ゾンビに人権が認められる – バラグビア

芽吹きの月3日、バラグビア教皇庁は正式にゾンビの人権を承認すると声明した。ゾンビの人権が認められたのは世界初。

バラグビアは、複字教の聖地を擁する宗教国家。教皇を中心とした厳粛な政治体制で知られ、近年「聖地で死にたい」という観光客が増加、ゾンビ人口の急増が社会問題となっていた。

肥大する国内のゾンビ人口に対応する形で、バラグビア教皇庁はゾンビの人権を承認。正式な声明を発表した。

複字教では死者に人権を認めておらず、ゾンビ人権の承認は複字教国としてはきわめて異例。

神学者の見解では、ゾンビの人権問題を考えるにあたって重要な争点となるのは「心臓の鼓動」だった。

複字教の聖典には「聖者は心臓の音を聞き、人か悪魔かを見分けた」という一節がある。通常、ゾンビは既に心肺停止状態にあり、鼓動がないため悪魔の一種という判定を受けてきた。

しかし今回、ゾンビ側は「自らの心臓を手掴みで動かす」という方法で心音の問題をクリア。バラグビア教皇も「ハツが動いてんなら、人でええんちゃう」と笑顔を見せた。

「これまで我々は、人間と変わらぬ心を持ちながら、非人間的扱いを受けてきました」

喜びの声を上げたのは、ゾンビ人権団体代表のトゥフナット氏。氏は二十三体のゾンビが合体した、合成ゾンビとして知られている。

「これを機に、各国もゾンビの人権について再考すべきですね。……おっと失礼」

そう語るトゥフナット氏の八番目の顔が、弊社記者を丸呑みにした。

弊社記者はトゥフナット氏の二十四番目の合成体となり、めでたくトゥフナット氏付きの番記者へと配置転換された。平均2年から3年は精神も吸収されずに独立しているため、継続的な取材が可能な見込みだ。

一夜にして世界有数の人権先進国となったバラグビア。今後の動向に着目したい。

自己紹介にご注意を ~名取の一族~

突然だが、あなたは自分の名前の由来を知っているだろうか?

“名前”──それはあなたがこの世に生を受けた祝福として、いちばん最初に贈られるプレゼントだ。

「名付けの儀式」 原始の魔法忘れるべからずで紹介されているように、存在だけでなく事象に対して“名を付ける”という行為は非常に強い意味を持ち、また重要であるということは、記事を読まれたあなたなら理解しているだろう。

ちなみに、私のライターネームは季節に由来する。名前について話題を振っておきながら、なぜはっきりと明記しないのかと苦情が来そうだが、深く話せない理由はこれから紹介する内容にある。

“名取りの一族”をあなたは知っているだろうか。

彼らはその名が示すように、相手の“名”を“取”りその勢力を伸ばしてきた一族である。

冒頭でも述べたように、名前を持つということは、非常に重要なことである。なぜなら、名前はあなたとこの世界を繋ぐための“鎖”だからだ。

では、その名前が奪われてしまったとしたら。
奪われてしまったモノがどうなってしまうのか……。
想像には難くない。

“名取の一族”に関する情報は少なく、現在でも謎に包まれている一族のひとつである。

『いいかい。XXX──。
本当の名前を教えてはいけないよ。
名前を明かすということは、魂を明け渡すも同然だからね』

子供のころに祖母からさんざん──それこそ耳にタコが出来るほど聞かされた忠告を、この記事を書いている最中に何度も思い出した。

今思えば、祖母は彼らに関する情報を知っていたのかもしれないが、既に輪廻の輪に乗ってしまったため確認する術がないことが悔やまれる。

ただひとつ、この記事を読んでいるあなたに私からアドバイスをするとすれば、不用意な呼び掛けには応じるべきではないかもしれない。

もしかしたら、あなたのよく知っている友人や恋人が“名取の一族”である可能性がないとは言い切れないのだから。

“水中に美しく舞う華” マーメイド・アーティスティックスイミング世界選手権開幕

毎日暑い日が続く夏こそ、イベントで思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、海辺でのイベントをご紹介します。

“一鰭乱れぬ美しき水中の舞”──マーメイドのアーティスティックスイミングの世界大会が開催されます。今年はイタリアが会場として選ばれました。

地中海で世界各国の代表選手がその美技を競い合います。
今回は2人1組で行われるデュエット、男女2人1組のミックスデュエット、8人1組のチームの3つのジャンルが行われます。

注目選手はやはり、デュエットで20大会連続優勝と言う記録を打ち立ている、デンマークのカーヤ・エルフィー/アーデリア・エルフィー姉妹のペアでしょう。更なる記録の更新に期待が高まります。

また、今大会で初めて開催されるミックスデュエットについては、日本のミズチ・リョウタ/ミナヅキ・レイペアが弱冠100歳での世界大会出場とのこともあり、各国が注目しています。

本紙ではこの度の大会に向けて、両選手の意気込みを伺うことが出来ました。

「初めての世界大会で、すごく緊張しますが、今まで練習してきたすべてをこの大会で出していきたいと思います。」

─ミズチ・リョウタ選手─

「エーゲ海で演技することは目標のひとつでもあったので、精一杯やりきってこようと思います。」

─ミナヅキ・レイ選手─

また、期間中は大会と連動した様々なイベントも開催されるとのことで、人魚の鱗を模したキャンディーや、ヴェネチアンガラスとコラボした鱗守り、人魚の雫のアクセサリーの販売や人気選手との記念撮影会などその他もイベントが目白押しです。

この夏の思い出に、美しき水中の演舞を楽しんでみてはいかがでしょうか。

オルフェウス氏のワールドツアーが開催決定 ~癒しの音色をあなたに~

寝苦しい夏の夜にこそ、素敵な音色に癒されてみてはいかがだろうか。

世界的に有名な竪琴の奏者である、オルフェウス氏のワールドツアーのスケジュールが発表された。

オルフェウス氏といえば、竪琴奏者の第一人者としてその名を馳せ、精霊となった現在も精力的に活動を続けている名奏者である。彼の奏でる音楽は、『聴けば30秒で眠れる』と言わしめるほど高いヒーリング効果でも知られている。

また、近年オルフェウス氏とエウリュディケー夫人の純愛が映画化されたこともあり、若い世代の間では愛妻家としても名が知られている。

今回のツアーはエウリュディケー夫人が全面的に演出を担当しているとのこともあり、夫人を携えてのツアーになる。

ワールドツアーは来年7月に極東の島国『日本』でのスタートし、約1年かけて世界各地を巡る。ゴールはオルフェウス氏の出身地でもある『ギリシャ』となる。

夫妻は、ツアーの始点に『日本』を選んだ理由として、夏の時期に「こと座」が『日本』の天空に上がるためと発表。

「こと座」はオルフェウス氏の功績を讃え、氏のアイデンティティーでもある竪琴を象って作られた星座であり、「星の瞬きとともに音楽を楽しんで欲しい」という夫人の意向でスタート地点を決めたことが明かされた。

更にこの度のツアーに先駆け、来月およそ175年振りとなる新作アルバムが発表される。

オルフェウス氏はこれまでに約250枚のアルバムを発表しており、その売上枚数は累計でおよそ20億枚といわれている。

今回発表されたアルバム『Schlaf』は既に3000万枚の予約が確定しており、どこまで売上が伸びるか注目されている。

※オルフェウス氏の最新アルバム『Schlaf』ジャケットデザイン

ツアーチケットは来月1日に世界同時で先行販売される。

前回はわずか5分で完売しただけに、今回のチケット争奪についても激戦は間違いないだろう。

“名もなき花”は混沌の存在だった? 一部研究者に失踪の疑い

多くの詩人が言及しているものの、その実在性を確認できず種として認められていなかった“名もなき花”が混沌(平行世界の間に存在する“世界の狭間”)の存在であることが判明した。

(画像には“名もなき花”と関係のない植物を使用しています。)

トゥリエンデ・フローズ教授率いる魔法植物研究チームの発表によると、“名もなき花”そのものは混沌の中でも特に深い場所に存在するが、魔法の発動などで生じる“次元の歪み”によって“こちら側”に表出することがあるという。

そのため、“名もなき花”への理解を深めすぎたものは混沌に呑まれ、“こちら側”からは認識できなくなる。これまで“名もなき花”へ名前をつけられなかったのは、「名前をつけた瞬間に命名者が混沌に呑まれていたからだ」とフローズ教授は語る。

吟遊詩人をはじめとした詩人は、我々よりも直感的に世界を見つめている。“名もなき花”の異質性・危険性を理解していたからこそ、“名もなき花”という通称を使用し、人々に危険を知らせていたのだろう。

混沌が表出しやすい地質のハウザル地方では、魔法使いの失踪が多く、その中の一部は“名もなき花”が原因で混沌へ呑まれている可能性がある。

“名もなき花”研究に協力した王立アトス大学混沌学部学部長の■■■■=“ジーニー”・■■■■■■教授は、“名もなき花”の危険性についてこのように述べた。

魔法植物研究チームの研究室には、複数の魔法使いが混沌に呑まれた形跡があった。その中には混沌学者も含まれており、混沌の深度がうかがえる。一度“名もなき花”への研究を止め、混沌への潜行と失踪者のサルベージを行う必要がある。

この発表を受け、王国危険生物管理委員会は“名もなき花”の危険度をA-からSSに変更した。今後、“名もなき花”に触れる際には混沌学学士級の資格が必要となる。

アイアス探訪記①~蒸気の街の時計店~

「Maho ONLINEで取り上げられている事象はハウザル地方の物が多いですが、私たちの住むアイアス地方も素敵な場所なので、今度ぜひ取材に来てください」
編集部に届いた一通のメールをきっかけに、筆者はアイアス地方のクロックタウンへと飛んだ。

アイアス地方はハウザルの西に位置しており、ハウザルと比べて土地の魔力が少なく、古来より魔法を使って生活する者たちにとっては住みづらい場所とされてきた。
しかしアイアスの人々は、アイアスでしか産出しない魔力を帯びた鉄鉱石「アイアス・フェルム」と蒸気エネルギーを利用し、独自の社会を築きあげていったのである。
人々の“科学”への関心が高まりつつある今、魔法に頼らない生き方に興味を持った観光客がアイアスを訪れることも増えているようだ。

続きを読む

魔導心理学部から新入生へ、学生生活を満喫する方法①

先輩が魔法を使う姿を見て、憧れが強くなる新入生はきっと多いことでしょう。

しかし、憧れの先輩と実際に話をしたら、良くも悪くも「なんかイメージと違った」なんてことはありませんか?

確かに関わりを持ってからでないと、憧れの先輩の本当の性格なんて分かりませんよね? そんなとき、魔導心理学の知識があれば、その人が使っている魔法から性格が判断できます。

そこで今回は、魔法と性格の相関について魔導心理学に基づいてお話しいたします。

続きを読む

若者のトレンド【六芒星ミッドナイト】の魅力に迫る

若者の流行りに疎くなってきた魔法使いの皆様、元気に過ごしておられますか?
魔術が古くから伝え継がれるものとはいえ、時代によって形を変えるのもまた必定。
新しいものを知らないままでは、頭のかたい数世紀エルフみたいになってしまいますよ?

さて、そんな方々にお伝えしたいのが「六芒星ミッドナイト」という伝達魔法を使った番組。
満月と新月の数日前に配信される、地域不特定型の個人番組です。
その魅力はなんといってもパーソナリティーを務めている「アルカ・マリア」さんの素敵な声とその人柄。
番組に届けられる多くの質問やお悩みに、真摯に丁寧に返事をするアルカ・マリアさんに癒された方は多いことでしょう。
また、その話しぶりの端々から伝わる人のよさが聴いていて心が暖まるようです。

しかし、アルカ・マリアさんは人柄のみならず、魔術の知識も凄まじいものがあります。
質問に寄せられるあらゆる分野の魔術に対して、正確な情報や対策を話してくれるその圧倒的な知識量。

聴こえてくる癒し系の声と親身に話をしてくれる人柄のよさ、それでいておそろしいまでの魔術知識という二面性が、アルカ・マリアさんという人物の魅力であり、六芒星ミッドナイトの魅力といえるのでしょう。

ちなみに、アルカ・マリアさんを実際に見たという人はいないという話。
今までもその姿を一目見ようと、多くの記者やファンが番組の放送される夜に配信されている地域を探し回ったことがあるようですが、誰ひとりとして見つけられなかったそうです。
中にはその夜の記憶が一切なくなってしまった人もいるようで、過激なファンが番組配信の妨げにならないか心配されています。

今回は、最近若者で流行りの個人配信番組である「六芒星ミッドナイト」とそのパーソナリティー「アルカ・マリア」さんについてお話いたしました。
興味が湧いた方は是非、次の三日月の夜にでも配信がないか調べてみるといいですね。
また続報が入れば記事としてまとめていきたいと思います。

気まぐれ魔導書レビュー(古魔導書店のススメ)

住んでる家が耐火耐水防音免震魔法に欠陥があるかもしれないとのことで、引っ越しを検討中の瑞々です!

ところであれから行けてないんですけど、また本部と連絡がとれるようになりましたね…。

噂じゃあ時空系魔法による歪みに巻き込まれたとか、スキャンダルを見つけてしまい消されたとか…。

でもあそこの建物、本部以外の施設も普通にあったはずなので(以前摘発されたブラック結社も確か入ってたんじゃなかろうか)不慮の事故だとしたら仕方ないって感じですかね。

どうせなら書庫にあった資料分けてくれないかな…あそこの書庫空間歪んでて、一回だけ行ったら混沌に呑まれかかったし(混沌学専攻の同期がいなかったらやばかった)、なぜかアトス大の中につながってたし…資料集中して読みたいんだよな…

まあその辺はおいおいまた調べるとして。

今日は、しばらく本部と連絡が取れない間にやってた、古魔導書店巡りのお話。

続きを読む

アンデッドの分類法、ついに改定!

王立魔法生物学研究所(王魔生研)の朝倉です。

ホラー。ホラーといえば、アンデッド。ゴーストの皆さんは、肝試しでは大活躍ですね!

今回は、そんなアンデッドの皆さんについて紹介します。

(その前に。一般にわかりやすいためアンデッドやアンデッド族という単語が広く使われていますが、魔法生物学上”アンデッド族”なる種族は存在しませんので、迷信にはご注意ください。)

さてアンデッドの存在は古来より知られ、その創出法は様々な古典魔術の経典に秘術として記されていたり、口伝によって受け継がれていたり、強大な王の伝承の中に存在が仄めかされていたりと、様々に伝えられ、多くの種族や派生系がいると考えられてきました。

また、古典的な死霊術の分類法を重視する声も強かったため、比較的若い魔法生物学の合理的な分類法とは独立して分類されてきました。

しかし、最近になってようやく新分類法が広く認められるようになりました。

続きを読む