事件・事故

マネ妖精が著作権侵害で逮捕される

精霊種、中でも妖精種は多様な文化がある。その中でもマネ(真似)妖精は、見たものを真似することで有名だ。

先日、そのマネ妖精の1人であるミタ・ママノ氏(116歳)が著作権侵害で逮捕された。アニメに影響を受けたというミタ氏はアニメキャラを『オマージュ』したキャラクターになりきって魔法界の大手動画配信サイト「MageTube」に出現。半年も活動を続けていたものの、人間界に精通する魔法使いによる指摘で炎上し逮捕された。 マネ妖精の習性である真似をし逮捕されたということに、魔法界でも賛否両論が起きている。SNSのMagitterに投稿された意見は5万件以上に登り、トレンドにもなった。

「人気もあったし:grinning::clap:オマージュなら許してもいい:thumbup::skin-tone-1:気がするのにナー:thinking::sweat_smile:(オーク・50代)」
「たとえ相手が人間でも、著作物は大事にすべきなんじゃないの!?逮捕されて当然٩(๑`^´๑)۶(魔法使い・20代)」

こういった、ミタ氏の行為に言及したものから、

「誰かの権利を侵害することを文化とするのはもう時代に合わないよ…。仮に文化ならば、明記すべきだったんじゃない??(幽霊・死後80年)」
「マネ妖精は完全に真似することが目的。こんかいのは設定も外見も別々作品から真似ていたということでまさに最悪。同じマネ妖精でも劣悪と言わざるを得ないよ(妖精・700代)」

といった、種族文化そのものに着目した意見もみられた。

マネ妖精は他の習性として、人間にも寄生し他者の真似をさせているということで、人間界でも物議を醸しているようだ。 自らの常識と世間とで悩む種族は多い中、今回の一件は各種族の文化及び習性についてより深く考えさせられる発端になったかもしれない。

「ゲーム感覚だった」。スライム炎上男、逮捕

 先週、火炎魔法師のエンジョイ・ゼイ氏(451)がモンスター愛護法違反の罪で逮捕された。

 沼地のスライムは身体の一部が油分で構成されており、スライム種の中でも特に火に弱い。ゼイ氏は自身が得意とする火炎魔法で、少なくとも100体以上のスライムを炎上させた疑いがかけられている。

 ゼイ氏がスライムを炎上させたことにより沼地が数百ヘクタールにわたって焼失し、彼は通報を受けた警察によって逮捕された。

 ゼイ氏は動機について、「ゲーム感覚だった」、「経験値がたまるような気がした」などと述べた。供述のあまりの幼稚さと残虐性から、勇者病(※)の疑いもあり、警察は慎重に取り調べを行なっている。

 沼地のスライムからは遠心分離によって上質な油が得られることが判明しており、政府内のスライマー(スライム遠心分離同好会)からも、「スライムがかわいそう」、「大目に見て死刑が妥当」と極刑を求める声が上がっている。

 

400代によく見られる精神疾患。

謎の自己肯定感と強い攻撃衝動、幼稚な発言が特徴。発症者は“勇者”を自称し、私有地への侵入や器物の損壊、モンスターの虐待を行うことが多い。

「神に人権なし」 魔法裁の判決

 昨日、魔法裁は殺人の罪で起訴されていた魔法芸術家のブチ・ギレ氏に無罪を言い渡した。

 ブチ・ギレ氏は、自身の店にやってきたクズ氏を殺した罪で逮捕されていた。

 クズ氏は様々な店を訪れては、「お客様は神様だ」などと言って恐喝行為を行なっており、事件のあった日もブチ・ギレ氏の店で同様の行為を行う姿がほかの客に目撃されている。

 ブチ・ギレ氏が要求に応じないことがわかると、クズ氏はブチ・ギレ氏が造形した<水晶宮>(水晶でできたミニチュアサイズの宮殿。魔法により中に居住することが可能。製作期間7年)を破壊した。

 これに腹を立てたブチ・ギレ氏は、水晶の破片でクズ氏を殺害した。その後ブチ・ギレ氏は自首し、逮捕・拘禁されていた。

 判決を下した裁判長は以下のように述べた。

「 人間に不条理な運命を突きつけるのは、典型的な神の特徴。さらにクズ氏は日頃様々な店で恐喝、つまり供物の要求を行ないこれを得ていたので、神であった可能性が非常に高い。

また、警察によるいかなる捜査においても彼が神でないという証拠を見つけることはできなかった。

したがって彼は神。神に人間の法律は適用できず、人権も存在しない。したがって、人権侵害の最たる行為である殺人の罪もブチ・ギレ氏に適用できない」

 ブチ・ギレ氏は今月中に釈放されるという。

 魔法災害局はクズ氏を邪神の1柱として祀ることを検討している。

異世界転生を偽造か ダンジョン経営者が誘拐容疑で逮捕

毎年人間界各地で多く発生している『神隠し事件』について、魔法界から異例の逮捕者がでた。 逮捕されたのは地方のダンジョンを経営するヴィリ容疑者(224歳・ハーフエルフ)とその娘のアリ容疑者(107歳・同上)。それぞれ誘拐罪、結婚詐欺罪で捕まった。2人とも容疑を認めている。調べによるとヴィリ容疑者は『ダンジョンの挑戦者が減ったため、人間をさらって挑戦させていた』とのこと。

調査によると、ヴィリ容疑者は数年に一度、休暇の合間に人間界へ行き、適度に人間界に不満がありそうな人間を若者中心に攫っていた。その後、錯覚魔法をかけた被害者を娘のアリ容疑者に会わせて『あなたは異世界転生をして勇者になった。娘のアリと共に魔王を倒して欲しいが、レベルが足りないのでまずはこのダンジョンに挑んで欲しい』と言っていたという。また、アリ容疑者の方はダンジョンで稼いだ人間と結婚を約束し、大量の金品を自分に買わせた後に失踪することを繰り返していた。

ヴィリ容疑者の経営するヴィルヘルム中難易度ダンジョンは、近年質のいい人間が挑戦しているということで主にオーク族・竜人族の間で大きな話題になり、敵役の参加者も増えていた。 逮捕時にダンジョンに挑戦していた人間は捜査班に対し『信じられない、自分は選ばれて転生したと聞いていた、お前たちは魔王の手下で自分を騙そうとしているに違いない』と述べ襲いかかってきたため、拘束された。特級記憶消去魔法をかけられた後に人間界に返されるという。

ヴィリ容疑者が『近隣の村と協力して他のダンジョンにも挑戦させていた』と供述しているため、余罪や関係者の調査を進めている。

カエルの卵使用の魔法薬、タピオカ混入か

先日、首都内にある魔法薬ドリンクバーの一部飲料にタピオカが混入していたことがわかった。混入していたドリンクは全てカエルの卵が使用されており、飲んだ際に違和感を感じた魔法使いの指摘によって発覚した。

現場に居合わせた客は『カエルの卵の味ではなかったが、食感がたまらなく美味しかった。今度は単体でも頂きたい』と言う。取材に対し、店主は『タピオカ飲料の導入を考えており、厨房で混ざってしまった。再発防止に務めると共に、美味しいタピオカ飲料の研究にも務めたい』との事。

昨年、タピオカ販売車が魔法界に迷い込む事故が起きてから、タピオカブームは衰えを知らない。当初はカエルの卵のみならず超小型ドラゴンの卵などの黒系の球系素材全般と間違える事故が多発した。魔法学校初等科の実験で誤って生徒が使ってしまった例も報告されている。多くの魔法薬材料より安価なため、詐欺に使われる事件も発生しているため気をつけて欲しい。また、同様の事件はパクチーでも起こっている。

魔法薬を嗜む皆様は作ったり飲んだりする際、御手元の材料が本当に使用したい材料かよく確認して頂きたい。判別魔法もあるので、自信が無い場合はそちらを使うことを推奨する。

100歳以下の魔法事故、過去最悪の件数に

 魔法統計庁は先週末、魔法事故に関する半期の統計調査を公開した。それによれば、100歳以下の魔法事故の報告件数が過去10年間で最も多くなっていた。さらに、魔法事故は大抵の場合魔法使いの習熟不足で起こるので、報告に登らずに隠蔽されることも少なからずあることから、実際の件数はさらに多いと見られる。

魔法事故の年齢分布  青が100歳以下

 事故の内容としては、「ゴーレム製造中に術式が解けて素材の下敷きになる」が最も多く、「魔獣の召喚後調伏に失敗して襲われる」がそれに次いで多い。一方で製造・召喚系の魔法事故による死亡者数は年々減少しており、魔法事故全体を見ると住居・工房の破損の被害の方が多くなっている。

 これについて魔法事故鑑定人のポテト・フライヤー氏は以下のような見解を述べている。

 

「魔法学校のカリキュラム変更によって、攻撃魔法偏重の教育が改められた。結果回復魔法の質が100歳以上の世代が学生だった時よりも高まっている。

 以前なら死に繋がっていたような怪我も瞬時に直せるようになり、その弊害として自分の実力に見合わない無謀な行為をする若者が増えたのではないか」

 魔法議会は統計結果を重く受け止め、一定以上の大きさのゴーレムの製造を許可制にする、危険度の高い魔獣の召喚は上位の魔法使いの監督の下で行う、等の法令の設備を検討しているという。

王立魔法生物学研究所よりお詫び

このたび、当魔法生物研究所の熱帯多雨林模倣飼育室より、指定魔法生物であるサソリの一種・ルナティックスパイク(medicamentum lymphatus)が、オスとメスの番で盗難されたことがわかりました。謹んでお詫び申し上げます。

ルナティックスパイクが有する毒は「万毒の祖」とも呼ばれ、特に体内の神経と魔力に作用し、強力な幻覚作用を引き起こします。あらゆる毒に悪用が可能な本種ですが、魔術的に空間を拡張して自然を再現した環境で飼育されており、個体数の確認が不十分だったため発覚が遅れました。また、当研究所の管理システムの記録を解析しても、外部犯より内部犯の可能性が高かったため、盗難された事実の確認がとれるまで時間を要しましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

ルナティックスパイクの飼育個体数が減少していたことは、半期に一度行っている、飼育下の全魔法生物の個体数調査を行った際に発覚いたしました。餌の減少量の記録から盗難時期を推定し、警備を行っていた職員の記憶を精査したところ、一部の職員において記憶の混濁が確認されました。外部犯の可能性が高まり、捜査当局へ詳しい調査を依頼したところ、盗難であることが確定いたしました。

ルナティックスパイクは、体長45センチメートルほどに成長する大型のサソリであり、頭がムラサキ色で尻尾にかけて深緑色のグラデーションがかかっていることが特徴です。このようなサソリを所持する人物を見かけたら、まずは十分な距離を取った上で、王立魔法生物学研究所などにご連絡ください。

皆様におかれましては、大変なご不安をおかけいたしますこと、誠に申し訳ございませんでした。

「1枚…2枚……10枚? あれ?」皿屋敷で幽霊にブラック労働強制 9進法を不正利用か

幽霊従業員を無期限労働させたとして、魔法労働監督寮は10日、霊労法違反容疑で万代田区の食器メーカー「古石町皿屋敷」と同社社長を書類送検した。社長である男性(405)は容疑を認めている。

労働監督寮によると、男性は約300年前から今年までの間に、幽霊従業員に休憩なしの無期限労働を強いるなどした。皿屋敷の土地一帯に9進法結界を仕掛け、無意識下に9進法をインストールし霊習性を狂わせたという。

「マジか」と被害者のお菊さん(享年17歳)は語る。「1まーい……2まーい……って数えて、ちゃんと10枚数えたんだけど、どう見ても9枚しかないんすよね。おかしいなーと思って数え直してたら300年経ってたわ」と、困惑をあらわにした。

皿屋敷周辺では、「なんか若返ったような気がする」「狂うはずのないアイアス時計が狂う」「わしの髪の毛が1本少ない」などの不審な噂が相次ぎ、違法行為が発覚した。労働監督寮は引き続き、不審な結界に注意するよう呼びかけている。

“悪魔崇拝”バンドライブで実際の悪魔召喚、62名行方不明

ライブのイメージ画像

楽しいはずの時間が一転、大惨事となった───。

ロウタイク、ジン中央地区にあるライブホール「DOOMKAA」で52週42日、カーズメタル系のライブイベント「Baphomett Circurse」の開催中、バンドの演奏によるものとみられる”実際の”悪魔が偶発的に召喚され、62名が地獄へ堕落するなどして行方不明となった。
同じく、混乱による人混みで転倒するなどして、12名が軽傷、2名が重傷を負った。

カーズメタルは、悪魔や魔神などを崇拝する事に重きをおいた音楽ジャンルで、近年のアンチホーリイズムの台頭によって若年者層から根強い人気を得ているムーブメントだ。
事故の起こったライブイベント「Baphomett Circurse」でもホールの収容人数からみてほぼ満員となる、約1,200名(主催者発表)が参加していたとみられている。
しかしながら、残念にもそのことが多くの犠牲者を出すことに繋がってしまった。

イベントの参加者からは、「バンドの演奏中に突如”闇”が差しはじめ、その後間もなくおぞましい悪魔が召喚されたのを見た」「(バンドメンバー側も)かなり驚愕していた様子だったので、偶発的に起こった事故ではと思った」「何の対価も無く呼び出された悪魔は相当に怒り狂っていて、どんどん(参加者が)飲み込まれていった」「地獄がすぐそこに見えた」と、事故の生々しい証言が寄せられている。
呼び出された悪魔についてはその後、偶然にもライブに参加していた聖職者たちと、地元魔警隊の力によって退魔された、と地元魔警隊は発表した。
依然として、事故の顛末については不明な点も多く、魔導警察と聖教団体が協力して捜査および解明にあたると声明を発している。

専門家のム・トリ・トウマ氏は、カーズメタルやドゥームレイヴといった、悪魔などを崇拝する音楽の演奏中は、黒魔法に用いられるような邪悪な魔力の密度が比較的高くなっている。そのため周辺では故意にも偶発的にも悪魔の召喚が起こりやすくなっていることを認識すべき、と危険性を指摘した。
また「アンチホーリイズムを代表とした新しい世代の娯楽や文化に対して、その危険性を鑑みた適切な法整備と保護が必要」「悪魔側とも(魂を用意するなどの旧時代的な方法ではなく)真摯に交渉すべきでは」と事故が繰り返されることや、対応や法整備の遅れに懸念を表した。

フクロウ郵便で配達事故 植物園に新設されたカフェが原因か

デワンシェ月第1週ハマの日、フクロウ郵便に預けた手紙や荷物の配達が遅れる事故がフェルーリンデ市を中心に発生した。その日配達に出たフクロウのおよそ8割の到着が予定よりも大幅に遅れ、一部の手紙・荷物には汚損が生じていた。

原因は、フェルーリンデ市郊外のリンデランデ植物園に新たにオープンしたカフェ「とまりぎ」とその利用者の一部にあると、フクロウ郵便フェルーリンデ支部局長のトールマニー・ユピタ氏は語る。

フェルーリンデ市にはフクロウの休憩場所となる街路樹が少なく、フクロウ郵便のフクロウ達はリンデランデ植物園の樹木で休憩をとることが多かった。カフェ「とまりぎ」で食事中の魔法使いが、休憩中のフクロウにパンくずなどを与えることで、フクロウ達が休憩時間を長くとるようになってしまった。魔法使いの相棒として長い歴史を持つフクロウだが、食の誘惑には弱い。むやみにエサを与えないでほしい

この声明を受け、リンデランデ植物園とカフェ「とまりぎ」は「フクロウにエサを与えないで」といった注意書きの看板を設置すると共に、テラス席のメニューに同様の注意書きを記載すると発表した。

ユピタ氏は会見の最後に、「植物園のカフェ、フクロウ便のフクロウに限らず、外で見た動物にエサを与えるのは控えてほしい。彼らのためにも、ヒトのためにもならない」と伝えている。