コラム

増加するブレーメン現象! ~妄想に浸食される現実世界~

先日、迷宮都市シ=ンジュクにある大規模マナラインにて現実世界が妄想世界に浸食されるブレーメン現象の発生が確認された。今年に入って3件目だった。

この現象、いや災害は現場に駆け付けた警察の魔場専門特殊部隊によって収拾された。だが、被害は軽微と言えるものでは無かった。この災害による行方不明者は8名にのぼり、死者は3名にもなった。死因は妄想世界より溢れ出たカボチャの馬車との衝突、熊猫とのハグや名状しがたい何かを目撃したことによる精神崩壊とされている。

 

本災害の発生回数は数年前から現在に至るまで増加傾向にある。では、それまでは本災害は確認されなかったのだろうか。そもそもブレーメン現象とは何なのか。何故、妄想が現実を浸食してくるのか。私はそれらを明らかにするための調査を開始した。魔場の特殊部隊から歴史の専門家、森深くに住まうエルフまで、あらゆる分野の者達に話を聞いて回ったのだ。

その結果、判明したのは驚愕の事実であった。

 

ブレーメン現象の発生において最も重要なポイントは、大規模な魔場の乱れとされている。その乱れの原因が人々であり、その人々の妄想が現実を浸食したというのだ。この真実について一つずつ詳らかにしていきたい。

そもそも魔場というのは、あらゆる物質に宿る魔力が大気中に放出され、それが混ざり合うことで形成されている。通常の状態において魔場は安定しており、周囲の者達に被害を及ぼす事は無い。それどころか、魔法の発動時は消費される事によって箒の補助軸のような役割を果たしているのだ。さらに、魔場に指向性を持たせる事で飛行専用ルートであるマナラインの維持にも必須なのだ。

では何故、魔場が乱れるのか。その答えはこれまでのブレーメン現象が発生した現場の条件を抽出してやれば一目瞭然である。

キーワードは「人口密度」「混雑」「マナライン」だ。

これまでの発生現場は全て都市部の人口密集地域であった。人もまた無意識に魔力を大気中へ放出しているため、都市部の魔場密度は比較的大きい値となってしまうのだ。

また、発生時間は通勤と退勤が集中する非常に混雑した時間帯に限定されていた。それが魔場にどのような影響を及ぼすのか。

問題は人々のストレスにあった。とある研究結果によると、人を含むほとんどの生物に対してストレスを与えると攻撃的な心理状態となり、それに比例して大気中に放出される魔力量も増加することが実証されている。つまり、混雑時の人々へのストレスによって強く発せられた魔力が魔場を不安定化させていたのだ。

最後に、もはや人々の生活に欠かせない飛行専用ルート「マナライン」。これは大気中の魔場をとある魔導装置を用いて収束させ、指向性を持たせることによって視認できるほどの濃い魔場の流れを創り出しているらしい。

ここまで読まれると既に答えは出ているようなものだが、「都市部の濃い魔場」と「人々のストレス魔力」と「マナラインによる魔場収束」、これらの要因が組み合わさることによって魔場の乱れは現実世界を歪め、人々の放出する魔力にのった思念波が干渉することにより、妄想世界の浸食が発生したという訳だ。

 

ブレーメン現象と同様の現象は、大昔の文明都市においても頻繁に発生していたという証言が森の老エルフより得られている。今後も都市部における同現象の発生は確実なものであり、注意が必要だろう。具体的な対策としては、出退勤時間をずらす、箒飛行による個人での移動が挙げられる。

筆者の妹も本現象の被害者で、妄想の白馬の王子様にパワースラムをくらい亡くなった。一日も早い解決策の確立を心より待ち望んでいる。

特集:孤独な若者たち 〜なぜ彼らは封印指定魔法を使ってスイーツを作るのか

“魔法の歴史とは、すなわちおいしいスイーツの歴史である”

スイーツにまつわる言葉は数あれど、この世界で最も知られているのはゼノア・イルマリアの残した言葉だろう。

かの偉大なる魔法使いは、時間を極限まで圧縮させることで、材料さえ用意すれば即座にスイーツを作れる魔法を発明した。

しかし、スイーツの歴史の果てに待つものが暗黒であるのならば、魔法の歴史の果てに待つものもまた、暗黒なのかもしれない。

Maho ONLINEは、近年若者の間で流行している新興魔法サークル「パラノイア・メタノイア」を取材した。

パラノイア・メタノイアとは

パラノイア・メタノイアについて、『素晴らしき封印指定魔法の歴史』や『何故賢者は絶望を呪文にしたのか』、『邪神創造』等の著書を残しているセテラ・クタニ氏はこう語った。

「最近の若者は…などという言葉は好きではありませんが、『最近の若者でなくてよかった』と心の底から思います。
パラノイア・メタノイアは、人生が上手くいっていないなどといった悩みがある孤独な若者を、言葉巧みに勧誘します。

悩みなんてなにもないさ! 一緒にクッキーを作ろう! マドレーヌでもケーキでもいいよ! …という言葉でね。

その言葉に乗ってついて行くと――皆で仲良くスイーツを作ることになります。

最初は月に何回か。それから週に何回か。最後には泊まり込みで――という具合で。本人の意思ですから、対策のしようがありません。洗脳魔法の使用形跡もありませんし、捕縛することも難しい。

スイーツ作りが比喩? いえ、そういうわけではありません。文字通り、スイーツを作るのです。

ただ、その工程でパラノイデアルを使うのが問題です。みなさんご存知の通り、パラノイデアルはどんな偉大な魔法使いでも破滅させる危険な魔法ですから。

検挙は無理でしょう。かつてあった治安維持省が残っていて、私が省の人間だったら、施設に破壊魔法でも撃ち込むでしょうが」

パラノイデアル(正式名称:妄想を触媒とした衝動性創造魔法)は生命倫理の問題、術者及びその周辺に対する危険性から47ヶ国で封印指定を受けている。

パラノイデアル撲滅キャンペーンや、スクールカウンセラーによる思春期の学生に対するケアにより、近年ではパラノイデアル発生事案は減少傾向にある。しかし、発動の発作性、隠蔽性の高さから完全封印は非常に難しいのが現状である。

続きを読む

王大魔術科学生の8割がよくわからないまま魔法陣を描いている事が判明

昨年、レドゲス民主国が15歳以下の国民に教育を受けさせる制度を実験的に施行し、その教育内容が「ただ知識を詰め込んでいるだけの無意味な教育」だとして、エズカン教育推進教会から批判を受けました。

そんなエズカン教育推進教会本部が存在するユスティア王国も、教育において深刻な問題を抱えているようです。

ユスティア王立大学魔術科といえば、魔術師養成プログラムを行っている教育機関のうち、最高峰に位置する大学です。

そのユスティア王立大学魔術科の学生に対し、王立大学教育学部の学生が魔術の習熟度の調査を実施。

その結果、実践魔術においては高成績を叩き出す一方、基礎的な“魔術原理”の項目では異常に低い成績が出たのです。

特に驚きなのは、調査を受けた学生の実に8割が「魔法陣は描けるけどなぜ描かなきゃいけないのかはわからない」という状態だったことです。

そもそも魔法陣とはなんでしょうか? 我々が魔法陣と言っているものは大きく分けて2種類あります。

1つは魔術式の一種、“陣型魔術式”。

もう1つは魔術を行った際に発生する円形の模様、“魔力子放射”です。

魔法陣とはいわばこの2つの俗称なのです。

陣型魔術式は、魔術の構造をわかりやすく見えるようにし、なおかつ魔力を秩序立った方向へ導く為のルートとなるものです。術式を書かなくても複雑な魔術を扱えるラナヤン・レインマンのような魔術師もいるにはいますが、誰もがラナヤンのような魔物級の天才にはなれないので、普通は高度な魔術を行う時は術式を書きます。その中でもポピュラーなのが陣型魔術式なのです。

魔力子放射は、空気中に分散している魔力子という魔力を生み出す粒子の一種が湖面に雨粒が落ちるように円形の波を立てて流れる、いわゆる自然現象なのですが、魔術物理学と魔術工学の発展により、魔力子放射の波の形を自由に変化させることができるようになりました。

ではなぜ波の形を変化させる必要があるのか?

ここがまさに、ユスティア王立大学魔術学部魔術科の学生の8割が答えられなかった問題なのです。

王大魔術科のカリキュラムには、実践魔術の訓練として魔法陣の描画演習があります。そこで使う教科書の最初のページに、なぜ魔法陣を描かなければならないのかの答えが書いてあるのです。

私は王大の学生ではありませんが、特別なルートでその教科書を入手しました。

魔力子放射の制御は実践魔術において欠くことのできない技能である。

魔力は本来無秩序な力であり、なおかつ強力であるため、魔術師はその力の挙動に常に注意を払わねばならない。

魔力子の演算不可能な運動は制御によって演算可能となり、魔力の支配は容易になり、君や君のクラスメイトの腕は吹き飛ばされなくても済むようになるのである。

なぜ魔法陣を描く必要があるのか?

その答えは、「魔力子を制御して事故を防ぐため」です。

魔法陣は安全に魔術を扱うための大切な要素だったのですね。それ故に、王立大学魔術科は魔法陣描画演習の授業で多すぎるくらいに魔法陣を描かせるのです。

そのことが、学生が魔法陣を描くことに集中しすぎて魔法陣の意義を忘れてしまう、という状態を生んでしまったのはなんとも皮肉なものです。

魔法生物のいる生活 第1回

魔法生物とともに暮らす人々の生活を取材するこのコラム。記念すべき第1回は、錬金術に造詣が深いマリエラ女史に話を聞いた。

 

──マリエラ女史がともに暮らしている魔法生物は?

「メスのサラマンダーです。フレイヤという名前をつけました」

──サラマンダー!初回から珍しい魔法生物の話を聞けるなんて嬉しいです。

「ありがとうございます。でも、面白い話なんてないですよ?(笑)」

──まずは、ともに暮らし始めた切っ掛けをお聞きしても?

「フレイヤは師匠から預かったんです」

──お師匠様からですか。

「ええ。錬金術には火が欠かせないのですが、私、どうにも火炎系の魔法が得意じゃなくて・・・」

──なるほど、フレイヤちゃんは補佐役というわけですね。

「そうです。フレイヤがいないと、仕事が成り立たないんですよ」

──普段の生活はどんな様子ですか?

「サラマンダーは基本的には温厚ですので、のんびりまったり、という表現が一番しっくりきますね。フレイヤはお昼寝が大好きで、晴れた日はテラスに出て眠っています。可愛いですよ(笑)」

──ゆったりとした光景が目に浮かびます。他になにかエピソードなどはありますか?

「うーん・・・。あっ、去年の冬のことなのですが、フレイヤが私の膝でお昼寝したことがありまして」

──おお!なんと羨ましい!

「サラマンダーは火を司るので、体温が人間より十数度高いんです。膝に乗せていると身体がぽかぽかしてきて、すごく快適でした」

──なるほど。湯たんぽ要らずですね。

「そうですね(笑)ただ、気をつけていないと、寝ぼけて火を吹くことがあるので少々スリリングですが・・・」

──貴重なお話、ありがとうございました。これからも仲睦まじく過ごせることをお祈りしています。

「こちらこそ、ありがとうございました」

日刊魔法生物飼育のススメ〜ニホンヒフキクロトカゲ〜

日本での魔法生物の扱いは、世界と比べて非常に厳しく定められている。

これは日本の魔法生物が外国の魔法生物と比べて非常にデリケートであり、飼育が難しい種が多いからだ。今年になり魔法生物管理局が数年ぶりにドラゴンの個人飼育の規定を緩め、ほとんどの一般家庭でもドラゴンを買うことができるようになったが、それも比較的小柄なアフリカに生息するアフリカ・ブラックウィング種他数種だけであり、世界でもよく知られているジャパニーズ・ゴールデンスケイル種などは許可されていない。

それでも日本の魔法生物を買ってみたいという方々にはドラゴンほど大きくはないがサラマンダーの仲間である、ニホンヒフキクロトカゲ(英名ジャパニーズ・ブラックテイル種)をおススメしよう。

一般的なサラマンダーより一回り小さい体をしている全体的に焦げたように黒いこの種はサラマンダーの中でも比較的温厚であり、人間に懐きやすいことで日本の魔法生物愛好家たちからも親しまれている。

また、サラマンダーは通常定期的に火継ぎとして火を食べさせなければならず、この火継ぎがサラマンダーから目を離せない要因となっていたのだが、この二ホンヒフキクロトカゲはその火継ぎが必要ないのも人気の理由の一つだ。

火継ぎの時期になると黒い尻尾が勝手に切り離され、そこから発生する火を火継ぎとして利用する。普通のトカゲと同じく尻尾も再生するので安心だ。

値段は20万~と魔法生物としては安価であり、手が出しやすい類であろう。お近くの魔法生物販売店で簡単に手続きが可能であり、許可証の審査も緩い。魔法生物入門としては最適だ。

しかし、気を付けてほしいことが一つ。すべてのサラマンダーに共通することだが、彼らは炎をまといながら生活するため、可燃物などを決して周りにおかないこと。特にヒフキクロトカゲは機嫌がいいと炎を噴出するので、撫でるときは服を焦がされない様に十分に気を付けていただきたい。

 

日刊森のアナグマ ライター 御手洗団子

紫の薄衣舞う、ハイドランジアの精霊たち

ハイドランジアの精霊たちの舞が見頃を迎えています。

ハイドランジアの精霊は体長おおよそ5~8センチと小さく、数千から時には数万の集団で暮らしています。彼らは夏が始まる前の僅かな期間のみ、ナパジャ地方で見ることができます。

そのため毎年、ハイドランジアの精霊たちの舞が見られるようになると、ナパジャの人々は夏が間もなくやってくることを知るのです。

ハイドランジアと言えばその愛らしさもさることながら、何より有名なのは彼らの代名詞でもある「舞姿」です。

彼らは3~4人ほどの集団を形成し空中を舞うことで知られています。いくつもの小集団の衣が瑠璃色から紫色、紫色から赤紫色へと瞬く間に変化しながら空中を飛び交う姿は圧巻の一言です。

現在、ナパジャ地方の各地では、ハイドランジアの精霊たちの舞に関するイベントが開催中です。

青空の下で見る彼らの舞も鮮やかで見応えがありますが、近年ではナイトイベントも盛んに開催されています。

夜、月光の下で舞う姿は、昼間とは異なり幻想さを帯び、近年ではデートスポットとして人気を集めています。

この機会に是非とも、ご家族、ご友人、大切な方をお誘い連れ、訪れてみてはいかがでしょうか。

尚、詳しいイベント情報については、ナパジャ地方観光局へお問い合わせくださいませ。

ナパジャ地方観光局:***_hydrangea@napazya

魔法使用世界規約~攻撃魔法・対人編~

初めまして。第一回魔法使用規約についての記事です。

日々魔法について理解を深める親愛なる同志さん方はご存知であろうこの規約。

しかし昨今は魔法を私闘で使用する無法者がでてくる始末……。

対人使用に対してのハードルが低くなっている今、ぜひ今回この機会に「人に対する」魔法の使用について振り返ってみたいと思います。

 

そもそも魔法使用世界規約とは?

魔法が発達してはや1,000年以上。人間が生まれながらにして持っている魔法は、生活のレベルを高め続けてきました。

更には野生動物や魔獣といった人にとって脅威になるものから身を守る自衛のためとしての魔法も生み出されてきました。

続きを読む

気まぐれ魔導書レビュー(基本編)

どうも、初めまして!

編集部メディア担当の瑞々です!

この度、念願叶って自分の記事を持つことができました!

これから、今話題の魔導書から隠れた名著、特に関連はないけど個人的なオススメまでどんどんレビューしていきたいと思っております!(あくまで個人的な所感ですのでご注意下さい)

一応、ずっと魔法教育を専攻していたので、魔導書の分かりやすさとか、実際に魔導書を読むときのコツとか、そういう話もできればとか考えてます!

では早速、記念すべき初回の記事は、魔導書の基礎の基礎みたいなところを押さえているものをピックアップしたいと思います。

 

魔導書の基礎の基礎とは何か?

魔導書というのは、その名の通り「魔法を教え導く書物」。

魔法が上手くなりたい、新しい魔法を身につけたいと思って読むものです。

読む人の持つ魔法技術や腕前、知識によって読む魔導書も変わってきますし、似たような内容のものでも全然分かりやすさが違ったりなんてことは往々にしてあります。

魔法というのはどれだけ理論が高度になっても、最終的に使い手の感覚に依存する部分はどうしてもありますしね。こればかりは仕方ない。

その中でも、分かりやすい魔導書がおさえているポイントを、個人的にピックアップしてみました。

 

・1・具体例が豊富

魔法というのは非常に抽象度の高いものだと、個人的には思ってます。

色々補助の道具とかもあったりしますけど、基本的には詠唱ですからね。

ちょっとした言い回しの違いとか、状況の違いとかで全然違う結果が出てくるのはよくあることです。

だからこそ、使用場面とか、実際に使用するときの状況だとか、そういう具体例は、載ってれば載ってるほど良いわけです。

専門の研究者向けの本なら、具体例無しで理論だけ書いてあってもいいかもしれませんけど、魔導書を買う目的というのは、あくまで魔法の使用なんですから。

 

・2・絵柄が綺麗

絵はわかるけど絵柄?

いえいえ、結構重要ですよ、これ。

昔の魔導書とか見ると、結構薄汚くなってて読みづらかったりしますし、何より上にも書いたように魔法というのは高度に抽象的なものですから、理解をサポートする上で絵って皆さんが思ってる以上に重要です。

色合いが薄れてたりすると、これは火の玉が出てるのか水の玉が出てるのかわからない……とかいうことも。

あと、最近は立体投影の動画が付属でついてくるやつとかもありますよね。あればかりは店で確認できませんけど、動画がついているのはやっぱり読む側としても便利です。

 

具体例と絵柄。

他にもこまごまとしたものはありますが、わかりやすい魔導書の条件となると、大体この二つに集約されるのではないでしょうか。

特に絵柄なら店に並んでいる状態でも手に取ってチェックできますし。

 

では、これを元にお勧めを紹介したい……ところなのですが、

 

正直言って書ききれなくなりそうなので、ここで一旦今日はおしまいにさせてください。

 

 

それでは、次回をお楽しみに……

EACon(エアコン)問題から見る魔術の行く末

魔術の発展により、我々の生活から闇は遠ざかった。冬でも凍えることなく、飢饉は過去のものとなった。国民の死亡率は格段に減り、子供は二ケタを超えるまで生きられるようになった。これは偉大な進歩であり、神話に謳われる理想郷にこれほど近付いたのは我々が初めてだろう。

しかし問題はまだある。生活が豊かになりものが溢れれば必然的に新たな課題が持ち上がる。より深刻なモノと言えば、それは大気操作魔術、「Earth’s Atmosphere Control」、通称「EACon(エアコン)」だろう。この魔法の権能は大仰な名前に見合うほど大規模ではない。

しかし人間の生活に貢献したという意味ではこれ以上なく偉大な魔術である。今では貴族の邸宅に限らず一般家庭に至るまで普及し、政府による調査では97%がこの魔法を活用している。また魔法を生み出したミッジェリー社は世界最大の大企業となり、日々魔術師を派遣し快適な空間を提供している。

しかし問題はある。まず魔術は永続的に続くものではない。無論高度な術者が行う魔術には半永久的な効果があるが、民間で普及する魔術はそれほどの精度はない。毎年温度管理の失敗による重病者、死亡者が発生している。夏に凍死し冬に熱中症になるという異常事態にはゾッとするし、格安業者を名乗る魔術師によってビルが出火したのは記憶に新しい。

「EACon」は確かに素晴らしい。しかし維持し管理せねば酷い事態を招く。安易な快適さに手を伸ばし全てを失うならば、氷水とストーブで一年を過ごす方が賢いかもしれない。