国王、建国記念式典の詠唱で不正行為?

呪文の詠唱を苦手とする魔法使いは多い。

発音の難しい単語が多く、さらに一度でも詰まったり噛んだりするとまた唱え直し……詠唱の終盤で失敗して「ああもう!」となった経験がある方も決して少なくないだろう。

そして公式にもっとも長いと言われているのが、レガリア国の建国記念式典にて国王によって暗唱される習わしの呪文『シェアハピ』である。

先日おこなわれた記念式典では国王が初めて最後まで『シェアハピ』詠唱に成功し、感動を巻き起こしたばかり。

国民の健康と幸福ならびに国の繁栄を祈る内容で、文字数にしておよそ5000、すべて読み終えるのに15分ほどかかる。

さらに『シェアハピ』は一冊の魔導書に記載されており、呪文は魔導書の気分によって毎年変更されるため、国王は毎年新しい呪文を覚え直すことになる。

途中で失敗してしまうと国の運勢が傾くと言われているため責任重大である。

ところがなんと、今回国王の詠唱に不正が発覚したという。

当代国王アウグスティヌス・フォン・レガリアは、呪文の詠唱が苦手な王として有名である。

前年度の呪文詠唱では開始30秒で舌を噛み、最速記録を打ちたてたばかりだ。

それが今年の式典では、突然すらすらと最後まで完璧に詠唱を終えたのである。

この結果を不審に思ったとあるゴシップ誌の記者が使い魔を飛ばし、関係者の会話を偶然聞き取ったところ……なんと鏡魔法を応用した高度なカンニングペーパーが使われていたというのだ。

演壇は国王を護るための透明な魔法防御球膜で覆ってあり、国王はその中に立って呪文を詠唱する。

その膜に半透鏡魔法(※通常の鏡魔法とは異なり、表側から当てた光は反射するが、裏側から当てた光は透過するような鏡を創りだす)を用いることで、国王側から見たときだけ呪文が映し出されるという。

当然、国民側から見てもただの透明な膜にしか見えない仕組みだ。

この疑惑は国中で広まり続け、国王はついに会見を開いて

「そのような事実はない。一年に一度の詠唱は国王として欠かすべからざる義務であり、私は入念な暗記と詠唱練習を繰り返してから本番に臨んでいる。上手になったとするならば、それは私の努力の成果である。誰が言い出したのか知らないが、無責任な噂を流すのはやめていただこう」

と防御膜の内側から流暢に語った。

ちなみに、呪文で国の運勢が左右されるというのは言い伝えに過ぎない。

これまでも数年に一度は国王が詠唱を途中で失敗していたが、レガリアはいまだ存続している。

建国記念式典では国民が「何分で失敗するか」などの賭けで盛りあがる一幕もあり、呪文の効果も疑問視されていることから、あくまでも儀式の一環という形である。

ルーンと毛生え薬で魔法暴発 頭髪が消失する重大な影響

先月27日、ルーン医療魔法で有名なドルイド高僧(532歳)が魔法を暴発させ、治療中であった60代男性の頭髪右半分を失う痛ましい事故が発生していたことが判明しました。

ドルイド側によりますと、60代男性の頭頂部に頭髪を発生させる処置を行っていたということですが、突如患者の全頭部が発光し始め爆発するなどして、処置のおよそ3分後には右半分の頭髪が消失していたということです。

医療ルーン魔法協会の調べによりますと、60代男性が普段から使用していた市販の毛生え薬「にょきにょき毛生え薬」とルーン魔法が異常な反応を起こし暴発したものであるということが判明しました。「まさか毛根まで持っていかれるとは思わなかった」と60代男性は肩を落としています。

医療魔法協会は「にょきにょき毛生え薬」を購入しているユーザー向けに、ルーン魔法を頭髪へ向けて行わないよう注意喚起のふくろう便を発送しているとのことです。

不幸な使い魔を出さないために ファミリアシェア・ハウス誕生

あなたにとって、使い魔とはどのような存在であろうか。

仕事に欠かせないワークパートナー。
家族や友人、恋人にも言えない秘密を打ち明ける相手。

恐らくさまざまな回答があり、その存在について一括りで説明をするのはとても難しい。

しかし、どの主人使い魔の関係で共通して言えることは、二者の間には確固たる信頼関係が結ばれており、あなたが惜しみない愛情を彼らに注いでいるということだろう。

それでも、世の中には主人に恵まれなかった使い魔たちが存在し、その数は決して少なくはない。

そんな彼らの行く末は悲劇的であることが多く、使い魔の野生化、衰弱による消滅は今世の大きな問題のひとつでもある。

今回そんな問題にいち早く取り組み、新たなサービスを展開したのは、近年使い魔業界に台頭してきた企業ファミトピアである。

今回、ファミトピアのCEOでもあるリリアリス・ヴィアン氏は、新たな業態として“ファミリアシェア・ハウス”を展開することを発表した。

同代表によればこのハウスは、主人たちに捨てられてしまった使い魔たちのシェルターと、魔法使いの住む住居を併合したサービスであるとのことだ。

今回建設されたハウスは4階建てとなっており、1階はシェルターと共有スペース、住居部分は2階~4階となっており各フロアに15戸設置されている。

今回のハウスでは同社が保護している使い魔のうち、有翼類を含む小型有毛種およそ10種、計50体ほどが暮らしている。

彼らは保護されたあと、FHT(Familiar Health Technican、いわゆる“使い魔看護師”)による十分な身体的、精神的ケアを受けて同ハウスで暮らしている。

リリアリス氏によれば、特に小型有毛種の使い魔たちは一度契約を結ぶと誰かに世話をしてもらうことに慣れてしまうため、契約を解除し、回復を待って自然シェルター等に譲渡しても自力で生きていくのが難しいという。

契約を解除された使い魔たちが新たな主人の下で第二の使い魔生を送れるようにとの思いで、ハウスは設立された。

設立に当たって、リリアリス氏は次のように述べている。

近年、身勝手な主人たちの都合により、不幸な最期を迎える使い魔は決して少なくありません。

弊社はそのような使い魔たちを一体でも多く救いたいという思いから、今回の“ファミリアシェア・ハウス”を誕生させました。

なお、シェルター内の使い魔は入居者であれば契約なしでパートナーとして行動できるため、複雑な手続きなしでマッチングが行える。相性のいい使い魔がいれば引き取り、専属契約を結ぶことも可能だ。

ただし、契約に当たっては同社による厳しい審査が行われる。審査基準を満たさない場合は専属契約を結べない。

今回発表されたハウスには入居希望者の問い合わせが殺到しており、倍率はおよそ150倍とみられている。反響を受け、同社では同じ形態のシェア・ハウスの建設に向けて動いていると発表した。

また、今後について、竜型種、大型獸種に向けたハウスも展開して行きたいとリリアリス氏は会見の場で述べた。

この度発表されたファミトピアによる新たな試みは、使い魔放棄問題の解決策として旋風を巻き起こすことが出来るのか、今後の動向が楽しみである。

 

ファミトピア(Famitopia)···

社名にもなってている、『ファミトピア』は、企業理念でもある、使い魔(familiar)にとっての理想郷(Utopia)提供するとの思いから、CEOリリアリス・ヴィアン氏により名付けられた。

王女に熱愛発覚! 対立関係にある魔法協会関係者と

当新聞社独自の取材で、ソフィア王国の第五王女ライア姫(18)と魔法協会会長の息子である第一級魔術師アイル=ドーン氏(20)の熱愛が発覚した。

二人は昨年行われた新魔法技術発表会にて出会ったのがきっかけで、そこから交際がはじまったという。

一見微笑ましいお二人に見えるが、実は問題だらけ。

ソフィア王国といえばアイシュケイン山脈の麓にある小国ではあるが、昔から優秀な魔術師を輩出していることでも名を知られたな国だ。

例えば15年前に起きた同国の戦士の半数を失ったとされるナム=ロックの反乱で、反乱軍の半数以上と首謀者であるナム=ロックを倒した人物は、ソフィアの英雄と呼ばれるキャップ=エイツエイン。他国でも名が知られている特一級魔術師だ。

それだけに、ソフィア国内では魔法協会の力が強い。王参加の下行われる王国会議での魔法協会会長の発言力も強く、会議参加者である貴族の中で会長を支持する声は多い。もちろん王国側がそれを良く思うはずもなく、いわば王宮と魔法協会は長年対立関係にある。王に近い側近によると、いつ国内で内紛が起きてもおかしくない状況だという。

そこで発覚した今回の熱愛。

これは二人だけの問題ではなく、政治的問題も多分に抱えている。

また二人が会話をする際に、王宮内では使用を禁止されている水晶を使っていたことが処罰の対象となり、それもまた事態を複雑にさせている。

今回の件に関して王宮からの発表はなく、当新聞社の記者がアイル氏にインタビューを申し込んだが、いまのところ返答はない。

はたしてこの恋の行方はどうなるのであろうか。

お二人が幸せになることを祈るばかりである。

新たな知見、珠世界概念の提唱

異世界研究の第一人者であるセルタニアウス・ナ・ミア氏は異世界の概念について新たな知見を明らかにした。

時、空間、意識で形作られている我々の三次元世界は、多次元的展開をしても時、空間、意識からは大きく離れない。

並行世界は縦を時間軸、横を可能性軸、そして点を意識と置けば考えやすいであろうか。

我々は三次元に生きているが、意識を高次元に持っていき、俯瞰から除けば我々の三次元は広い布に落ちた点である。これをセレタニアウス氏は織世界と名付けた。

それを念頭においた新たな概念が珠世界である

珠世界とは、どこにでもいていつでもあって個が全であり全が個である世界だ。

この世界では時間がくるくると回っている。

と共に固定の場所がない。

もし我々、織世界の意識が珠世界に行ってしまった場合、珠世界に溶けて消える。

セレタニアウス氏は妖精や神霊の類はこの世界線で存在していると思われると語った。

精霊分野はまだまだ不明瞭なことが多く、また研究もしづらいため、この概念を用いれば彼らの世界を我々の意識に落とし込めるかもしれない。

並びに珠世界概念が発展し、呪文に流用できるようになれば不完全であった永久保存魔法や時の加速、時間の干渉を超えた研究などさまざまな分類が発展するであろう。

この新たな概念は是非深まっていってほしいものである。

200年間主人を待ち続けた猫、安らかに眠る

広大な湿地と豊かな森に囲まれた穏やかな町、グリーンヒール。先日、この町で長年暮らした1匹の黒猫が静かに息を引き取った。名前はオル。251歳の大往生だった。

オルは200年前まで、ある魔女の使い魔として飼われていた。鍵しっぽで全身黒く、更に左目が潰れたオルのことを魔女はいたく気に入り、自分の家へ招き入れた。当時を知る貴重な魔法使いであるジェイドさん(220歳)は「オルの主人は、良家に生まれたがうまく魔法が使えずに捨てられた、寂しい人でした。彼女が町の人と交流することはありませんでしたが、オルと暮らし始めてからは毎日楽しそうにしていたのを覚えています。しかし彼女の一族が彼女に政略的な婚約をさせるために連れ去ってしまってからは、オルもあの家も色を無くしたようでした」と当時の様子を語った。

ジェイドさんによると、オルは主人がいなくなった後も主人と共に暮らした家に留まり続け、やがて家が風化し取り壊されてもその場を動かなかったという。

そんなオルが主人と再開を果たしたのは、あまりにも切ない場所だった。

グリーンヒールに住む魔法使い達がオルのためにと魔女の一族の家を探り、やっと探し当てた住処は既に更地となっていた。

「90年前、子供のドラゴンばかりを狙い密猟を繰り返したことで怒りを買って、ドラゴンたちに滅ぼされた一族がオルの主人の生まれだったんです。調べたところ、オルの主人の名前はアルタリアさんといって、生まれつき魔力の乏しい中、逃げ遅れた子供たちを守るため最後まで戦っていたようです」

そう語るジェイドさんの瞳には涙が浮かんでいた。

ジェイドさんらグリーンヒールの住人は話し合いの末、オルをアルタリアさんの墓まで連れていくことにした。年老いたオルを墓の傍にそっと降ろすと、今まで聞いたことのないような声で鳴いたという。

オルはアルタリアさんの墓を守るように1週間ほど墓標に寄り添い、その後役目を果たしたように静かに息を引き取った。この切なくも優しいニュースに、魔法界中から「どうかアルタリアさんの隣でオルを眠らせてあげてほしい」との声が殺到し、オルの墓が建てられる運びとなった。

これに伴い、グリーンヒールの町長であるフルール・キャンベル町長は「勇敢で心優しいアルタリアさんと、その優秀な使い魔のオルを誇りに思う。この出来事はこれから先もグリーンヒールで語り継がれていくだろう」と語った。

オルの墓は来月下旬を目処に完成する予定だ。

人権侵害か? 企業による魔力搾取の是非

背広に腕を通し、通勤電車に揺られ、席に着けば魔力帯を履く。

一般的なサラリーマンによく見る朝の風景だが、そんな風景も近く形を変えるかもしれない。

デスクワーク系のサラリーマンではよく見られる「会社支給の魔力帯を履く」という行為が人権侵害に当たるのでは? という声があがり始めているのである。

会社勤めでない読者のために説明すると、魔力帯とはいわゆる「魔力抽出装置」であり、これによって企業は運営に必要な魔力を得ている。

しかし、高魔力児の誕生増加に伴う企業専属魔術師の増加や、「魔力は生命の力であり、それは家族や己の人生に使うべき」といった価値観の変化によって、「専属魔術師以外に魔力の提出を求めるのは搾取なのではないか?」という考え方が若者の間で広まっている。

従来からの伝統を重んじる企業からは「会社は家族であり、家族を助けるのは当然ではないか」という声もあがっているが、一部では若者に賛同して献魔法式で魔力を集める企業も出始めている。

また、専属魔術師互助会からは「たしかに一般人よりも魔力換算能力は高いが、専属魔術師も人であり、高負荷を強いれば共倒れになってしまう。企業に対する専属魔術師の数は足りているとは言えず、企業との共存を目指していきたい」との声明を出している。

公を取るか私を取るか、判断を誤ればどちらも失うというのが人の世の常である。

さらに思い通りのモノづくりへ――新技術の3D魔素プリンター

昨今、モノづくり界隈を賑わせている魔道具製造機器『3D魔素プリンター』をご存知だろうか。

これまでは丹念に魔力を注ぎ込んで少しずつ手加工をするか、工業用の大仰な機械に大量の魔力を注ぎ込むことでしか成し得なかった魔道具の作成。

それをご家庭のPCのみで作成できるようになるのが『3D魔素プリンター』だ。自前の魔力すら必要がなく、簡単な魔道具ならばものの30分ほどで完成する。

また、作成後に魔力を抽出すればただのオブジェクトにすることもでき、その人気に拍車をかけている。

そんな底の見えない3D魔素プリンターだが、昨日3D魔素プリンター製造会社ライフドリーマーズが新たなプリンター技術の開発に成功したと発表した。

特殊な魔力を液体に注ぎ、安定化させた魔素インク。それをゴーレムにも使われる魔親和性の高い粘土に混ぜ込むことで立体的な魔道具の印刷を出来るようにしたのが3D魔素プリンターである。

しかし、絞り出し積層していくという構造から、絞り口より小さい・細かいのスケールでの作成は不可能だった。

そこでライフドリーマーズ社が開発したのが『魔力の粉末化技術』だ。同社は一旦生成した魔素インクを、純度98%の魔力の粉末にすることに成功した。

これにより粉末を足した魔素インク内の魔力含有量を従来の7割も上昇させることが出来る。更にその余剰魔力を使って粘土の構造体に干渉する魔法陣を発動させ、従来よりも少ない粘土でより高密度で繊細なモデルの作成が可能になった。

本日発売の新型プリンターはこの技術に対応しており、新型リフィルも同時発売される。

また、ライフドリーマーズ社はこの魔力の粉末化技術を他の産業にも活用できないかと考えている。社のこれからの活躍にも注目したい。

テレポートデブ解消!? 魔法が解けると溶ける肉ダイエットに迫る

昨今の流行語にもノミネートされた「テレポートデブ」。

自分を別の空間や位置に転移させるテレポーテーションは比較的高度な魔法であるが、皮肉にもそれを使いすぎてしまったがため運動不足となり、肥満に陥ってしまった個を指して自虐的に用いられる言葉だ。

一度詠唱法を覚えてしまった個にとってみれば、テレポートの頻度を下げる事はなかなか難しい。肥満は病気などにも繋がりやすいため、テレポート可能な魔法使いの悩みの種になっている。

そういった人たちにとって”強い補助魔法”になりそうなダイエット法が、今流行の兆しを見せている。それが「溶け肉」ダイエットだ。

溶け肉とは、動物の肉に極力近付けて魔法で作られた魔導的生成物で、形や柔らかさ、匂いなども普段食事している肉に近いという優れもの。

名前の通り、体内で一定時間が経過した後に溶け、ほぼ水や二酸化炭素、魔素などのような物体となり消えてしまうのが特徴で、エネルギー摂取も同じ重さの肉を食べた時に比べ数%程度(つまり、90%超のカット)と非常に低い。

魔法による生成物は、一般的に時の経過や強い衝撃などで消えてしまう場合が多く、食品としては非常に限られたシーンでのみ使われてきた。

しかし、イルヴァディナ地方・コド西部のヒーユ魔導総合研究所の研究チームによって、消えてしまうという特性を逆手に取ったダイエット法として考案・開発され、「対象者の5%の脂肪が(このダイエット方法によって)消滅した」と発表されたのち、イルヴァディナをはじめ、各所でブームとなった。

チームのル・オタ・フモール研究員は「ともかく、皆さんに健康的に、そして心理的にも万全に受け入れてもらえてよかった。『溶け肉』の他にも、『溶け野菜』『溶けエーテル』なども開発し、幅広い種の方のダイエットを応援したい」「研究チームにもいわゆるテレポートデブのオークがいるが、彼のダイエットも無事成功した。『溶け肉ダイエットという魔法が、ずっと解けないといいね』と言うと、『ほっとけ』と返してくれた」と話した。

また、専門家は当編集部に対し、「おいしく食事をしながらダイエットができるのはとても良い事」「(溶け肉は)当然消えてしまうので、栄養の管理は今まで以上に大切。運動を大切に、また種族や身体に合わせた栄養素・魔素を摂取し、栄養失調にくれぐれも気をつけてください」とコメントした。

ドラゴンの目撃相次ぐ 討伐隊編成へ

24、25両日、王都ウィザナリア付近で親子とみられるドラゴン2頭の目撃情報や足跡の発見が相次ぎ、討伐隊を編成することが決まった。

兵士長によると、24日正午ごろ、森でドラゴンが飛んでいるのを目撃したと帰還した遠征隊から報告を受けた。体長約4メートル1頭、約2メート1頭の計2頭で、すぐに目撃場所付近を捜索したが見つからなかった。

25日午前4時半には王都から約300メートル離れた森で、親子とみられる足跡や他のモンスターを食べた痕跡などが見つかり、王都は安全が確認できるまで警戒を強めている。今週に入り、王都上空を飛んでいるドラゴンも目撃されていることから、飛龍隊を中心に編成し討伐を考えている。