「それドロップちゃう、高濃度マナ結晶体や」 天才のルーツは「誤飲」

朱雀院刹子の名を知らない魔導師は、もはやいないだろう。

あらゆる魔術を無詠唱で発動させ、数多の魔導師が不可能と諦めたクラインの迷宮を19歳の頃に踏破。多くのエルフがその長命さゆえに冠される「生ける伝説」という称号を、人類種かつ20代にして欲しいままにしている文字通りの天才である。

そんな刹子さんに今回、独占インタビューをすることができた。

──という訳で本日はよろしくお願いします。

朱雀院刹子(以下、朱):よろしくお願いします(笑)

──どうかされましたか?

朱:いえ、まさか前文を読みあげるとは思わなくて……すごく恥ずかしい(笑)

──それは失礼しました(笑)

──では早速なのですが、今では天才と呼ばれている刹子さんって、幼少期はどんな子どもでしたか?

朱:あまり自覚はないんですけど……周りからは好奇心旺盛な子でたいへんだったと聞いてます。

──ひょっとすると現在のセンスもその辺りで磨かれたのかも?

朱:自分で言うのもなんですけど、そうかもしれませんね(笑)。でも直接的な理由は、多分父方の実家なんですよ。

──ご実家というのはひょっとして東方の名家、朱雀院家ですか?

朱:今はもう家から離れてるので、実家とも言いにくいですけどね(笑)

──これは失礼しました。

朱:いえいえそんな! 今でも仲はいいですよ。

──そうなんですか! 良かった(笑)。ちなみにご実家を離れた理由をお伺いしても?

朱:両親が守られてばかりは嫌だって祖父を説得して、私が小さい頃に家を離れたんです。

──なるほど。だから刹子さんの魔術体系がこちら寄りなんですね。

朱:そんな感じですね。

──すっかり話が逸れてしまいましたが、天才のルーツがご実家というのは…?

朱:実はそっちの方がしょうもない話でして(笑)。両親に連れられて出る私に、祖父が天鳥之雫(アメノトリノシズク)っていうのをお守りとしてくれたんです。

──えぇ!? それって国宝レベルじゃないですか! 今もそちらをお持ちで…?

朱:食べちゃいました(笑)

──何してるんですか!?

朱:母と同じ反応(笑)。アメノ〜まで聞いて飴ちゃんだと思っちゃって。

──確かマナ結晶体って体に入れたら拒絶反応で死…

朱:みたいですね(笑)。だから母も慌てて、「セツコそれドロップちゃう! 高濃度マナ結晶体や!!」って。幸いというか奇跡的に私の身体に馴染んだみたいで、そこからどんな魔法もなんとなく使えるようになりました。

──なる…ほ…ど……? もっと沢山お話伺いたいのですがそろそろお時間が、最後に読者の皆様に一言お願いします。

朱:ありがとうございました! では、食べ物かどうかは最後まで聞いてから判断しましょう!!!

モンスターの卵、盗難相次ぐ

辺境の村、ソルバのワイバーン人工ふ化施設などで、ワイバーン計56匹の卵が持ち去られていることが、先月分かった。村内では同様の手口でキマイラの卵も盗まれている。関係者は、錬金術で使用するモンスターの卵の需要が高くなったことで卵に希少価値が出たことが背景にあるとみて、警戒を強めている。

王都ワイバーン増殖事業協会(王都ウィザナザレ)によると、管理しているソルバのふ化施設で25日朝、職員が飼育場近くのワイバーンが暴れているのを見つけた。原因を調べると卵が持ち去られていた。持ち去られた卵は56個、その内数個は、王都の飛龍隊に送られるはずの卵だった。

ソルバの西地区でも9日、キマイラ25匹の卵が盗まれていたという。いずれも職員不在の間に何者かが侵入したとみられ、協会は犯人を探し出すために、王都飛龍隊と冒険者に依頼を出すことを検討している。

星屑祭にファイオン襲来、三万人以上が死傷

1月31日、火を操る大型の獣ファイオンがバーデン国のイグルボナ市を襲撃し、三万人以上が死傷、約一万七千戸が全焼した。

ファイオンとは翼の生えた火を操る大型の獣であり、その火力は大規模魔法にも劣らないとされている。本来は砂漠のような場所を好み、滅多に人里には現れない。ウロル国立メルカヒルド大学幻獣学部の教授であるマルヒトッヒ・フリードリヒ氏は「今回の襲撃は昨今急速に広まった砂漠緑化活動により、住処を奪われたと感じたファイオンが報復措置を行なったのではないか」と分析する。

襲撃時、イグルボナ市は毎年1月31日に行われる星屑祭の真っ最中であり、多くの人が訪れていた。治安維持局、災害対策局の話によると、突如として現れたファイオンが街を焼き始め、パニックを起こした人々が街に溢れかえった結果二次災害が起こり、被害が拡大したとのことだ。

現在、元凶であるファイオンは捕獲され、この事件は解決されたが、治安維持局巨獣対策課に所属するバヤルド・グリーデマン氏、ロッド・スキマーニ氏の2名と災害対策局火災部に所属するホーネット・ヤードラ氏の計3名が殉職した。また、バーデン国は犠牲になった人々の慰霊祭を2月12日に執り行う予定だ。

なお、国際環境保護連盟は今回の件を受けて、砂漠緑化活動団体を認可制にする為の審議とともに、地球環境保護政策の抜本的な見直しを行なっている。

アストラル図書館存続の危機 資金難の原因とは

全宇宙の情報をすべて記録しているとされる一枚の石盤、通称アカシック・レコード。この巨大な石盤が安置されているのが「アストラル図書館」である。

しかし近年、とある原因で資金難に陥っており、このままでは閉鎖になりかねないという。

「アカシック・レコードの膨張スピードが、増加しつつあるのです」

アストラル図書館でおよそ三万五千代目の館長を務めるホルヘル氏は、資金難の原因についてこう語る。

「アカシック・レコードを取り囲むように建てられているこの図書館は、その膨張に合わせて十年に一度の改築をおこなっています。それが追いつかなくなってきているのです」

アカシック・レコードにはこの世のすべての情報が記載されているが、世界が存在する限り、情報の総量というのは刻一刻と増え続けるものだ。当然、石盤もそれに伴って少しずつ膨張していく。

しかし近年、石盤の膨張速度が急に大きくなったという。

「近年の情報化社会によって、世界に存在する情報の総量が異常な速度で増え続けた結果だと考えています」

項垂れるホルヘル氏。その背後では、ちょうど石盤が図書館の柱をメキメキと押し潰しているところだった。

今では二年に一度改築しても石板の膨張速度に追いつかないという。改築が終わらないうちに新しい部分の改築が始まり、やっと改築が終わった場所はさっそく石盤に押し潰され、今や図書館というより崩れかけの廃屋のごとき様相を呈している。

作りかけの足場も容赦なく押し潰されることで作業員にも死者が出ており、お悔やみの言葉が弔いの儀式に大量に寄せられ、それによって石盤がさらに膨張するという悪循環。

「最近の若い魔法使いは通信魔法器具を肌身離さず持ち歩き、常に誰かと連絡を取り合っています。交わされるメッセージひとつひとつは短くとも、集まれば膨大になるでしょう。さらに風景転写魔法の発達により、自分の見た風景を気軽に他人と共有できるようになりました。転写された風景の情報量は、会話の比ではありません。それらをすべて記録する石盤が異様な速度で膨張するのも、仕方のないことでしょう」(魔法記録学の権威レコルダル氏)

近年取り沙汰されている「情報化社会」の影響は、こんなところにまで及んでいた。

「手紙の慣習は廃れつつあり、古き良き梟便は採算が取れずに廃業の危機だそうですね。これも時代の流れとして仕方のないことなのかもしれませんが、第三万五千、いや六千……えーと……三百……七百かも……とにかく、およそ三万代目の館長としてここを潰すわけにはいきません」(ホルヘル氏)

館長は本日未明、全世界に向けてアストラル図書館への支援を訴える声明を発表した。これは異例のことであり、各国に波紋が広がっている。

いつから存在するのか、何のために存在するのか、すべてが謎に包まれたアカシック・レコード。この世の情報すべてが記載されているというが、そこに刻まれた文字は誰にも読むことができない。

その重要性はさておき、よく考えてみれば図書館がなくなってもアカシック・レコード自体は存在し続ける。

ということは、別に図書館がなくなっても困らないのではないか。

「困りますよ! なくなったら、その、なんというか、アレがアレされます」

私がぶつけた疑問を、ホルヘル氏は慌てたように否定した。

アレがアレされることを防ぐため、各国はどういった対応をおこなうのか。今後の動向を注視していきたい。

再注目される空飛ぶ箒 ダイエット本が人気

「空飛ぶ箒はもう古い」……若年層からそんな声が出て久しいが、箒という移動手段はまた日の目を見ることができそうだ。

最近、若い魔女たちの間で「空飛ぶ箒ダイエット」が話題になっている。

きっかけとなったのは、マージニア・シヤーセル著『飛ぶだけ簡単! 箒通勤ダイエット』(Witch Craft出版社)のヒットだ。エルフ語、ドワーフ語など600を超える言語に翻訳され、各世界で「空飛ぶ箒ブーム」の再来を引き起こしている。

マージニア氏は、第2640回から第2703回の空飛ぶ箒選手権5000キロメートルで活躍。第2641回から第2644回までの間、5000キロレースの世界女王として君臨したことで有名だ。

プロの箒レーサーを引退してからはコーチとして活躍。近年では、各世界で話題となった「若者の箒離れ」を打開するため、初心者向けのカジュアルな箒教室を運営していた。

「最近は家に箒がない家庭も多い。教室に来て初めて箒を触ったと言う人もたくさんいらっしゃいます」とマージニア氏。

教室では、箒の扱い方や乗るときの姿勢だけでなく、手入れの仕方まで丁寧に教える。

「人それぞれ、体型に合った箒の形や材質があります。ぴったりのものを教えてあげると、みなさんとても丁寧に扱ってくださりますよ」

『飛ぶだけ簡単! 箒通勤ダイエット』では、種族・体型別のカテゴリに分けた箒選びのコツや、実際に空を飛ぶときの姿勢の注意点に触れる。初めて箒に触れるという人が、空飛ぶ箒を始める最初の一歩として本書を買えるように構成されている。

読者諸氏も気になるダイエット効果だが、太腿で箒の柄を挟むことで足やせ効果、いい姿勢を保つことで猫背やぽっこりお腹の改善につながるとマージニア氏は語る。

「飛行魔法は便利ですが、体の筋肉を動かしません。だからといって、体を動かすために歩いて通勤なんて無理ですよね。箒なら、空を飛んで速く通勤しながら、効果的にほどよい筋肉をつけることができるんです」

インタビュー中、マージニア氏のご厚意で、筆者も空飛ぶ箒に初挑戦した。確かに太腿で柄を挟むのは、長時間続くと一般の魔法使いには厳しい。しかし、10分程度の通勤や移動くらいなら無理なく続けられるように感じられた。

さっそく、近隣の取材に向かう際は「箒ダイエット」に挑戦してみたいと思う。初めて箒に触れる人も、久しぶりという人も、このブームに乗ってみてはいかがだろうか。

天才の妹が「消滅」 覚えているのは兄だけ

ハウザル地方のプラム村に住む少年、ケネスさん(15)が実在しない妹の存在を叫び出し、心療内科にて幻想朋友病と診断された。

しかし、それから数日後の夜、少年の母ジェニファーさん(41)はあることに気付いたという。物置として使っていたはずの部屋が、女の子に用意するような子供部屋に様変わりしていたというのだ。まさかと思い、ジェニファーさんが息子に訊いたところ、「まさしくそこがシャロンの部屋だった」と涙ぐみながら答えられたというのだ。

ジェニファーさんが警察に相談すると、警察は禁術魔法による他殺の恐れがあると捉え、すぐに捜査が開始された。法律で禁止されている禁術魔法の一種、オブリビオンの使用により記憶が書き換えられている線で捜査を進めていたが、ケネスさんへの事情聴取によって事態は一変する。

ケネスさんの話によると、魔導師志望だった妹のシャロンさん(13)は卒業魔法という専門魔法を作り出すことに成功していたようだ。そして最後に会ったときには、「ようやくできたよ。卒業する魔法」とケネスさんに笑いかけていたという。

警察は問題の子供部屋から見つかった紙切れの山を、魔法を作るために試行錯誤したものだと断定。魔導書製作会社エーダムに協力を要請し、シャロンさんが作った卒業魔法を再現するプロジェクトが立ち上がった。

それから二週間、ようやく再現に成功したものの、魔導師たちは愁嘆の声を上げる。

「こんな魔法を13歳の女の子が作ったなんて、にわかには信じられません。しかし、天賦の才をこういった形で使うことになるなんて」

シャロンさんが作ったとされる卒業魔法、それは人生を卒業する魔法だったのだ。再現プロジェクトでも、おそらく一人から数名の魔導師が卒業魔法により消滅したと考えられている。

警察は今回の件をシャロンさんの自殺と扱い、消滅したエーダムの魔導師について調べている。

伝承の勇者、名乗り出る 「自分のことでは…」と気づき

一騎当千のパラディン、少女と洞窟の竜、七体の精霊の泉……世界にはさまざまな伝承があり、古来から現在まで、その多くが絶えることなく伝えられつづけている。

中でも、北方のライアン=ベル地方に広がる「勇者」の伝承は、その代表と言っても過言ではないだろう。数百年前、ライアン=ベル全域を暴虐な手段で統べていた巨悪・橙魔族を、たったの一夜で撃破したひとりの人間。その噂は瞬く間に広がり、今では種族や年齢を問わず、同地方で暮らす誰もが知る物語となった。

さて、そんな勇者であるが、このたび本人が見つかった。伝承を耳にして「もしや自分のことでは…」と思い、自ら名乗りを上げたのである。

続きを読む

舞い踊る人形たちの祭典! ドールダンスの世界大会が開催決定

今月27日、音楽に合わせて魔導人形を躍らせ、その美しさなどで勝敗を決める「ドールダンス」の世界大会の予選が行われることが発表された。開催地は、魔導人形の生みの親であるレーツィル・ダウゴ氏の故郷であるロダンス王国。

世界規模での開催は今回で2回目。各国のファンからは開催に喜びの声があがっている。

ドールダンスは、術者の魔法を組み込み思い通りに動かす魔導人形を用いる。

専用の魔法を使用するうえ、人形を買おうと思えば相応の値段がかかる。出場者の中には人形を一から自作する強者もいるが、魔法の知識だけでなく人体の構造についての知識も必要なため初心者は手が出にくい。

難しいといわれているのは、動かすことはできても、それが生き物のような動きを再現できているかは別問題になってしまうという部分だ。特に踊りの美しさや動きが重視されるドールダンスは、精密な魔法操作が必要となる。

しかし、最近では魔法の発展により細かい設定をしなくともある程度は動かすことのできる、半自律型の魔導人形も出てきている。半自律型の登場を受け、ここ数年でアマチュアの大会も増えてきている。

今大会の優勝候補筆頭は、前大会で圧倒的な力を見せつけた、日本という小さな島国出身の二国道成氏。

彼の強みは、日本の伝統舞踊を取り入れたゆったりとした動きだ。意気込みを取材すると道成氏は「伝統と魔法をうまく組み合わせた、故郷の風景や歴史を感じ取れるような踊りをしていきたい。」と答えた。

また前回大会で2位だった開催国であるロダンス王国出身のグラベル・エイリオ氏は「母国での開催であるうえ、前回の悔しさをここで晴らしたい。」と語った。

グラベル氏は二国氏とは真逆のダイナミックな動きを主体としたダンス。この2人を中心に人形使いたちの熱い戦いに期待が高まる。

ふわり、ふわふわシルフィーのシフォンケーキ

唱える魔法はひとつだけ、“ワンスペリング・クッキング”のコーナーです。

今回紹介するのは、シルフィーパウダーを使ったシフォンケーキです。

材料は以下のものをご準備ください。

用意する材料

今回作る大きさ(人間種用 21センチのシフォンケーキ型)

材料
·エアーバードの卵 6個 ※それぞれ卵黄と卵白に分ける
·エアリーフラワー 120g
·天空花の蜜60g
·天空花の油 35cc
·シルフィーパウダー 20g(更に軽さを感じたい方は30gまでなら増やしてもokです)
·天の川の滴 35cc

手順

①エアリーフラワーはダマが無くなるまで2~3回ふるっておく。
この間にオーブンを180℃で予熱しておく

②分けた卵黄を簡単に溶きほぐし、
天空花の油と天の川の雫を少しずつ入れながら混ぜ合わせる。

③「②」が均一になったら、
エアリーフラワーとシルフィーパウダーを入れて軽く混ぜる。
粉っぽさが無くなるくらいまで。

④卵白に天空花の蜜の3分の1を入れて、
高速回転魔法をかけて行く。
白っぽくなってきたら残りの蜜も少しずつ足していき、
最終的に角が立つくらいのメレンゲを仕上げる。
(ボールをひっくり返しても落ちないくらいの硬さ)

⑤「④」のメレンゲをホイッパーでひと掬いし「②」と混ぜる。
混ぜ合わさったら、「④」の残りのメレンゲも入れて
気泡が潰れないように上の方の生地から混ぜ合わせ、
底の方からも掬い上げて均一になるようにする。

⑥生地が出来たら型に移し、焼く前に型を2、3回落とし、空気抜きをする。

⑦予熱していたオーブンに入れる。
180℃で10分経ったら160℃に温度を落として更に20分焼く

⑧焼き上がったら、高いところから再度2,3回落とし、
焼き縮みを防いだ後で型をマグカップの底に逆さまにおいて冷まします。

⑨ 3~4時間程で冷めるので冷めたら型から取り出して完成です。
※冷却魔法を利用して早く食べたいところですが、
一気に冷ますと風味やせっかくの効能が薄れてしまうため、
焦らずじっくり待ちましょう。

食べる際にはクリームやお好きなフルーツでデコレーションして
お召し上がりください。

☆今回のポイント☆

回転魔法の、使用で面倒なメレンゲ作りを簡単に!

ぜひ、皆さんもこの休日に作ってみてはいかがでしょうか。

なお、今回ご紹介したシルフィーのシフォンケーキは非常に口当たりが軽くいくらでも食べれてしまいそう食べ過ぎてしまいそうですが、シルフィーパウダーの成分の影響で体が非常に軽くなり、浮き上がってしまうこともあるためお気を付けくださいませ。

ゴーレム族、宝石化問題が深刻な状況

近年、ゴーレム族で宝石化現象が非常に問題になっている。

魔法族からの独立後、他国との交流から死の概念が浸透した。その影響か後期の劣化した魔石での交配が多くなり、新機体に異常が見られるようになった。魔石交配で魔力を分配することで縮む寿命を懸念してのことと推測される。

また同時に、魔石交配からの新機体発現率も低下している。すでに体の一部が硬化している機体が多くなり、起動に問題が出ている。そのためゴーレムとして十分に働ける機体が減少傾向にある。

それにより国益は激減し、状況は芳しくない。対策として、早めの魔石交配を推奨されるが遵守する機体は少ない。

マサドコア国政府は機体減少を深刻に捉えている。人工生命独立のモデルタイプとして発足した国だけに、なんとか踏みとどまってほしいと、ゴーレム研究家のネレニア・サルドル氏は語った。ゴーレムを労働力としても雇用していた周辺諸国からも早期解決が期待されている。