研究

言語統一で詠唱簡易化 無詠唱へ向けた研究進む

「詠唱が長い!」
「300語もの言語を一切噛まずに発声しろだなどとやっていられるか!」
「こんな複雑な魔法陣覚えられるか!」

魔法、あるいは魔術を学ぶ学生は嘆いている。もっと簡単な動作で、最高のパフォーマンスを発揮する魔術が欲しいと。

その叫びは痛いほど分かる。詠唱一つとっても様々な魔術言語が存在し、網羅しようとすれば分厚い辞書を片手に歩くハメになる。もちろん公式試合で辞書の持ち込みは不可能だし、戦場に立てばなおさらだ。

戦場のど真ん中で辞書を開きながら詠唱してごらんなさい。その間に弓で射られて死ぬから。

冗談はさておいて、この問題は古くから論じられていることだ。そして未だに最適解が見えてこない課題である。

一般的に魔術や魔法は、より強力な効果を求めれば求めるほど詠唱式、魔法陣、触媒などが複雑化、かつ肥大化していく傾向にある。逆を言えば、シンプルなものばかりでは、汎用的な効果しか発現しない。

確認されている限り、世界で最も複雑とされる魔術は以下の内容で構成されている。

〇炎を起こす魔術
1:詠唱において、「単語単位で9000語」使用。
2:魔法陣の大きさは、10,000平方メートル
3:使用した触媒の数は237個。総重量は533kg。

さて、こんなものが実用的かと問われれば答えは一つだ。「ノー」。

どんなに卓越した天才であっても、必ずどこかに綻びが生じ、術式がすべて破綻する。詠唱している途中にくしゃみをすればすべて吹き飛ぶし、魔法陣の微妙なズレが重なった結果、まったく違うものになることだってありえる。触媒の用意だって一苦労だし、コストパフォーマンスは最悪極まりない。

しかし、無理に短縮しようとしてどこかの工程を省いてしまうと、効果が発生しなくなってしまう上、予期せぬ事態が発生することもありうるのだ。

しかし、我々は夢を諦めない。

「火!」

と言って火を起こしたい。

「食い物!」

と言って豪華な料理を生み出したい!

現在、ナハーヘム市のディニーカリア大学詠唱学科では、「意味のある架空言語を創り出して、既存の言語の統合を行うことにより、詠唱の長さを縮める」という研究が行われている。現在は1/2が限界であるが、今後研究が進めば1/10にまで縮めることも不可能ではないようだ。

いつかは、指を振るだけで超常現象を発生させるグリモアも開発されるだろう。そうすれば、子供であっても簡単に魔術を扱うことができる時代がやってくる。

この研究が成功し、実用化されたならば魔法文明は飛躍的な進歩を遂げる。

長い詠唱、複雑な魔術式。それらが偉いなどというものは古典的な考えになってしまう日も遠くはない。

カラスク皇帝陵発掘調査 ついに主体部を発見

今年で第3次を迎えたカラスク皇帝陵の発掘調査は、ついに主体部の解明に及んだ。

カラスク皇帝陵は、4000年前に北方アドラスに存在した大帝国“エラム帝国”を築いたカラスク・エラスムス帝の墓と考えられており、全長211mの巨大墳墓だ。盗掘を受けておらず、初期魔法時代における地域支配についての成果が期待されていた。

主体部は、墳墓北寄りの中央に竪穴式の石室として存在しており、中には豊富な石製の棺とともに豊富な副葬品が見つかた。それらは発掘を主導したエドルシア博物館で調査が進められている。

同館によれば、副葬品の中には簡易的な初期魔法道具が複数含まれていたという。そのひとつが炎と風の二属性を込めた青銅製の剣で、当時の技術水準の高さが見てとれる。いまだ謎の多い魔法道具の製造技術の起源について、新たな考察が望めそうだ。

教授のライア・サトラ-氏は、「カラスク皇帝陵は、他にも前期エラム朝の良質な資料を含んでいる可能性が高い。今回の成果によって彼らが支配に用いたとされる魔法道具の開発、普及について、さらなる考察の余地を与えた」としている。

『星のささやき』解読に一歩前進

「人は誰でも、夜空の星々に語りかけたことがあるでしょう。彼らはそのすべてに、きっと応えてくれていたのです。これはまだはじまりでしかありませんが、私たちはこれから、彼らと話をすることができるようになる。その道筋がやっと見えました。これほど嬉しいことはありません」

国立アトス大学星読学部教授ミチエール・ホワイト氏はそう言って目を細め、使い魔のウンディーネと指を絡ませて喜びをあらわにした。

今から15年前、天体魔法研究者であるミチエール氏が、夜空の星々が極小の声を発していることを発見。50人余りのウンディーネたちと共に精製した水製の音増幅器を用い、『星のささやき』の存在を証明したことは我々の記憶にも新しい。

当時のミチエール氏の論文は革新的なものではあったが、当論文では『星のささやき』の存在を証明できたのみで、彼らが何を話しているのかまでは解明することができなかった。そこから現在に至るまで、同氏は星間言語の解読を試みていたが、去る7月7日、ミチエール氏はついにその一部を解読することができたと発表した。

ミチエール氏によれば、星間言語は古妖精語の言語体系に近い形を持つものだという。古妖精語は『託り』と表現される大きな地域差・個体差があるほか、口伝している妖精たちがそこかしこにアレンジを加えてしまうために、解読が難航している古代言語だ。

星間言語はその『託り』や妖精たちのアレンジが一切ない、純粋な古妖精語である可能性が高い、とミチエール氏は指摘している。今後は古妖精語の研究者や妖精民俗学の専門家とチームを組んで星間言語の解読を進める方針であると話し、今後の研究成果にも期待が高まっている。

魔力含有率99.5%以上!? 研究チーム歓喜の声、そのわけは

先日、モティス村の地下にて高純度の魔力石が発見されました。

写真は、今回発見された魔力石。強い光を当てると魔力が空気中に分解されてしまうため、暗い写真となってしまった。

モティス村とは?

モティス村は大陸東部に位置する人口50人ほどの小さな村です。

その歴史は古く、かつては伝統産業で有名でしたが、近代の急速な時代の変化に伴い、人口を減らし過疎村になってしまいました。

今回、村の地下から、超高純度の魔力石が発見されました。

魔力石とは?

魔力石(通称・魔石)とは、大気中の魔力が長い年月をかけてしみこみ、魔力を帯びた岩石のことです。

この鉱石は、ゴーレムの予備魔力、自動術式の代替魔力、その他瞬間的に強い魔力が欲しいときなど、さまざまな用途に利用されています。

魔力石という言い方は少々古く、現在では魔石という名称のほうが親しまれているようです。

魔石自体は様々な場所から採掘されていますが、今回発掘されたものはその魔力含有率が99.5%以上だったのです。

普通、魔力含有率が92%を超えると高純度魔力石と呼び高い値段で市場に回ります。

今まで自然界からとれた最高含有率が96%であることを鑑みれば、今回発見された魔石が驚くべき含有率であることがわかります。

いままで理論上でしか存在し得なかったこの超高純度魔力石は各国の研究チームに大きな衝撃を与え、さらなる応用魔術の発展が期待できます。

しかしこの発見に伴いモティス村の人々の立ち退きなど、新しい問題が生まれてしまったことを忘れてはいけません。

コラム:古代呪文を読み解く【第1回】ゼンベイガナイタ

何をどうすれば、他者の興味を引けるのだろうか。

ものづくりに携わる者であれば、一度は考えたことがあるのではないだろうか。

価値を理解してもらえる唯一に出会うだけでもいい、という方もいるだろう。

しかしその”唯一”に出会うためにも、大勢の元へ届けなければならない。どんなに素敵な発明であっても、無言で渡してしまっては受け取った者は首を傾げて終わってしまう。けれど大勢に懇切丁寧に説明をする手間も時間も魔道具もない、と頭を抱える魔術師もいることだろう。

そんなときは、先人の知恵を借りようではないか。古い呪文を使ってみるのも、気分転換になるかもしれない。

続きを読む

治療魔法と新たな可能性「再生魔法」

さて、みなさんは治療魔法はご存知ですか?

治療魔法は、

  • 傷の修復
  • 炎症抑制

の2つが主な目的で使われる魔法です。

しかし、この魔法では命に関わるような重大な怪我には対応しきれないという弱点があります。

その弱点の克服のため、昨今新たな魔法の研究も進められています。

魔法の名前は「再生魔法」。

今回は治療魔法との差異も含めて説明していきます。

続きを読む

ユエル悪魔生贄条約改正に合意 『生贄』の範囲拡大へ

およそ20年の間、悪魔界にて渉外大臣カラクス・モーム氏との会談を続けていたユエル黒魔術集会交渉チーム『小さな鍵』が、本日未明悪魔界より帰国。「生贄は魂あるものでなければならない」とされていたユエル悪魔生贄条約の改正に合意したことを発表した。

「黒魔術」と一般に呼称される魔術には様々なものがあるが、その中でも特に有名なものが、相応の生贄を捧げることで悪魔を呼び出し、彼らの助力を乞う召喚魔術である。

悪魔は強い力を貸し与える代わりに、人や動物の魂を喰らうものが多い。軽率に悪魔召喚に手を出した魔法使いたちが、徐々に魂を蝕まれ破滅していく事件は古今東西後を絶たない。

悪魔を召喚し契約を交わす際は通常、自らの願いに相応する『生贄』を捧げさえすれば術者の魂にまで手を出されることはない。しかしこれまでの条約には、その『生贄』は魂あるものでなければならないとする制約があった。昨今は動物愛護の観点からそれらを準備することが難しくなっており、術者が魂を悪魔に奪われる事件のほとんどは、生贄を他のもので代用したことが原因となっている。

そこでユエル黒魔術集会ではウィリアム暦136年、生贄の制約を定めた条約を改正するための交渉チーム『小さな鍵』を結成。集会に所属する最高峰の黒魔術師たちの力を集結して門を開き、悪魔界への訪問、交渉を実現した。長引く会談の様子に集会内では不安の声もあがっていたが、交渉チームの全員が五体満足、精神の安定した状態での帰還となったことに、集会の会員からは喜びの声が上がっている。

この条約改正により新たに生贄とすることができるようになったものは、質の良い果実、純度の高い魔力鉱石、魂を込めて制作された芸術品など。サンプルとして『小さな鍵』が持ち込んだ物品の中では、極東のマンガ本が特に好評であったという。

『小さな鍵』代表シェバート・レアム氏は「歴史的にも大変意義のある会談となった。これにより、黒魔術は国内に広く普及していくことになるだろう。私自身も、黒魔術のさらなる発展のため尽力していきたい」と述べた。

また、カラクス渉外大臣はこの会談の結果について「古くからの制約を撤廃することには反対意見も多くあるだろう。だが、時代は絶えず変化している。我々のあり方もまた柔軟に変化していくべきだ」と述べた上で「なお、どうしても納得ができないという者は私を倒しに来るといい。私の心臓を手に入れた者には渉外大臣の椅子をくれてやる」と悪魔界内の反対派を牽制する姿勢をとった。

改正されたユエル悪魔生賛条約は次の新月の日から施行開始となる。黒魔術が安全・安心な魔術として世界に広がる日も近いのかもしれない。

新たな知見、珠世界概念の提唱

異世界研究の第一人者であるセルタニアウス・ナ・ミア氏は異世界の概念について新たな知見を明らかにした。

時、空間、意識で形作られている我々の三次元世界は、多次元的展開をしても時、空間、意識からは大きく離れない。

並行世界は縦を時間軸、横を可能性軸、そして点を意識と置けば考えやすいであろうか。

我々は三次元に生きているが、意識を高次元に持っていき、俯瞰から除けば我々の三次元は広い布に落ちた点である。これをセレタニアウス氏は織世界と名付けた。

それを念頭においた新たな概念が珠世界である

珠世界とは、どこにでもいていつでもあって個が全であり全が個である世界だ。

この世界では時間がくるくると回っている。

と共に固定の場所がない。

もし我々、織世界の意識が珠世界に行ってしまった場合、珠世界に溶けて消える。

セレタニアウス氏は妖精や神霊の類はこの世界線で存在していると思われると語った。

精霊分野はまだまだ不明瞭なことが多く、また研究もしづらいため、この概念を用いれば彼らの世界を我々の意識に落とし込めるかもしれない。

並びに珠世界概念が発展し、呪文に流用できるようになれば不完全であった永久保存魔法や時の加速、時間の干渉を超えた研究などさまざまな分類が発展するであろう。

この新たな概念は是非深まっていってほしいものである。

テレポートデブ解消!? 魔法が解けると溶ける肉ダイエットに迫る

昨今の流行語にもノミネートされた「テレポートデブ」。

自分を別の空間や位置に転移させるテレポーテーションは比較的高度な魔法であるが、皮肉にもそれを使いすぎてしまったがため運動不足となり、肥満に陥ってしまった個を指して自虐的に用いられる言葉だ。

一度詠唱法を覚えてしまった個にとってみれば、テレポートの頻度を下げる事はなかなか難しい。肥満は病気などにも繋がりやすいため、テレポート可能な魔法使いの悩みの種になっている。

そういった人たちにとって”強い補助魔法”になりそうなダイエット法が、今流行の兆しを見せている。それが「溶け肉」ダイエットだ。

溶け肉とは、動物の肉に極力近付けて魔法で作られた魔導的生成物で、形や柔らかさ、匂いなども普段食事している肉に近いという優れもの。

名前の通り、体内で一定時間が経過した後に溶け、ほぼ水や二酸化炭素、魔素などのような物体となり消えてしまうのが特徴で、エネルギー摂取も同じ重さの肉を食べた時に比べ数%程度(つまり、90%超のカット)と非常に低い。

魔法による生成物は、一般的に時の経過や強い衝撃などで消えてしまう場合が多く、食品としては非常に限られたシーンでのみ使われてきた。

しかし、イルヴァディナ地方・コド西部のヒーユ魔導総合研究所の研究チームによって、消えてしまうという特性を逆手に取ったダイエット法として考案・開発され、「対象者の5%の脂肪が(このダイエット方法によって)消滅した」と発表されたのち、イルヴァディナをはじめ、各所でブームとなった。

チームのル・オタ・フモール研究員は「ともかく、皆さんに健康的に、そして心理的にも万全に受け入れてもらえてよかった。『溶け肉』の他にも、『溶け野菜』『溶けエーテル』なども開発し、幅広い種の方のダイエットを応援したい」「研究チームにもいわゆるテレポートデブのオークがいるが、彼のダイエットも無事成功した。『溶け肉ダイエットという魔法が、ずっと解けないといいね』と言うと、『ほっとけ』と返してくれた」と話した。

また、専門家は当編集部に対し、「おいしく食事をしながらダイエットができるのはとても良い事」「(溶け肉は)当然消えてしまうので、栄養の管理は今まで以上に大切。運動を大切に、また種族や身体に合わせた栄養素・魔素を摂取し、栄養失調にくれぐれも気をつけてください」とコメントした。

未踏深域<Gokshqi>ついに踏破! 調査隊74年ぶり快挙

世界には、まだ知られていない謎が無数にある。誰も足を踏み入れたことのない場所――”未踏深域”もその一種だ。

世界地理院を初めとして、多くの政府・団体が長年にわたり調査を進めているが、踏破に成功したのはいまだ全体の一割にも満たないと言われている。

そんな未踏深域のひとつである<Gokshqi>、一般名「アーカー地下大空洞」をついに踏破したとして、探検家エシュラ氏の率いるエシュラ調査隊が地表への凱旋を成し遂げた。前回、大空洞の構造に関する有力な情報が得られた本調査から、実に74年もの時を経て、再びその名を世界に轟かせることとなった。

続きを読む