事件・事故

「1枚…2枚……10枚? あれ?」皿屋敷で幽霊にブラック労働強制 9進法を不正利用か

幽霊従業員を無期限労働させたとして、魔法労働監督寮は10日、霊労法違反容疑で万代田区の食器メーカー「古石町皿屋敷」と同社社長を書類送検した。社長である男性(405)は容疑を認めている。

労働監督寮によると、男性は約300年前から今年までの間に、幽霊従業員に休憩なしの無期限労働を強いるなどした。皿屋敷の土地一帯に9進法結界を仕掛け、無意識下に9進法をインストールし霊習性を狂わせたという。

「マジか」と被害者のお菊さん(享年17歳)は語る。「1まーい……2まーい……って数えて、ちゃんと10枚数えたんだけど、どう見ても9枚しかないんすよね。おかしいなーと思って数え直してたら300年経ってたわ」と、困惑をあらわにした。

皿屋敷周辺では、「なんか若返ったような気がする」「狂うはずのないアイアス時計が狂う」「わしの髪の毛が1本少ない」などの不審な噂が相次ぎ、違法行為が発覚した。労働監督寮は引き続き、不審な結界に注意するよう呼びかけている。

“悪魔崇拝”バンドライブで実際の悪魔召喚、62名行方不明

ライブのイメージ画像

楽しいはずの時間が一転、大惨事となった───。

ロウタイク、ジン中央地区にあるライブホール「DOOMKAA」で52週42日、カーズメタル系のライブイベント「Baphomett Circurse」の開催中、バンドの演奏によるものとみられる”実際の”悪魔が偶発的に召喚され、62名が地獄へ堕落するなどして行方不明となった。
同じく、混乱による人混みで転倒するなどして、12名が軽傷、2名が重傷を負った。

カーズメタルは、悪魔や魔神などを崇拝する事に重きをおいた音楽ジャンルで、近年のアンチホーリイズムの台頭によって若年者層から根強い人気を得ているムーブメントだ。
事故の起こったライブイベント「Baphomett Circurse」でもホールの収容人数からみてほぼ満員となる、約1,200名(主催者発表)が参加していたとみられている。
しかしながら、残念にもそのことが多くの犠牲者を出すことに繋がってしまった。

イベントの参加者からは、「バンドの演奏中に突如”闇”が差しはじめ、その後間もなくおぞましい悪魔が召喚されたのを見た」「(バンドメンバー側も)かなり驚愕していた様子だったので、偶発的に起こった事故ではと思った」「何の対価も無く呼び出された悪魔は相当に怒り狂っていて、どんどん(参加者が)飲み込まれていった」「地獄がすぐそこに見えた」と、事故の生々しい証言が寄せられている。
呼び出された悪魔についてはその後、偶然にもライブに参加していた聖職者たちと、地元魔警隊の力によって退魔された、と地元魔警隊は発表した。
依然として、事故の顛末については不明な点も多く、魔導警察と聖教団体が協力して捜査および解明にあたると声明を発している。

専門家のム・トリ・トウマ氏は、カーズメタルやドゥームレイヴといった、悪魔などを崇拝する音楽の演奏中は、黒魔法に用いられるような邪悪な魔力の密度が比較的高くなっている。そのため周辺では故意にも偶発的にも悪魔の召喚が起こりやすくなっていることを認識すべき、と危険性を指摘した。
また「アンチホーリイズムを代表とした新しい世代の娯楽や文化に対して、その危険性を鑑みた適切な法整備と保護が必要」「悪魔側とも(魂を用意するなどの旧時代的な方法ではなく)真摯に交渉すべきでは」と事故が繰り返されることや、対応や法整備の遅れに懸念を表した。

フクロウ郵便で配達事故 植物園に新設されたカフェが原因か

デワンシェ月第1週ハマの日、フクロウ郵便に預けた手紙や荷物の配達が遅れる事故がフェルーリンデ市を中心に発生した。その日配達に出たフクロウのおよそ8割の到着が予定よりも大幅に遅れ、一部の手紙・荷物には汚損が生じていた。

原因は、フェルーリンデ市郊外のリンデランデ植物園に新たにオープンしたカフェ「とまりぎ」とその利用者の一部にあると、フクロウ郵便フェルーリンデ支部局長のトールマニー・ユピタ氏は語る。

フェルーリンデ市にはフクロウの休憩場所となる街路樹が少なく、フクロウ郵便のフクロウ達はリンデランデ植物園の樹木で休憩をとることが多かった。カフェ「とまりぎ」で食事中の魔法使いが、休憩中のフクロウにパンくずなどを与えることで、フクロウ達が休憩時間を長くとるようになってしまった。魔法使いの相棒として長い歴史を持つフクロウだが、食の誘惑には弱い。むやみにエサを与えないでほしい

この声明を受け、リンデランデ植物園とカフェ「とまりぎ」は「フクロウにエサを与えないで」といった注意書きの看板を設置すると共に、テラス席のメニューに同様の注意書きを記載すると発表した。

ユピタ氏は会見の最後に、「植物園のカフェ、フクロウ便のフクロウに限らず、外で見た動物にエサを与えるのは控えてほしい。彼らのためにも、ヒトのためにもならない」と伝えている。

“死んだように眠れる”棺桶ベッド 時限解呪装置に不具合

グッド・ナイト・カンパニーが昨年夏に販売した“棺桶ベッド”に不具合が発生し、同社が自主回収を行っている。使用者が仮死状態のまま目覚めなくなるなど深刻なケースも多く発生しており、購入者へ注意を呼び掛けている。

問題となった棺桶ベッドは、“死んだように眠れる”という謳い文句で話題となり、睡眠時間を少なく抑えたい魔法使いを中心に話題を呼んでいた。棺桶ベッドは時限解呪機能のある仮死化魔法を内包した魔道具であり、今回の不具合は時限解呪装置に原因があるとグッド・ナイト・カンパニーは発表している。

棺桶ベッドは使用者が眠る前にあらかじめ起床時間を設定しなければならないが、入眠時より過去の日時や「疲れが取れるまで」といったあいまいな時間を入力した場合、時限解呪装置がうまく働かない。棺桶ベッドの利用者の多くは眠気の限界まで活動しているため、時限解呪装置を設定する際、詠唱を間違えてそのまま仮死状態へ入るケースが多発している。

時限解呪装置がうまく発動しない棺桶ベッドで眠っている場合は、熟練の死霊術師によってのみ覚醒を促すことができる。グッド・ナイト・カンパニーはすでに複数の死霊術師に協力を依頼し、対処に当たっているという。

グッド・ナイト・カンパニーは「すべての利用者が安全に使用できるように、仮死状態が一日続くといった条件で発動する自動解呪機能を追加するなどの改善を続けていく」と発表。同時に、「魔法使いのみなさんは体力の限界まで活動することが多い。良質な睡眠を得るために、体力に余裕をもって生活してほしい」とコメントした。

かくいう筆者も、棺桶ベッドの時限解呪機能を設定する際に日付を誤り、半年の間仮死状態に陥っていた。賢い魔法使いである読者諸兄はご存知だろうが、徹夜明けに呪文を唱えてはいけない。

通りすがりの死霊術師に起こしてもらえなければ、この記事の公開はさらに遅れていただろう。この場を借りて謝辞を述べたい。

日刊森のアナグマ 「鳴る記憶」とは? オルゴール型記憶封入魔具に迫る

鳴る記憶、オルゴールのメロディの裏にいる人物とは?

魔法使いは時に、大切な物を箱にしまいこむ癖がある。読者の皆様の中にも心当たりがある人がいるだろう。

大切な物とはいうが魔法使いにおいてそれは物体だけには留まらないのは公然の秘密というもので、それは「色」だったり、「魔法」そのものだったり、時には「魂」のようなものまでさまざまである。もちろん魔石だったり、魔法の杖だったりもするが……

(ちなみに、最後の「魂」を箱に入れたものは、魔法省が禁じるところの“分霊箱”なので、皆様は御隠しにならないようご注意を。)

そういった大事な物を隠す箱──箱と言っても形は箱とは限らない──これを魔法省は「封入器」、もしくは「封入魔具」と呼んでいるが、この頃「オルゴール型の封入魔具」の存在が世間を騒がせているのはご存じだろうか?

「鳴る記憶」、メモリーオブメロディと呼ばれているそれは、手のひらサイズの木製の箱に入ったオルゴールで、ふたの裏にどこぞの魔女のものと思わしき刻印が一つ付いている以外は、開けるとシンプルなメロディを奏でるなんの変哲もないただのオルゴールである。

だが、一点、“オルゴールから鳴るメロディを聞いたものに記憶を付与する”という特性が、“自鳴琴”から“封入器”へと名称を変えさせているのだ。

付与される記憶はオルゴールのメロディによって違い、一つとして同じメロディは見つかっておらず、世界の各地で見つかっている。

このオルゴールが最初に発見されたのは、なんと魔法省の違法魔具取締局に在籍する、ある職員のデスクからだった。

不審に思った職員の一人がオルゴールを開いたところ、そのメロディを聞いた人間すべてに対し、そのデスクで作業をしていた職員が裏で不正を行っているという記憶が付与されたのだ。

本人に問いただしたところ、数年前に遡って定期的に不正を繰り返していたことが発覚し、またある一部の不正の記録が本人の記憶から不自然に抜けていたことも発覚した。

何故オルゴールがそこにあったか、誰が置いたか、なにかもが不明な不明瞭極まるこの事件。この事件の最も恐ろしい所は、魔法省受付の数人と、魔具取締局にいた全員の“オルゴールが発見される数分前”の記憶が抜けている、または不鮮明だということだ。

これが真実ならば、オルゴールを置いた人物は真正面から魔法省に入り、違法魔具取締局に行き、オルゴールを置いた後、自分を見た全員の人間の記憶を抜き去ったということになる。

他人の記憶を封入器に入れることは、魔法省において犯罪行為に該当するものであり、またそれ自体が高度な魔法使いでないと為せぬ技である。今回奪われた記憶はどこかのメロディとなって響いているのだろうか。

そして、何故魔法生物についての記事が専門である私が、この記事を書いているのか? と疑問に思っている読者のために説明するのであれば、それは「鳴る記憶」の名前が知られるようになった頃、私宛に一つのオルゴールがフクロウ便で届いたからである。

題名は数か月前の日付と共に「またお会いしましょう」とだけ書かれているが、私はこれが一体なんなのか全く記憶に無く、そもそもその日はグリフォン便の取材で誰とも会っていなかったはずなのである。

ただの悪戯か、私が覚えてないだけか、それとも本当に記憶が抜かれているのか、私はオルゴールの蓋をいまだに開けられずにいる。

今日送る一言は、2400歳の上のエルフ、エレンディエルが昔の事を聞かれた際に決まって言う言葉から抜粋してこの記事を閉じたいと思う。

記憶というのは氷のようだ。どんな形であれ溶けてなくなり、蒸発して何時しかそこに氷があったという事実さえなくなっていく。

【注意喚起】ショックバトンにご用心

王立魔法生物学研究所(王魔生研)の朝倉です。

海、山、川、魔界、天界などの自然に触れるレジャーは楽しいものです。

特に南国の、河口からジャングル内の川を遡上するツアーなどは、普段図鑑などでしか見ることのできない魔法生物に触れる大チャンスです。

そんな旅行に際して、王魔生研より注意喚起をいたします。

ショックバトンの誤用にご注意ください。

ショックバトンは、電撃魔法と衝撃波魔法を、害獣対策用に特化させて組み込んだ杖です。最近、効率化や安全対策の向上が重ねられ、とても便利になってきていますが、毎年悼ましい事故が発生しています。特に、安全対策が甘い、旧タイプのショックバトンでの事故が多く報告されています。

それは、マッドカッター (Novacula tenebra) と呼ばれる、手のひらサイズのカニのようなエビと関連した事故です。
続きを読む

異界へ繋がる可能性 異常な鏡に注意喚起

「鏡に自分が映らない」「鏡に知らない景色が映っている」といった通報が、先月末から各異界で多発している。

原因とみられているのは、ウェールフビヤンド界で発売中の魔道具「マジックミラー」の自動術式更新だ。

マジックミラーは、所有者同士がマジックミラーをリンクさせ、離れていても顔を見ながら話すことができる手鏡のような魔道具。今回の術式更新では、鏡にものを触れさせ、話している相手に贈ることができる機能が追加された。

しかし、自動更新された術式に問題があり、マジックミラーが意図しない鏡とリンクしてしまう不具合が頻発。急激に増加した魔道具等の盗難や紛失、ヒトを始めとした生物の失踪も、今回の不具合の影響を受けている可能性がある。

また、マジックミラーは時空の違う世界の鏡にまで干渉している。ウェールフビヤンド界では各地で「魔法を知らない」ヒトが相次いで見つかっており、国際治安維持部隊は異界人の保護を優先しつつ、同時期に他の世界で発生した紛失・失踪について調査を進めている。

Maho ONLINEは、多次元超越集約型ニュースメディアとしてウェールフビヤンド界国際治安維持部隊から協力要請を受け、マジックミラーの問題について広く情報を発信する。

鏡に知らない景色が映っている等の現象が起こった場合、鏡には近寄らず、「縁切り」呪文や「解呪」呪文で対処してほしい。

魔法が得意でないヒト、あるいは「魔法を知らない」ヒトにおいては、Maho ONLINEへ情報提供をしていただければ、ウェールフビヤンド界国際治安維持部隊が順次対処していく。

誤ってウェールフビヤンド界へ入ってしまった方は、国際治安維持部隊の最寄り拠点で保護を受けられる。

なお、元の世界へ戻ることができるのはマジックミラーの不具合が修正されてから。販売元のMirage me(ミラージュ・ミー)によると修正完了時期は不明であり、今後も同様の不具合が発生する可能性が高い。

史上初の「絵画魔法化」で絵画猫の大量召喚が発生

アーティセンナ美術館に展示されている絵画が魔法暴走を起こし、初めて「絵画魔法化」が確認された。

魔法暴走を起こしたのは、それまで絵画魔法ではないとみなされていた絵画『猫の集会』。多様な猫が庭でくつろいでいる様子がのびやかに描かれ、猫派の魔法使いを中心に人気の絵画だった。

『猫の集会』に描かれる主なモチーフは猫で、絵画魔法に必要な複数のモチーフや、属性を決定する統一された方向性がなく、絵画魔法師が「魔法陣のようなものを読みとれない」と結論付けたものだった。

今回の絵画魔法化、及び魔法暴走では、『猫の集会』を中心に猫が“湧きでてくる”現象が確認された。現在はレイラインの影響が薄いメンナ絵画魔法研究所に移され、魔法暴走は沈静化している。

湧きでた猫は「紙のように軽く、画材特有の匂いがした」と、魔法暴走に遭遇し事態の対処に協力した観覧客は語る。

メンナ絵画魔法研究所の発表によると、『猫の集会』の魔法暴走は別地点、あるいは別時空に存在する猫を召喚するものではなく、絵画と同じ素材でできた“絵画猫”を生成するもの。一連の騒動で絵画魔法師の管理外へ出てしまった絵画猫がいる可能性もあり、メンナ絵画魔法研究所は魔法使いへ回収を呼びかけている。

また、今回の絵画魔法化について、絵画魔法研究家の『花の帽子飾りをつけた若き魔女』氏は以下のようにコメントしている。

「『猫の集会』とても穏やかな絵画。絵画魔法になったのは、絵を見た人が抱いた感情が絵画に集まったためでしょう。癒されたい、猫と触れ合いたいというような感情に応えようとして、今回の魔術暴走に繋がったのでは」

このコメントを受け、アーティセンナ美術館は魔法暴走の再発防止策を提示。現在公開中の一部絵画について、『花の帽子飾りをつけた若き魔女』氏の協力で聞き取り調査を行うと発表した。

打刻遅延魔術疑惑のブラック結社を摘発 2次被害多数か

ここ数年間増加し続けているブラック結社に対し初の摘発が行われ、各方面より期待の声があがっている。

秋の訪れを感じる9月のこの頃、中央魔道局はかねてよりマークしていたヤマトのブラック結社「刻意」を打刻魔術改ざんの疑いで摘発した。

「刻意」は食品の保存容器などに使われる擬似時間停止魔術を開発し業界最大手とされていたが、以前から過酷な勤務体制のブラック結社として有名だった。

3年前から魔術結社に義務付けられている打刻魔術により、勤務時間をはじめとする勤務体制の問題が明るみに出ると思われていたが、「刻意」の記録に一切の不備はなく、退勤時間を調査しても通常の時間で業務を終了していた。勤務体制の実態は社員からの告発に頼るのみであったため、確実な物証を持たない中央魔導局は手を出せなかった。

ではなぜ今回摘発に成功したのか? それは先日発生した夏の風物詩、魔力嵐に原因がある。

魔力嵐は術式をかき乱し誤作動させてしまう性質があるため、この時期は結社も休みになることがほとんどなのだが、「刻意」は秘密裏に業務を敢行。その結果、打刻魔術にかけていた遅延魔術が魔力嵐によって暴走し、周辺の事物へ影響を及ぼしたことで打刻魔術改ざんが明らかになった。

遅延魔術の正体は、彼らの扱う擬似時間停止魔術の応用魔術。社内にかけることで時間の流れそのものを止め、その間業務を行っていたことが判明している。

中央魔道局は他にも類似した手法を用いている結社があると考え、近く一斉摘発を行う予定であると発表した。

なお、遅延魔法の暴走により近隣の結社、媒体、存在の時間が停止している可能性があり、中央魔道局は注意を呼び掛けている。

追記:いつの間にか2月になっていたの、これじゃん

巨大すぎる数の巨大さを直接”理解”し一時意識不明、事故か

78週15日夕方、フィレワ北部ノロクディリ地区で、AMMA(Automatic Magic-based Mental Arithmetic、自動魔力暗算)を使用し、“ハブラーワ数”の計算を行おうとしたエルフが一時的に意識不明になった。エルフは同地区の病院に搬送され、現在は回復している。

AMMAとは、魔力を介して脳のリソースを使用し、自動的に暗算を行う連鎖実行的魔法群、およびその魔術ライブラリ。従来の電子計算機などに比べ、魔力という比較的曖昧な量を介して計算を行うことで計算の厳密さを下げ、概数での計算を可能にしつつも、暗算以上の正確さや高速さ、そして電子計算機以上の「利用しやすさ」「思念との一体性」を実現できるのが特徴だ。

新しい魔導技術に比較的抵抗の少ない若い世代を中心に広がりを見せ、一部の中等学校でも教育に用いられている。

今回のケースは計算によって脳のリソースを急激な速度で消費し、またあまりにも巨大すぎる数を直接”理解”しようとした負荷の複合的な要因による失神であったとみられるが、エルフは軽症であり翌日には回復した。使用されたAMMAは、公式に配布されている標準的詠唱/無詠唱魔術ライブラリのものと異なっていることが分かっている。魔力消費量等の制限を外した独自の改唱が施されていたとみられ、事故の原因とみて詳しく調べている。

エルフが計算しようとした「ハブラーワ数」とは、近代の小説家ハブラーワ・クラフ・スラユァータ(Hablurwa Khrah Slujyahta)が執筆した小説『星の梺』に登場する占いで現れる数。

5×5マスのチェスボードの1マス目に1桁の(基本的には2以上の)数で最も好きな数を書く。2マス目には『1マス目に書いた数』桁の数の中で最も好きな数を、3マス目には『2マス目に書いた数』桁の数の中で最も好きな数を、と順々に書いていく。さて、チェスボードは5×5=25マスあるわけだが……25マス目の数字で未来を占おう。

──『星の梺』より抜粋

あまりに大きな数字になってしまうため、この小説では占いを行うことなく即座に終了してしまう。しかし、この占いを取りあげた記事が話題となり、25マス目に現れる数が“ハブラーワ数”として知られることとなった。実際に計算しようとする場合、おおむね10^10^10^…(25回続く)…^10となる。

公式に配布されているAMMAもかなり大きな数が扱えるが、ハブラーワ数のような巨大数は一般的に想像が可能なレベルの数と比較にならないほど大きすぎる。そのため、数そのものによって脳の計算能力や思考能力、リソース等が、通常考えられないほど使用される。このことによって引き起こされる同様の事故は数年に1回程度起きている。

一昨年には2名がAMMAであまりに複雑すぎる再帰計算(ある計算内で、その計算そのものを参照して計算すること。複雑な計算タスクを引き起こしやすい)を扱おうとしていずれも失神、転倒し軽傷を負った。また、1277年には1名が意識をなくし、そのまま亡くなっている。どれも主に魔力の使用量制限を外す改唱が施されていたとみられており、魔技庁は注意を呼びかけている。

ノロクディリ国立大学で数理・アルゴリズムを研究しているルーボ・クラトゥー教授は、「魔法というのは知っての通り、思念によって既存の物理を超越できる非常に便利なもの。だからといって、必ず安全であるとは限らない。AMMAという例ひとつでもそうだが、魔法は使い方を間違えたとき、必ずその刃が誰かに刺さることになる。この事故を反面教師に、特に独自の改唱を行って安全性が確保されていない魔法の使用に際しては、もっと責任感を持つよう考えるべきだ」と話した。