気象情報

【気象情報】各地に異常寒波襲来 氷竜不調か

季節外れの寒波が襲来し、政府が防寒の徹底を呼びかけている。

原因について、専門家たちは「アイスドラゴンの風邪」とおおむね一致した見解を出している。

筆者が国境なき魔法医師団に取材を試みたところ、拠点はもぬけの殻であり、机の上には「氷竜に風邪薬を届けに行ってきます」とメモだけが残されていた。

アイスドラゴンは『世界の果て』に棲む1頭の巨大な竜である。この竜が一日に一度吐き出す氷点下の息は、世界の果てからはるばる海を渡ってこの大陸までやってくる。海を渡るあいだに温度が上がり、たくさんの水蒸気を含んだ空気の塊となって大陸へ到達、各地に雨をもたらすのである。

しかしアイスドラゴンが風邪をひいてしまった場合、吐き出す息の温度は絶対零度付近にまで下がり、息は氷点下のまま大陸に到着してしまう。

今回の寒波はそれが原因であると予想されている。

温暖な気候で知られるアンガスの森では、数百年ぶりに樹木に霜が降りた。

アンガスの森で暮らすエルフたちも異例の事態にてんてこ舞いだ。

「耳当てがね、ないんですよ」

エルフ族・ヴェイナ氏は語る。

防寒着の備えがなかったため町に出ていろいろと買い込んだはいいものの、耳当てだけが見つからなかったという。

「ほら、私たちって他の種族より耳が長いでしょう? 普通の耳当てだと、飛び出しちゃって意味がないの。だからって無理に折り曲げると痛いし、ねえ」

ヴェイナ氏の両耳には、机の脚に着けて床に傷が入るのを防止するためのカバーがすっぽりと被せられていた。

「あっ、これは代用してるだけなの。あんまり見ないでっ」

人々は寒そうに俯き、足早に行き交う。普段は活気がある町もなんだか静まりかえっている。と思ったら、公園のほうからは元気そうに遊ぶ子供たちの声が響いてきた。

「アイスドラゴンさんがいる『世界の果て』って、とっても寒いんでしょう? 風邪ひいちゃうぐらい寒いところにずっといるなんてかわいそう。わたし、いつかアイスドラゴンさんにも着られるようなおっきなコートとマフラー編んで、届けにいってあげるの!」(公園で遊んでいた女の子)

寒空の下で取材してまわっていた私は今にも凍えそうであったが、心はほかほかと温まった。

アイスドラゴンの棲む『世界の果て』までは最短でも1週間かかるため、寒波もあと1週間は続くとみられている。

風邪などをひかないよう、しっかりと防寒対策をおこなってほしい。

アリタ彗星 誘致に成功

国立商産業院素材管理課は本日、かねてから観測を重ねていたアリタ彗星の誘致に成功したと発表した。

アリタ彗星は字宙空間に含まれる希少な魔力素を含有した氷や、古代魔術式を内包した月の塵などを多く含む特定箒星体のひとつ。シリウスの位置や月引力などの一定条件がそろった場合にのみ発生・飛来するもので、今回の飛来はおよそ150年ぶりとなる。

前回の飛来時に採取した素材から、月と星の位置から移動魔術の精度と安全性を革新的に向上させる魔術式が解明されており、今回の飛来にも期待が高まっていた。

彗星の着陸地はウィステリア地方北西の旧皇立星読院跡地を予定しており、同課は本日から起算して二回目の満月の日に合わせて着陸させる方向で調整を進めている。

着陸後は特殊素材調査保存委員会による冷却保存魔法の構築が開始され、当該魔法が成立次第、一般魔法使いの立ち入りや素材採取が開放される見込み。なお、アリタ彗星から採取された素材の加工には特殊魔具取扱員3級以上の免許の所有が必要となる。

南部ハウザルで50年に一度の記録的な“女の子”降り(気象情報)

王立星読院は、ハウザル地方で記録的な“女の子”が確認されていることを発表しました。これほどの降下量は、元治世では初めて。アウストル城塞、アトス市、ダデ市、プラム村では女子警報が発表されています。

“女の子”降りは、ハウザル地方で確認される局所的な気象現象のこと。学術的には未だ原理が不明な部分が多い一方で、空から女の子が降ってくる6月の南部ハウザルは観光シーズンとして賑わっています。

王立星読院は「女の子が屋根を突き破る可能性がある」とコメント。既にアトス市では累計876人、ダデ市で198人、プラム村では280人の降下が観測されており、今季の“女の子”降りは受け止めきれるものではない模様。既に幾人かの女の子が農耕地に突き刺さっており、マンドレイク農家は雄株への影響を懸念しています。

集中的な降下が確認されているアウストル城塞では24時間で3000人を超える降下量を記録。受け止められずに着弾した女の子による被害が広がり、多数の建造物や街路が損傷しています。

ハウザル地方を訪れた観光客は、
「受け止めに来たが、あまりに多すぎる。まるで迫撃魔術だ」
「女の子との物語が始まる前に、自分の命が終わってしまう」
と、複雑な心境を語りました。

南部ハウザルでは、女子警報が発令されています。真上からだけでなく、鋭角に降下してくる女の子にも注意が必要です。王立星読院は引き続き、性別によらない受け止めを呼び掛けています。