事件・事故

巨大すぎる数の巨大さを直接”理解”し一時意識不明、事故か

78週15日夕方、フィレワ北部ノロクディリ地区で、AMMA(Automatic Magic-based Mental Arithmetic、自動魔力暗算)を使用し、“ハブラーワ数”の計算を行おうとしたエルフが一時的に意識不明になった。エルフは同地区の病院に搬送され、現在は回復している。

AMMAとは、魔力を介して脳のリソースを使用し、自動的に暗算を行う連鎖実行的魔法群、およびその魔術ライブラリ。従来の電子計算機などに比べ、魔力という比較的曖昧な量を介して計算を行うことで計算の厳密さを下げ、概数での計算を可能にしつつも、暗算以上の正確さや高速さ、そして電子計算機以上の「利用しやすさ」「思念との一体性」を実現できるのが特徴だ。

新しい魔導技術に比較的抵抗の少ない若い世代を中心に広がりを見せ、一部の中等学校でも教育に用いられている。

今回のケースは計算によって脳のリソースを急激な速度で消費し、またあまりにも巨大すぎる数を直接”理解”しようとした負荷の複合的な要因による失神であったとみられるが、エルフは軽症であり翌日には回復した。使用されたAMMAは、公式に配布されている標準的詠唱/無詠唱魔術ライブラリのものと異なっていることが分かっている。魔力消費量等の制限を外した独自の改唱が施されていたとみられ、事故の原因とみて詳しく調べている。

エルフが計算しようとした「ハブラーワ数」とは、近代の小説家ハブラーワ・クラフ・スラユァータ(Hablurwa Khrah Slujyahta)が執筆した小説『星の梺』に登場する占いで現れる数。

5×5マスのチェスボードの1マス目に1桁の(基本的には2以上の)数で最も好きな数を書く。2マス目には『1マス目に書いた数』桁の数の中で最も好きな数を、3マス目には『2マス目に書いた数』桁の数の中で最も好きな数を、と順々に書いていく。さて、チェスボードは5×5=25マスあるわけだが……25マス目の数字で未来を占おう。

──『星の梺』より抜粋

あまりに大きな数字になってしまうため、この小説では占いを行うことなく即座に終了してしまう。しかし、この占いを取りあげた記事が話題となり、25マス目に現れる数が“ハブラーワ数”として知られることとなった。実際に計算しようとする場合、おおむね10^10^10^…(25回続く)…^10となる。

公式に配布されているAMMAもかなり大きな数が扱えるが、ハブラーワ数のような巨大数は一般的に想像が可能なレベルの数と比較にならないほど大きすぎる。そのため、数そのものによって脳の計算能力や思考能力、リソース等が、通常考えられないほど使用される。このことによって引き起こされる同様の事故は数年に1回程度起きている。

一昨年には2名がAMMAであまりに複雑すぎる再帰計算(ある計算内で、その計算そのものを参照して計算すること。複雑な計算タスクを引き起こしやすい)を扱おうとしていずれも失神、転倒し軽傷を負った。また、1277年には1名が意識をなくし、そのまま亡くなっている。どれも主に魔力の使用量制限を外す改唱が施されていたとみられており、魔技庁は注意を呼びかけている。

ノロクディリ国立大学で数理・アルゴリズムを研究しているルーボ・クラトゥー教授は、「魔法というのは知っての通り、思念によって既存の物理を超越できる非常に便利なもの。だからといって、必ず安全であるとは限らない。AMMAという例ひとつでもそうだが、魔法は使い方を間違えたとき、必ずその刃が誰かに刺さることになる。この事故を反面教師に、特に独自の改唱を行って安全性が確保されていない魔法の使用に際しては、もっと責任感を持つよう考えるべきだ」と話した。

飛行船停留所で絵画魔法が暴発 未認可画商による密輸が原因か

昨日、首都郊外にあるクラヒル飛行船停留所で爆発が起きた。現場は一時騒然としたが、けが人は出なかった。

密輸された絵画が爆発の原因とみて、警察は自称画商の男に任意同行を求め、容疑がかたまり次第書類送検する見込み。

ドローレス王国では、未認可の画商が外国から絵画を輸入したり、国内で絵画を取引したりすることは禁止されている。王国内を通る特殊なレイラインの影響で、描かれているものが魔力を帯び、絵画そのものが魔法陣のような役割を果たしてしまうためだ。

絵画魔法研究家で自身も絵画の『花の帽子飾りをつけた若き魔女』氏は絵画魔法について、「専門家以外にとっては、読めない言語で書かれた魔法陣のようなもの」と指摘。

「その魔法陣が炎を出すものか、大災害を引き起こすものかも分からないのに、魔法陣を発動させてみようと思う方はいないはず。ドローレス王国では、絵画がその“読めない魔法陣”なのです」

ドローレス王国の画商は、絵画魔法師の国家資格を取得したのち、認可画商の元で5年の下積み期間を終えてようやく独立が認められる。いわば絵画魔法のプロフェッショナルだ。

「特に首都とその周辺はレイラインの影響が強く、国内の他の地域では無害な絵画でも暴発してしまう危険性がある。管理が不安だと感じる方は認可された画商に相談するか、魔力を遮断する額縁を利用してほしい。絵画は人に見られることが喜び。人を傷つけるのは本意ではないのです」

今回暴発した絵画は、レン・パーティカンが描いた舞踏シリーズの1枚『赤の舞踏』。赤いドレスを着た乙女と火トカゲたちが踊る名画だったが一部が焦げ、現在は首都から離れたメンナの絵画魔法研究所で修復作業が行われている。

「勇者を育てたかった」 村を焼き続けた老人を逮捕

先月発生したレドルフランケ地方ガラド村の焼失事件に急展開があった。

事件直後のガラド村から生き残りの少年を誘拐したとして、警察は近くの森に住む自称賢者の老人(年齢不詳)を現行犯逮捕した。保護された少年にけがはなかった。

調べに対し老人は「勇者を育てたかった。そのためには、故郷のない子どもが必要だった」「子どもが育ったらまた村を焼いた」などと供述しており、警察は老人が善悪判断に関わる感情阻害の呪いをかけられている可能性も視野に入れ、慎重に捜査を進めている。

レドルフランケ地方では、十数年周期で村が焼失する事件が発生。放置された焼け跡や農地が荒れ、住みついた魔法生物が近隣の村や街道に出没するといった問題に悩まされていた。ガラド村をはじめとした村跡地からは火炎魔法を使用した痕跡が発見されており、老人が関わっている可能性が極めて高い。

捜査当局は、焼失した村や生き残りの元少年らについて、広く情報提供を求めている。

ウィザナリア、避難民の声

防壁はドラゴンの吐く炎でスライムのように溶け、夜でも魔導ランタンの灯りが絶えない“星の都”と言われていた街並みは瓦礫に変わっていた。

移動を強制され、大きな悲しみを受け止める時間もなかったと、避難民のドルト・ウォース氏は語ってくれた。テントの中で眠ろうとすると風に揺らされた木々の音に驚いて眠れない。ドラゴン襲撃当時のことを聞くと、「“怒れるドラゴンは国をも滅ぼす”とは本当だった」と話した。

30年前に建てた、魔法陣の施された木造2階建ての一軒家に、孫娘(14)と2人で暮らしていた。奥さんは11年前に亡くなり、3人の子は独立して近くには住んでいない。

28日朝、2階で1人で食事しているときに激しい咆哮が聞こえ、驚いてベランダに飛び出した。見えたのは東側の空が真っ赤に燃え、炎の壁が迫ってくる様子だった。事態を把握したのは、国境沿いの避難キャンプに着いた後だった。ただ、避難翌日には近隣諸国の兵士が焼きたてのパンを届けてくれた。

気にかかるのは、当時街に買い物へ出ていた孫娘だ。息子たちに届けてくれるよう兵士に手紙を渡したが、息子たちは世界を飛びまわる仕事をしているため、届く保証はない。

近隣諸国には知り合いもいない。避難民が多いため、家を借りようとしても後回しになるのではないかと不安を話してくれた。近隣諸国の物価も分からず、一家相伝の魔法書を売るしかないとドルト氏は嘆いた。

孫に渡すと決め、家庭魔法の簡要化を記した魔法書は、価値が高いか低いかも、それどころか売りに出せるかも不明だ。先行きが見えない状態に肩を落とした。

屏風絵が具現化 あわや大惨事に

昨晩11時ごろ、閉館後の国立美術館にて龍の絵が描かれた屏風の龍が具現化した。

龍が具現化しているのに気付いたのは、結界の異常を確認して駆けつけた警備員。龍が館内で暴れていると通報し、警視庁の対魔法武装隊が出動する騒ぎになった。

幸い怪我人は出なかったが、精霊の中でもかなり上位な幻想種に近い存在が具現化していたため、同館内の美術品が一部破壊される被害となった。

具現化の原因は、屏風に施されていた封印魔法が数百年の時を経て劣化していたのに加え、その屏風絵を鑑賞した客によるある種の信仰心が強くなったためとされている。

本来、魔法というものは祈りや願いに近いものであり、その数が数百、数千を超えてしまうと「まるでここから飛び出して動き出してしまいそうだ」というとてもあやふやな信仰でも上級魔法のような効力を発揮してしまうという。

古くから存在する世界的に有名な絵画がその域に至っているケースは少なくないと、専門家の春風彬氏は語る。ほとんどは作者や作品の管理者が具現化を防ぐために封印魔法をかけており、同様の事件が起こらないようになっている。また、同時に貴重な作品の具現化には細心の注意を払ってもらいたい、と述べていた。

今回のような事件は決して頻繁に起こるものではなく、普通に鑑賞している分には問題がないそうだ。ただし、その封印魔法をわざわざ解除したりするのは、絵に描かれた存在を従属化させる自信のある魔術師にしかおすすめはできないだろう。

隣国の王都ウィザナリア滅亡か

隣国の王都ウィザナリアがドラゴンの襲撃によって滅亡していることが、遠征隊の報告で明らかになった。王都ウィザナリアは瓦礫の山と化しており、ウィザナリア王の安否も確認できていない。ドラゴンの死骸が発見されていないことから、国はドラゴンへの警戒を呼びかけている。

我が国サーガシュの賢王エルドラ・サーガシュは、空を使う交通手段と連絡手段の停止を発表。ウィザナリアの領地内を単独で歩くことも禁止した。王国の外交官は、エルドラ王が29日にウィザナリアの災害状況を視察すると発表した。エルドラ王はこれに先立ち、「次の犠牲を出さないこと、これが第一だ」と声明し、救援隊を難民キャンプへと向かわせた。

被害の収束の目処は立っておらず、戦闘跡地で発見された鱗などからドラゴンの種類を調べる予定でいる。

保護施設スタッフ、魔法生物を横流しか

ギョット県立魔法生物保護施設(以下『保護施設』)の従業員、ケイパー・アヴィド容疑者(33)が、保護飼育中の魔法生物数十体を複数の市場に横流ししていたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。ギョット県警は、アヴィド容疑者が数年に渡り犯行を続けていたと考え、捜査を進めている。

「一定周期で生じる『民族料理ブーム』による食材としての魔法生物の需要に目を付け、犯行に及んだのではないか」と、ウロル国立メルカヒルド大学経済学部の准教授であるメニエ・ゴルトミュンツェ氏は分析する。

この捜査によって、能力を使って消失・脱走した生物に対する保護施設の杜撰な対応が明るみに出た。また、事件を受け、県内各地で魔法生物愛護団体によるデモ活動が発生しており、全国的に波及することを懸念する声もあがっている。

ルーンと毛生え薬で魔法暴発 頭髪が消失する重大な影響

先月27日、ルーン医療魔法で有名なドルイド高僧(532歳)が魔法を暴発させ、治療中であった60代男性の頭髪右半分を失う痛ましい事故が発生していたことが判明しました。

ドルイド側によりますと、60代男性の頭頂部に頭髪を発生させる処置を行っていたということですが、突如患者の全頭部が発光し始め爆発するなどして、処置のおよそ3分後には右半分の頭髪が消失していたということです。

医療ルーン魔法協会の調べによりますと、60代男性が普段から使用していた市販の毛生え薬「にょきにょき毛生え薬」とルーン魔法が異常な反応を起こし暴発したものであるということが判明しました。「まさか毛根まで持っていかれるとは思わなかった」と60代男性は肩を落としています。

医療魔法協会は「にょきにょき毛生え薬」を購入しているユーザー向けに、ルーン魔法を頭髪へ向けて行わないよう注意喚起のふくろう便を発送しているとのことです。

山林で遺体発見 ドラゴンによる被害か

王都ウィザナリア辺境の山林で大きなモンスターに噛みちぎられたとみられる身元不明の遺体が見つかっていたことが、王都遠征隊への取材で判明した。現場付近では昨年6月、ドラゴンに襲われたとみられる60代魔女が死亡したほか、毎年ドラゴンの目撃情報が相次いでおり、同隊はドラゴンによる被害の可能性もあるとみて死因や身元の特定を急ぐ。

同署によると25日午前8時40分ごろ、行方不明者の捜索をしていた同隊員らが、うつぶせで倒れている遺体を発見した。損傷が激しく性別は不明。黒いローブらしきものを着ていたが、身元特定につながる所持品はなかった。近くに杖が落ちていたことから、遺体の持ち物とみて照合し調べを進めている。

付近では、マンドラゴラなどを取りにきていた王都在住の魔法使いの男性(66)が14日から、付近の村の男性(78)が18日からそれぞれ行方不明になっており、近くで2人のホウキが発見されている。

大型飛空艇『ステビア・ソルビット号』の初飛行にて異常事態。飛空艇の行方は…

本日、トスリック魔法王国にて行われた大型飛空艇『ステビア・ソルビット号』の初飛行において不測の事態が発生した。

 

飛行機メーカーであるウトシュログマ社が開発製造していた、次世代に向けた持続可能なリサイクル飛空艇『ステビア・ソルビット号』。飛空艇は10年以上の歳月をかけてようやく今日初飛行を迎える予定であった。それが、初飛行前の飛空艇外装へ最後の銘入れを行った際に飛空艇は突如として稼働し、安全術式の固縛陣を引きちぎって空の遥か彼方へと飛び立ってしまったという話だ。

この時、幸か不幸か飛空艇内部には誰一人として乗組員はいなかったそうだ。

 

通報を受けた航空管理局の局員らが接近を試みたようだが、飛空艇は竜種の固有魔法である“ハウリング”や“ドラゴンブレス”を使用して逃走した後は行方が分かっていない。

 

ウトシュログマ社の開発関係者によると、「あの船には大型竜種の遺骨を再利用しているからね。我々の製品の出来栄えがあまりに良すぎて魂が戻って来てしまったのかもしれないね。」と話しており、職人冥利に尽きると言わんばかりの楽し気な様子で本件について語ってくれた。

 

ウトシュログマ社は原因の究明に全力を挙げるとのみコメントを発表している。レーヴァ国立ホルユキープ大学魔法学部飛行術式学科のヒルデカーヌ・ポツマオリ教授にも協力の依頼を出していることから、同社の本気度が伺える。