社会

巨大すぎる数の巨大さを直接”理解”し一時意識不明、事故か

78週15日夕方、フィレワ北部ノロクディリ地区で、AMMA(Automatic Magic-based Mental Arithmetic、自動魔力暗算)を使用し、“ハブラーワ数”の計算を行おうとしたエルフが一時的に意識不明になった。エルフは同地区の病院に搬送され、現在は回復している。

AMMAとは、魔力を介して脳のリソースを使用し、自動的に暗算を行う連鎖実行的魔法群、およびその魔術ライブラリ。従来の電子計算機などに比べ、魔力という比較的曖昧な量を介して計算を行うことで計算の厳密さを下げ、概数での計算を可能にしつつも、暗算以上の正確さや高速さ、そして電子計算機以上の「利用しやすさ」「思念との一体性」を実現できるのが特徴だ。

新しい魔導技術に比較的抵抗の少ない若い世代を中心に広がりを見せ、一部の中等学校でも教育に用いられている。

今回のケースは計算によって脳のリソースを急激な速度で消費し、またあまりにも巨大すぎる数を直接”理解”しようとした負荷の複合的な要因による失神であったとみられるが、エルフは軽症であり翌日には回復した。使用されたAMMAは、公式に配布されている標準的詠唱/無詠唱魔術ライブラリのものと異なっていることが分かっている。魔力消費量等の制限を外した独自の改唱が施されていたとみられ、事故の原因とみて詳しく調べている。

エルフが計算しようとした「ハブラーワ数」とは、近代の小説家ハブラーワ・クラフ・スラユァータ(Hablurwa Khrah Slujyahta)が執筆した小説『星の梺』に登場する占いで現れる数。

5×5マスのチェスボードの1マス目に1桁の(基本的には2以上の)数で最も好きな数を書く。2マス目には『1マス目に書いた数』桁の数の中で最も好きな数を、3マス目には『2マス目に書いた数』桁の数の中で最も好きな数を、と順々に書いていく。さて、チェスボードは5×5=25マスあるわけだが……25マス目の数字で未来を占おう。

──『星の梺』より抜粋

あまりに大きな数字になってしまうため、この小説では占いを行うことなく即座に終了してしまう。しかし、この占いを取りあげた記事が話題となり、25マス目に現れる数が“ハブラーワ数”として知られることとなった。実際に計算しようとする場合、おおむね10^10^10^…(25回続く)…^10となる。

公式に配布されているAMMAもかなり大きな数が扱えるが、ハブラーワ数のような巨大数は一般的に想像が可能なレベルの数と比較にならないほど大きすぎる。そのため、数そのものによって脳の計算能力や思考能力、リソース等が、通常考えられないほど使用される。このことによって引き起こされる同様の事故は数年に1回程度起きている。

一昨年には2名がAMMAであまりに複雑すぎる再帰計算(ある計算内で、その計算そのものを参照して計算すること。複雑な計算タスクを引き起こしやすい)を扱おうとしていずれも失神、転倒し軽傷を負った。また、1277年には1名が意識をなくし、そのまま亡くなっている。どれも主に魔力の使用量制限を外す改唱が施されていたとみられており、魔技庁は注意を呼びかけている。

ノロクディリ国立大学で数理・アルゴリズムを研究しているルーボ・クラトゥー教授は、「魔法というのは知っての通り、思念によって既存の物理を超越できる非常に便利なもの。だからといって、必ず安全であるとは限らない。AMMAという例ひとつでもそうだが、魔法は使い方を間違えたとき、必ずその刃が誰かに刺さることになる。この事故を反面教師に、特に独自の改唱を行って安全性が確保されていない魔法の使用に際しては、もっと責任感を持つよう考えるべきだ」と話した。

じゃびる亭「汞餅」自主回収 人気『ゲテモノ』配信に警鐘

じゃびる亭(クーペフィーロ国マッキナ村)は7月5日、「汞餅(みづかねもち)」の自主回収を実施すると発表した。

予期せぬ国外への持ち出しが確認されたとの報告があり、クーペフィーロ国政府が他国へ呼びかけ、回収の協力を仰ぐという異例の事態となっている。

じゃびる亭は5年前に開業して以来、オートマタ族や鉱石族向けの菓子を製造販売しており、中でも「汞餅」は人気商品である。

水星の大気で風味付けされた水銀を、軟化魔術を施した石英で包んだもので、その美しさはSNSでも話題となっていた。昨月34日、MahoTubeでヒト型魔術師が「汞餅」を「機械人形の国のゲテモノ」と称し、実食する様を配信し、注目を浴びた。現在、該当する映像は削除されている。

その後注文が殺到したものの、じゃびる亭では元々他種族への商品販売を全て断っている。

しかし、SNSでは汞餅実食レポの掲載と食後の体調不良の報告が止まらなかった。原因として、転売目的での購入者がいると仮定した同店は、汞餅をはじめとする商品全般の販売中止・自主回収を決めたという。

店主であるオートマタ族男性(稼働3年)は「体調を崩された方は気の毒だと思うものの、“ゲテモノ”扱いされた商品を思うと複雑な気持ち。お客様の良識を信じていたが、それでは甘かったようで大変残念に思う。”お取り寄せ”が出来ないのにはちゃんとした理由があるので、どうか理解してほしい」と話した。

現在じゃびる亭はこの一件を受け休業中である。再開するかどうかは未定だという。

230年前の「アマルガムガム事件」は、人々の記憶から既に薄れているのだろうか。『蜘蛛に珈琲』ということわざがあるように、誰かにとっての嗜好品は、誰かにとっての毒かもしれないのだ。その逆も然り、である。当たり前のすぎることだが、改めて胸に刻むべきではないだろうか。

クーペフィーロ国は今年独立20周年である。自我を持った魔導人形や魔道具たちはこの事件を受け、なにを思うのだろうか。

飛行船停留所で絵画魔法が暴発 未認可画商による密輸が原因か

昨日、首都郊外にあるクラヒル飛行船停留所で爆発が起きた。現場は一時騒然としたが、けが人は出なかった。

密輸された絵画が爆発の原因とみて、警察は自称画商の男に任意同行を求め、容疑がかたまり次第書類送検する見込み。

ドローレス王国では、未認可の画商が外国から絵画を輸入したり、国内で絵画を取引したりすることは禁止されている。王国内を通る特殊なレイラインの影響で、描かれているものが魔力を帯び、絵画そのものが魔法陣のような役割を果たしてしまうためだ。

絵画魔法研究家で自身も絵画の『花の帽子飾りをつけた若き魔女』氏は絵画魔法について、「専門家以外にとっては、読めない言語で書かれた魔法陣のようなもの」と指摘。

「その魔法陣が炎を出すものか、大災害を引き起こすものかも分からないのに、魔法陣を発動させてみようと思う方はいないはず。ドローレス王国では、絵画がその“読めない魔法陣”なのです」

ドローレス王国の画商は、絵画魔法師の国家資格を取得したのち、認可画商の元で5年の下積み期間を終えてようやく独立が認められる。いわば絵画魔法のプロフェッショナルだ。

「特に首都とその周辺はレイラインの影響が強く、国内の他の地域では無害な絵画でも暴発してしまう危険性がある。管理が不安だと感じる方は認可された画商に相談するか、魔力を遮断する額縁を利用してほしい。絵画は人に見られることが喜び。人を傷つけるのは本意ではないのです」

今回暴発した絵画は、レン・パーティカンが描いた舞踏シリーズの1枚『赤の舞踏』。赤いドレスを着た乙女と火トカゲたちが踊る名画だったが一部が焦げ、現在は首都から離れたメンナの絵画魔法研究所で修復作業が行われている。

「勇者を育てたかった」 村を焼き続けた老人を逮捕

先月発生したレドルフランケ地方ガラド村の焼失事件に急展開があった。

事件直後のガラド村から生き残りの少年を誘拐したとして、警察は近くの森に住む自称賢者の老人(年齢不詳)を現行犯逮捕した。保護された少年にけがはなかった。

調べに対し老人は「勇者を育てたかった。そのためには、故郷のない子どもが必要だった」「子どもが育ったらまた村を焼いた」などと供述しており、警察は老人が善悪判断に関わる感情阻害の呪いをかけられている可能性も視野に入れ、慎重に捜査を進めている。

レドルフランケ地方では、十数年周期で村が焼失する事件が発生。放置された焼け跡や農地が荒れ、住みついた魔法生物が近隣の村や街道に出没するといった問題に悩まされていた。ガラド村をはじめとした村跡地からは火炎魔法を使用した痕跡が発見されており、老人が関わっている可能性が極めて高い。

捜査当局は、焼失した村や生き残りの元少年らについて、広く情報提供を求めている。

人気歌手 疑惑のMV

先日公開された人気歌手シンセルス・ピルアーノンさんの新曲MVが大きな話題となっている。

新曲は「魔法なんてなくっていいの。」。我々魔法使いの存在意義を根幹から揺るがすタイトルである。

この曲はタイトル発表時からかなりの物議を醸していたが、MVが公開された途端になぜかぱったりと批判が止んでしまったのだ。

しかし、この曲の不可解な点はそれだけに留まらない。なんと今までアンチとして活動していた人たちまで彼女のCDを予約し、彼女を讃え始めたのだ。まるで洗脳でも受けたかのような豹変ぶりに危険性を感じた警察省が動画を削除したが、個人用にファンが保存していた動画が次々にアップロードされ、警察とファンのいたちごっこになってしまっている。

この不思議な現象を探るため、魔法映像学の権威モヴィリオ・エイゴン博士が映像解析魔法を用いて詳しく調査したところ、驚愕の事実が判明した。なんとMVの途中に何度か非合法魔法陣が表示されているとのことだった。

魔法陣に組み込まれていた呪文は3つ。1つ目は「シンセルス・ピルアーノンを好きになる」、2つ目は「このMVを繰り返し見たくなる」、3つ目は「新曲のCDを購入したくなる」だった。

これらの魔法陣により購買意欲が刺激され、MVを見ずにいられない中毒のような状態になってしまうのである。しかし、エイゴン博士はこの魔法陣の効果に懐疑的である。レポートでも「これはサブリ・ミ=ナル効果と言い、かつて映画などに用いられた手法です。しかし、これに実際に効果があったかどうかは研究者の間でも意見が分かれているものなのです。よって、今回の騒動すべての原因をこれらの魔法陣に求めるのは危険かもしれません」と述べている。

シンセルス・ピルアーノンさんはこの件に関して最初から一貫して黙秘を貫いており、事務所側も沈黙を保っている。今後の展開によっては、最近活躍に陰りを見せていた彼女の進退にも関わるのではないだろうかと、一部の有識者の間では話になっている。続報が待たれる。

(※記事中の魔法陣はイメージ図であり、動画に使用されたものとは異なる)

減らない魔法薬被害(1) ネット販売で増える“効能詐欺”

近年身近な物になった魔法薬。

昔は専門の魔女(メイガス)がひっそりと作っていたが、今は魔法省が定めた法に従えば誰でも製作することができる。しかし、それ故に魔法薬販売における詐欺事件は増え続けている。

今回は、いまだ減る気配のない悪質な魔法薬販売の手法について書かせていただく。

使うまで効果が分からない…効能詐欺の仕組み

先日、ある魔法使い見習いが魔力強壮効果のある魔法薬(一般にエーテル等と呼ばれるもの)を購入したが、効果が得られないどころか、吐き気等の体調不良を訴える事例があった。

ウィザードタイムズの取材によれば、彼はその魔法薬をインターネットで購入したという。現在、魔法薬のネット販売についての特別な許可は法的には必要ない。しかし、ここに落とし穴があるのだ。

魔法薬というのは、基本的に効能を保証されるものではない。個人の体質や種族等によって調合を変えなければ、適正な効果は得られない。

ネット上で販売されている魔法薬は出来合いのもので、個人向けの調整等は一切されていない。それどころか、魔法薬学的にも効能を証明されていない悪質な素材調合がなされたものさえ存在する。

有り体に言ってしまえば、全く効能がないものを魔法薬として販売することさえ可能だ。そういった悪質な販売業者を摘発する法律は残念ながらまだなく、個人単位で警戒する以外の対処法はない。

街の魔法薬専門店が少々高価なのは、客ごとに魔法薬の調合を変えているからだ。便利になっていく世の中ではあるが、自分の体に使用するものくらいは、しっかりと安全を確保したいものである。

魔法薬に関する当コラム。次回は、「販売・譲渡に専門資格が必要となる薬草を用いた魔法薬を巡るトラブル」を取りあげる予定だ。

ポーション・スクロール 活用のすゝめ

昨年9月に行われた、魔法薬処方並びに医療魔法施術費改正に伴い、ポーション・スクロール(以下PS)を持参した場合に値引きがされるようになったのをご存知だろうか。

調合局利用者に訪ねたところ、知っているという方は4割程度に留まった。また、PS自体を所持していない方も多数いるようで、主人の代理として調合局に来た使い魔にも話が伝わっていないという様子だった。

未だ認知度が低いPSがどういったものなのか、説明していこう。

続きを読む

ウィザナリア、避難民の声

防壁はドラゴンの吐く炎でスライムのように溶け、夜でも魔導ランタンの灯りが絶えない“星の都”と言われていた街並みは瓦礫に変わっていた。

移動を強制され、大きな悲しみを受け止める時間もなかったと、避難民のドルト・ウォース氏は語ってくれた。テントの中で眠ろうとすると風に揺らされた木々の音に驚いて眠れない。ドラゴン襲撃当時のことを聞くと、「“怒れるドラゴンは国をも滅ぼす”とは本当だった」と話した。

30年前に建てた、魔法陣の施された木造2階建ての一軒家に、孫娘(14)と2人で暮らしていた。奥さんは11年前に亡くなり、3人の子は独立して近くには住んでいない。

28日朝、2階で1人で食事しているときに激しい咆哮が聞こえ、驚いてベランダに飛び出した。見えたのは東側の空が真っ赤に燃え、炎の壁が迫ってくる様子だった。事態を把握したのは、国境沿いの避難キャンプに着いた後だった。ただ、避難翌日には近隣諸国の兵士が焼きたてのパンを届けてくれた。

気にかかるのは、当時街に買い物へ出ていた孫娘だ。息子たちに届けてくれるよう兵士に手紙を渡したが、息子たちは世界を飛びまわる仕事をしているため、届く保証はない。

近隣諸国には知り合いもいない。避難民が多いため、家を借りようとしても後回しになるのではないかと不安を話してくれた。近隣諸国の物価も分からず、一家相伝の魔法書を売るしかないとドルト氏は嘆いた。

孫に渡すと決め、家庭魔法の簡要化を記した魔法書は、価値が高いか低いかも、それどころか売りに出せるかも不明だ。先行きが見えない状態に肩を落とした。

魔力含有率99.5%以上!? 研究チーム歓喜の声、そのわけは

先日、モティス村の地下にて高純度の魔力石が発見されました。

写真は、今回発見された魔力石。強い光を当てると魔力が空気中に分解されてしまうため、暗い写真となってしまった。

モティス村とは?

モティス村は大陸東部に位置する人口50人ほどの小さな村です。

その歴史は古く、かつては伝統産業で有名でしたが、近代の急速な時代の変化に伴い、人口を減らし過疎村になってしまいました。

今回、村の地下から、超高純度の魔力石が発見されました。

魔力石とは?

魔力石(通称・魔石)とは、大気中の魔力が長い年月をかけてしみこみ、魔力を帯びた岩石のことです。

この鉱石は、ゴーレムの予備魔力、自動術式の代替魔力、その他瞬間的に強い魔力が欲しいときなど、さまざまな用途に利用されています。

魔力石という言い方は少々古く、現在では魔石という名称のほうが親しまれているようです。

魔石自体は様々な場所から採掘されていますが、今回発掘されたものはその魔力含有率が99.5%以上だったのです。

普通、魔力含有率が92%を超えると高純度魔力石と呼び高い値段で市場に回ります。

今まで自然界からとれた最高含有率が96%であることを鑑みれば、今回発見された魔石が驚くべき含有率であることがわかります。

いままで理論上でしか存在し得なかったこの超高純度魔力石は各国の研究チームに大きな衝撃を与え、さらなる応用魔術の発展が期待できます。

しかしこの発見に伴いモティス村の人々の立ち退きなど、新しい問題が生まれてしまったことを忘れてはいけません。

隣国の王都ウィザナリア滅亡か

隣国の王都ウィザナリアがドラゴンの襲撃によって滅亡していることが、遠征隊の報告で明らかになった。王都ウィザナリアは瓦礫の山と化しており、ウィザナリア王の安否も確認できていない。ドラゴンの死骸が発見されていないことから、国はドラゴンへの警戒を呼びかけている。

我が国サーガシュの賢王エルドラ・サーガシュは、空を使う交通手段と連絡手段の停止を発表。ウィザナリアの領地内を単独で歩くことも禁止した。王国の外交官は、エルドラ王が29日にウィザナリアの災害状況を視察すると発表した。エルドラ王はこれに先立ち、「次の犠牲を出さないこと、これが第一だ」と声明し、救援隊を難民キャンプへと向かわせた。

被害の収束の目処は立っておらず、戦闘跡地で発見された鱗などからドラゴンの種類を調べる予定でいる。