まだまだ競技としての歴史は浅く人口も少ないが、老若男女が親しめる競技として更なる発展が期待される。

※大会で使用された痛みは、運営局が責任を持って回収済み。

【ドラコヴァリア】ムツビ・オロチ、王冠射程圏内

先日、日本で開催された「ドラコヴァリア シュテン杯(ハイダウン・15000)」で本命サザメ・ナキリュウを下し、見事ムツビ・オロチが一着を勝ち取った。

高低差の激しいハイダウンにおいて、地形の影響を受けづらい有翼種に爬行種が勝つという大番狂わせは多くの観戦者達を沸かせ、多くのファームや騎手達に新たな強敵の到来を示した。

ムツビ・オロチの育成を手掛けたシノノメファームの責任者、シノノメ=リュウジは「シュテン杯は前哨戦。本命はマーリン杯。王冠を落としてみせる」と、前回マーリン杯優勝竜のサンライト・クラウンへの強い意気込みをコメントした。専属騎手のヨモツ=アラタは「オロチは今絶好調。誰が相手でも負けはしない」と、こちらも勝利への強い自信を示す。

ドラコヴァリア四大レースの内の一つ「マーリン杯(ハイダウン・20000)」はエヴァ・ステイト公国にて9月開催予定。

第三回魔法大会、開催

6月18日、レーヴァ国主催の第3回魔法大会が同国の特設会場にて開催された。39年ぶりの大会に、国内外問わず多くのファンが盛り上がりを見せている。

今年の競技は、模擬魔法戦、模擬海戦、剣闘の3種。

全ての競技において、観戦席のチケットが売り切れるほどの人気だが、中でも剣闘は人気が飛び抜けて高い。チケットは販売開始から一夜にして完売したにもかかわらず、選手の姿を一目見ようと会場前に列を作るファンも多く見受けられるほどだった。

剣闘は、一切の魔法の使用を禁じた上で、木剣で頭と腕と胴の部分を打突し、5ポイントを先取した方が勝ちとなる。

昔は見る影すらなかった剣闘だが、昨今では全世界に水晶式中継でライブ配信されるまでに一般化が進み、若者の杖離れの理由として取り上げられるほど、若年層の人気を獲得した。

このような経緯の影には、スター選手を多く排出したオルディア国と、トスリック魔法王国が関係していると専門家は言う。

オルディア国チームに所属するべラム氏は選手宣誓後のインタビューで「自分のチームが注目されるのは嬉しい」と、語った。