社会

「きれいな海で涼んでほしくて…」種族の違いで悲劇

近年、急激に人気の上がっている観光地、アンブレラアイランド。主に魚人族の住むこの島は、海をはじめとした豊かな自然が美しく、昨年度の「異世界にまで伝えたい名所100選」にも選ばれた。

しかし、この平和な島で人間と魚人の種族差による悲劇が相次いでいる。アンブレラアイランド報道局によると、今年の夏に入ってから既に5件、魚人の子供が人間を海に引きずり込む、突き落とすなどの事件が発生している。幸いにも死亡者やけが人は出ていないが、大事故につながる可能性は無視できない。

この件について種族教育学の専門家は、「魚人族の子供は人間についての詳しい教育を受けておらず、人間が長く水の中にいられないこと、泳げない人間もいることなどを知らない。彼らは歓迎のつもりで海に引き入れているが、人間は自分の体だけでなく持ち物も水に弱いことが多く、たまったものではない」と解説する。

実際に人間を海に突き落とした子供は、「ヒューマンが水の中で息ができない生き物なのは知っていたけど、その辺のヒメアワイルカだって息継ぎをしながら海で暮らしているから、大丈夫だと思ったんだ」と語ったという。

ヒメアワイルカはアンブレラアイランド近海に生息する小型のイルカで、平均の潜水時間は5分ほど。人間が準備なしで息を止めていられる時間は大人でも平均1分程度である。

「この島は暑いけど、海に飛び込んだら涼しいし、気持ちいいよ。観光に来た人にもそれを楽しんでほしくて…」補導された子供達は皆、そう言って泣き出してしまった。

反対に、海に落とされた側として取材に応じてくれた男性は、「準備運動もなしに手荒い歓迎を受けたよ。溺れかけたところで助けてもらったし、確かに気持ちよかったから、たまには服のまま海に飛び込むのも悪くないね。おかげで僕の旅の写真は全部おじゃんだったけど…」と肩をすくめた。

アンブレラアイランドでは現在、教師や親に対して「人間と水遊びをしたい時は、いきなり引きずり込むのではなく声をかけて同意を得ること」を子供たちに徹底して教えるよう呼び掛けている。

アンブレラアイランドだけでなく、今や世界中のどの国でも起こりうる文化、種族の差による悲劇。自分が何気なくとった行動が他種族を傷つけてしまうことのないように、生物学や種族学をはじめとした教育カリキュラムの見直しが検討されている。

増加するブレーメン現象! ~妄想に浸食される現実世界~

先日、迷宮都市シ=ンジュクにある大規模マナラインにて現実世界が妄想世界に浸食されるブレーメン現象の発生が確認された。今年に入って3件目だった。

この現象、いや災害は現場に駆け付けた警察の魔場専門特殊部隊によって収拾された。だが、被害は軽微と言えるものでは無かった。この災害による行方不明者は8名にのぼり、死者は3名にもなった。死因は妄想世界より溢れ出たカボチャの馬車との衝突、熊猫とのハグや名状しがたい何かを目撃したことによる精神崩壊とされている。

 

本災害の発生回数は数年前から現在に至るまで増加傾向にある。では、それまでは本災害は確認されなかったのだろうか。そもそもブレーメン現象とは何なのか。何故、妄想が現実を浸食してくるのか。私はそれらを明らかにするための調査を開始した。魔場の特殊部隊から歴史の専門家、森深くに住まうエルフまで、あらゆる分野の者達に話を聞いて回ったのだ。

その結果、判明したのは驚愕の事実であった。

 

ブレーメン現象の発生において最も重要なポイントは、大規模な魔場の乱れとされている。その乱れの原因が人々であり、その人々の妄想が現実を浸食したというのだ。この真実について一つずつ詳らかにしていきたい。

そもそも魔場というのは、あらゆる物質に宿る魔力が大気中に放出され、それが混ざり合うことで形成されている。通常の状態において魔場は安定しており、周囲の者達に被害を及ぼす事は無い。それどころか、魔法の発動時は消費される事によって箒の補助軸のような役割を果たしているのだ。さらに、魔場に指向性を持たせる事で飛行専用ルートであるマナラインの維持にも必須なのだ。

では何故、魔場が乱れるのか。その答えはこれまでのブレーメン現象が発生した現場の条件を抽出してやれば一目瞭然である。

キーワードは「人口密度」「混雑」「マナライン」だ。

これまでの発生現場は全て都市部の人口密集地域であった。人もまた無意識に魔力を大気中へ放出しているため、都市部の魔場密度は比較的大きい値となってしまうのだ。

また、発生時間は通勤と退勤が集中する非常に混雑した時間帯に限定されていた。それが魔場にどのような影響を及ぼすのか。

問題は人々のストレスにあった。とある研究結果によると、人を含むほとんどの生物に対してストレスを与えると攻撃的な心理状態となり、それに比例して大気中に放出される魔力量も増加することが実証されている。つまり、混雑時の人々へのストレスによって強く発せられた魔力が魔場を不安定化させていたのだ。

最後に、もはや人々の生活に欠かせない飛行専用ルート「マナライン」。これは大気中の魔場をとある魔導装置を用いて収束させ、指向性を持たせることによって視認できるほどの濃い魔場の流れを創り出しているらしい。

ここまで読まれると既に答えは出ているようなものだが、「都市部の濃い魔場」と「人々のストレス魔力」と「マナラインによる魔場収束」、これらの要因が組み合わさることによって魔場の乱れは現実世界を歪め、人々の放出する魔力にのった思念波が干渉することにより、妄想世界の浸食が発生したという訳だ。

 

ブレーメン現象と同様の現象は、大昔の文明都市においても頻繁に発生していたという証言が森の老エルフより得られている。今後も都市部における同現象の発生は確実なものであり、注意が必要だろう。具体的な対策としては、出退勤時間をずらす、箒飛行による個人での移動が挙げられる。

筆者の妹も本現象の被害者で、妄想の白馬の王子様にパワースラムをくらい亡くなった。一日も早い解決策の確立を心より待ち望んでいる。

特集:孤独な若者たち 〜なぜ彼らは封印指定魔法を使ってスイーツを作るのか

“魔法の歴史とは、すなわちおいしいスイーツの歴史である”

スイーツにまつわる言葉は数あれど、この世界で最も知られているのはゼノア・イルマリアの残した言葉だろう。

かの偉大なる魔法使いは、時間を極限まで圧縮させることで、材料さえ用意すれば即座にスイーツを作れる魔法を発明した。

しかし、スイーツの歴史の果てに待つものが暗黒であるのならば、魔法の歴史の果てに待つものもまた、暗黒なのかもしれない。

Maho ONLINEは、近年若者の間で流行している新興魔法サークル「パラノイア・メタノイア」を取材した。

パラノイア・メタノイアとは

パラノイア・メタノイアについて、『素晴らしき封印指定魔法の歴史』や『何故賢者は絶望を呪文にしたのか』、『邪神創造』等の著書を残しているセテラ・クタニ氏はこう語った。

「最近の若者は…などという言葉は好きではありませんが、『最近の若者でなくてよかった』と心の底から思います。
パラノイア・メタノイアは、人生が上手くいっていないなどといった悩みがある孤独な若者を、言葉巧みに勧誘します。

悩みなんてなにもないさ! 一緒にクッキーを作ろう! マドレーヌでもケーキでもいいよ! …という言葉でね。

その言葉に乗ってついて行くと――皆で仲良くスイーツを作ることになります。

最初は月に何回か。それから週に何回か。最後には泊まり込みで――という具合で。本人の意思ですから、対策のしようがありません。洗脳魔法の使用形跡もありませんし、捕縛することも難しい。

スイーツ作りが比喩? いえ、そういうわけではありません。文字通り、スイーツを作るのです。

ただ、その工程でパラノイデアルを使うのが問題です。みなさんご存知の通り、パラノイデアルはどんな偉大な魔法使いでも破滅させる危険な魔法ですから。

検挙は無理でしょう。かつてあった治安維持省が残っていて、私が省の人間だったら、施設に破壊魔法でも撃ち込むでしょうが」

パラノイデアル(正式名称:妄想を触媒とした衝動性創造魔法)は生命倫理の問題、術者及びその周辺に対する危険性から47ヶ国で封印指定を受けている。

パラノイデアル撲滅キャンペーンや、スクールカウンセラーによる思春期の学生に対するケアにより、近年ではパラノイデアル発生事案は減少傾向にある。しかし、発動の発作性、隠蔽性の高さから完全封印は非常に難しいのが現状である。

続きを読む

王大魔術科学生の8割がよくわからないまま魔法陣を描いている事が判明

昨年、レドゲス民主国が15歳以下の国民に教育を受けさせる制度を実験的に施行し、その教育内容が「ただ知識を詰め込んでいるだけの無意味な教育」だとして、エズカン教育推進教会から批判を受けました。

そんなエズカン教育推進教会本部が存在するユスティア王国も、教育において深刻な問題を抱えているようです。

ユスティア王立大学魔術科といえば、魔術師養成プログラムを行っている教育機関のうち、最高峰に位置する大学です。

そのユスティア王立大学魔術科の学生に対し、王立大学教育学部の学生が魔術の習熟度の調査を実施。

その結果、実践魔術においては高成績を叩き出す一方、基礎的な“魔術原理”の項目では異常に低い成績が出たのです。

特に驚きなのは、調査を受けた学生の実に8割が「魔法陣は描けるけどなぜ描かなきゃいけないのかはわからない」という状態だったことです。

そもそも魔法陣とはなんでしょうか? 我々が魔法陣と言っているものは大きく分けて2種類あります。

1つは魔術式の一種、“陣型魔術式”。

もう1つは魔術を行った際に発生する円形の模様、“魔力子放射”です。

魔法陣とはいわばこの2つの俗称なのです。

陣型魔術式は、魔術の構造をわかりやすく見えるようにし、なおかつ魔力を秩序立った方向へ導く為のルートとなるものです。術式を書かなくても複雑な魔術を扱えるラナヤン・レインマンのような魔術師もいるにはいますが、誰もがラナヤンのような魔物級の天才にはなれないので、普通は高度な魔術を行う時は術式を書きます。その中でもポピュラーなのが陣型魔術式なのです。

魔力子放射は、空気中に分散している魔力子という魔力を生み出す粒子の一種が湖面に雨粒が落ちるように円形の波を立てて流れる、いわゆる自然現象なのですが、魔術物理学と魔術工学の発展により、魔力子放射の波の形を自由に変化させることができるようになりました。

ではなぜ波の形を変化させる必要があるのか?

ここがまさに、ユスティア王立大学魔術学部魔術科の学生の8割が答えられなかった問題なのです。

王大魔術科のカリキュラムには、実践魔術の訓練として魔法陣の描画演習があります。そこで使う教科書の最初のページに、なぜ魔法陣を描かなければならないのかの答えが書いてあるのです。

私は王大の学生ではありませんが、特別なルートでその教科書を入手しました。

魔力子放射の制御は実践魔術において欠くことのできない技能である。

魔力は本来無秩序な力であり、なおかつ強力であるため、魔術師はその力の挙動に常に注意を払わねばならない。

魔力子の演算不可能な運動は制御によって演算可能となり、魔力の支配は容易になり、君や君のクラスメイトの腕は吹き飛ばされなくても済むようになるのである。

なぜ魔法陣を描く必要があるのか?

その答えは、「魔力子を制御して事故を防ぐため」です。

魔法陣は安全に魔術を扱うための大切な要素だったのですね。それ故に、王立大学魔術科は魔法陣描画演習の授業で多すぎるくらいに魔法陣を描かせるのです。

そのことが、学生が魔法陣を描くことに集中しすぎて魔法陣の意義を忘れてしまう、という状態を生んでしまったのはなんとも皮肉なものです。

呪いの藁人形を現世に密輸 関係者を逮捕

黄泉の国警察現世外交取締局は先日、呪いの藁人形を現世に大量密輸したとして、黄泉の国呪術工場代表取締役の自称呪術師「祟」を現世輸出法違反の容疑で逮捕しました。

当局の発表によると、呪術工場では呪いの藁人形以外にも多数の指定呪術品を密輸した疑いもあり、余罪を追及中との事です。

調べに対し祟氏は「現世、とりわけ日本では呪いの藁人形のような呪術品は高値で取引されている。金欲しさに密輸した」と容疑を認めています。

この事件を受けて現世外交取締局は、このような呪術品の流出は、現世における黄泉の国のイメージダウンに繋がるとして、 今後取り締まりを強化していく方針を発表しました。

なお今回流出した多数の呪術品は、黄泉の国警察日本支部が回収をしております。 怪しい呪術品を見かけた魔術師は黄泉の国警察までご連絡ください。

長年付き添った妻、精霊だった 夫の死とともに判明

ラスカリア国東部に位置するカンタ村にて、とある男性が息を引きとった。

農家を営んでいたマーリン・シュヒット氏(89)の家族は、60年以上連れ添った妻のフェリス・シュヒット氏(85)ただひとり。唯一の肉親に見守られながら、マーリン氏は病によりこの世を去った。

村の人々は悲しんだが、彼らの心を揺さぶった出来事はそれだけではない――妻のフェリス氏は、実は精霊だったのだ。

当時の状況について、夫婦と親しかったトムロイ・ミル氏(53)はこう語る。

「何が起きたのか、よくわかりませんでした。葬式のしばらく後、見舞いの品を持ってシュヒットさんの家を訪ねまして。ノックをしても返事がない。心配になって、思わずドアを開けてみたんです。そうしたら……」

当時、マーリン氏の家には、夫と死別したばかりのフェリス氏がいるはずだった。だがそこにいたのは、青く輝く結晶に似た、一体の精霊のみだったという。

驚愕するトムロイ氏の前で、精霊は自由自在に姿を変え、霧雨のようになって窓の隙間から飛び出した。それが去った後、トムロイ氏は改めて家の中を見渡してみたが、そこにはもはや誰の姿もなかった。

夫妻との思い出について、トムロイ氏は振り返る。

「若いころからの知り合いで、よく世話を焼いてくださいました。『息子のように思っている』と言われたこともあって、そのときは本当に嬉しかったものです」

照れたようにうつむきながら、言葉をつづけるトムロイ氏。

「村の中では、おそらく誰よりも夫妻のことを知っていると思っていたのですが……こればかりは、秘密だったんでしょうか。すこし複雑な気分ですね」

いかにも残念そうな声色だったが、昔を懐かしむような微笑みは崩さない。夫妻がいかに親しまれていたのか、その反応からも汲みとれるような気がした。

現在、シュヒット夫妻の残した家屋や土地などの遺産は、村人たちの合意の上、手をつけないまま保存されている。

迷子の使い魔を減らす装置、販売間近!

近年、魔法使いが大切な使い魔とはぐれてしまう事故が多く発生している。

特に集会が行われる時期は多くの魔女・魔法使いが交流するため、普段他の魔法使いに接することが少ない幼い使い魔が驚いて逃げ出してしまい、そのまま行方不明になってしまうケースが報告されてきた。

小型で足が速い使い魔は勿論、殊更魔力を使って移動する使い魔を追跡・保護することは困難であるとされており、多くの魔法使いが解決策を模索していた。

そんな中、ブルー・オウル社がMPPS(Magical Power Positioning System)を利用した使い魔追跡装置「My Familiar」の開発に成功したことを発表した。

「My Familiar」は、使い魔の魔力と自身の魔力を登録することによって使い魔が何処にいるかをモニターで確認することができる製品であるとされている。モニター1台につき3匹まで登録可能であり、複数の使い魔を所有している場合でも安心。登録した本人の魔力以外ではモニターが起動しないよう設定されているため、使い魔の盗難などの対策もされているとのこと。

開発責任者であるミナーヴァ氏は「不慮の事故によってかけがえのない使い魔を失い、悲しい想いをする魔法使いを減らすことができたらと考え開発を行った。2、3カ月中には各地域の専門店などでの販売を開始したい」とコメントしている。

増え続ける魔力増強薬の実態 〜その薬、安全ですか?〜

「この薬を飲めば魔力を増やせますよ」

そう言われたとき、あなたはそれを飲んでしまわないと言い切れるだろうか……?

近年、そんな薬に関する被害報告が相次いでいる。当然ながら法律では許可されていないが、「禁止もされていない」ことにより摘発できないのが現状だ。効果はあるのか? どんな成分が使われているのか? 増え続ける魔力増強薬の実態に迫った。

 

氾濫する魔力増強薬

魔法を使うには、魔力が必要だ。

そして、備わった魔力量というのは生まれつきのものであり、多い人と少ない人との差は一生縮まらないとされている。

進学や就職の際に魔力量による差別が存在することは、以前から問題になっていた。国も解決に向けて動いてはいるが、いまだ決定的な方策を打ち出せずにいる。

そんな中、梟通信販売や路地裏の魔法薬ショップなどでじわじわと広がりを見せているのが『魔力増強薬』、通称『魔薬』だ。筆者が確認したところ、販売されている魔薬は五十種類以上に及んだ。もちろん公には売られていないものの、入手するのは非常にたやすい。

飲むだけで魔力量を増やせる。そんなうまい話が本当にあるのだろうか? 誰しも「怪しい」と考えるはずだ。しかし「必ず魔力が増える」という甘い言葉に、ついつい飛びついてしまう人も少なくないのである。

 

気になる成分は

魔薬の原料になるのはサラマンダーの鱗やウンディーネの涙など、魔力容量が高いとされている素材だ。ほとんどは無害だが、中には材料を偽って売っているものもあるらしい。本当に無害かどうかわかったものではない。

そこで、筆者がとあるツテで入手した魔薬『マ○ョックΩ』について、王都大の魔法薬学研究室に成分解析をお願いしてみた。

宣伝文句は「ウンディーネの涙30%配合! たった数日で魔力増強効果を実感できます」というものだが、果たして……?

「解析結果ですが、基本的に人体には無害です。ただし、ウンディーネの涙は1%も含まれていませんでした。主成分は……クサレドラゴンの涎ですね、当然ながら魔力増強効果はありません」(王都大の魔法薬学研究室)

私を待っていたのは、案の定ともいうべき結果であった。私は丁重にお礼を述べ、研究室を後にして、トイレでさっき飲んだ魔薬をすべて吐き出した。異様に臭いと思ったらそういうことか。

しかし、こんなのは序の口である。

魔薬の中には非合法な材料を用いたものもあり、そういったものを飲んでしまった場合の人体への影響は未知数だ。例えば、こんな事例もある。

 

魔力増強薬が招いた悲劇

「主人がこんなになってしまって……」

悲しげな表情を浮かべるのは、H地区にお住まいのKさんだ。

「昔から人より魔力が少ないことを気にはしてたんですけど、まさかあんな怪しげな薬を飲んでしまうだなんて」

Kさんは庭を指し示した。

庭にある小さな池の中では、全身が虹色に輝く鯉が楽しそうに泳いでいる。

「魔力増強薬を飲んだ瞬間、みるみるうちに体が縮んで、鱗が生えて。慌てて庭の池に放り込んだらすごく元気に泳ぎ始めました。もう、私が話しかけても『餌』以外の言葉には反応してくれません」

Kさんは肩を落とす。

魔法病院に連れて行ったら「魔法生物病院に行け」と門前払いを受け、魔法生物病院では珍しい個体として解剖されそうになったので慌てて逃げ帰ってきたという。

「私はこれからの人生、虹色の鯉を主人と呼んで生きていかなければならないのでしょうか」

私はかけるべき言葉がみつからず、そっと差し入れの水草を置いてその家を後にした。

 

総括

というわけで、市販されている魔薬の効果のほどは非常に疑わしい。

私が入手した薬に関しても、あのクサレドラゴンと間接キスをするぐらいで済んだのだからありがたいと思うべきだろう。虹色の鯉にでもなってしまったら、原稿が書けなくなってしまう。

魔力が少ないことにお悩みの皆さん、気持ちはわかる。私もそうだ。だが、法律で許可されていないということは、現状何の規制もされていないということだ。どんなに危険な材料を使っていたとしても、あなたにはわからない。毒が入っているかもしれないし、依存性の劇物が入っているかもしれない。事実、そういう事例だって存在するのだ。

怪しげな薬に手を出す前にもう一度考え直してほしい。

その魔薬、本当にあなたの人生を賭けるに値するものですか……?

ファイアボールの作成者、ファイヤーボールを著作権侵害で提訴

どちらがオリジナルなのか――著作権問題は魔法界においては決して珍しいものではないが、今回のケースはあまりにもユニークである。

事の発端は6ヶ月前、まだ冬の寒さの続く頃に遡る。極東魔導協会のとある魔導師が「ファイヤーボール」なる炎弾を射出する魔法を開発し、これをオリジナル魔法として登録した。これに対し、「ファイアボール」を開発した魔法団体「深淵の灯火」が著作権侵害として訴訟を起こしたのだ。

ファイア側はファイヤー側に対し、

「英語で表記したらどちらもFIREになる。これは完全なパクリであり甚だ遺憾である」

とし、賠償及び名称の変更を要求。一方、ファイヤー側は弁護士を通し、

「深淵の灯火とか名乗るセンスの持ち主には分からないかもしれないが、自分のこの魔法を大袈裟であったりひねった名前で呼ぶ恥ずかしい趣味はない、焼くぞ」

と、徹底抗戦の意思を示した。まさしく火に油を注ぎあっているような今回の裁判、どちらかが燃え尽きるまで決着しないであろうことは想像に難くない。

突然の会社資金凍結 人にしか効かない氷魔法が法人にも効いてしまう

昨夜未明、対人用の氷魔法「アイスノム」によって法人資本が凍結されるという事件が発生した。

凍結被害を受けた法人は冷凍食品製造会社JISUI Tech(株)。代表取締役のシス・イーガイ氏は「朝出社したら口座から資金を引き出せなくなっていた。訳が分からない。凍らせるのは冷食チャーハンだけで十分だ」と語っている。

(画像はJISUI Tech(株)の冷凍食品製造工場イメージ図)

 

今回使用された氷魔法「アイスノム」は、主に病気による発熱時などに使われる対人用の氷魔法であり、基本的には微弱な冷却効果しかない。しかし大量の魔力を込めた場合や、複数人で発動した場合などには、きわめて強力な効果を発揮することもあり、過去には死亡事故も起きている。

警察は、単独犯と組織的犯罪の両方の可能性を視野に入れつつ、慎重に捜査を進めている。

魔法の発動条件に詳しい専門家でデリシャス大学准教授テフニシャン・ナ゛氏は、「『法人』が制度上『人』として扱われるということが、犯人によって悪用されたのではないか」と指摘している。

さらにナ゛氏は、似たような事例が今後も生じうるとして警鐘を鳴らす。

「『アイスノム』の発動条件における『人』概念は、以前から定義があいまいだと指摘されていた。近年は経済発展にともない、株式会社などで『法人』という特殊な概念が用いられるようになってきた。そのため従来の素朴な『人』概念では、魔法を適切に運用できなくなっている。類似する事例は今後も発生すると考えられるため、『人』概念にかぎらず様々な概念について、早期の対応が求められる」

事件を受けて、政府は概念魔法学者らによる緊急対策チームを設置。生きた人間を「法人」から分離する概念として、「自然人」概念の錬成作業が行われている。