新商品

モンストル、ゴースト用魔剤の発売決定

20日、魔力ブーストドリンク「魔剤」を製造販売するモンストルが、ゴースト用にスモークタイプの魔剤を期間限定で販売すると発表した。

この商品は、創業者であるギエン・キーデル氏が50歳の誕生日に全身ゴースト化を決断したことを受け、その記念として開発された。

従来品のヒト・巨人・ホビット向けドリンクタイプをベースに、飲食ができないゴースト用のスモークタイプを開発したという。使用法は一般的な飲食風スモーク同様で、缶を開けてスモークを発生させ、その間をすり抜けて使用する。

しかし、この発表後、ゴーストの感覚機能が弱いために従来品ベースでは覚醒効果が出るのか心配する声が多くあがった。

これについて広報担当オシェル氏に問い合せたところ、以下の回答を得た。

「魔力覚醒を促す成分であるキャフエインの含有率が従来のものよりも高いため、魔力覚醒の効果がある。ゴースト1,000体による臨床試験もクリアしている。ゴースト市場の狭さや魔力覚醒需要の低さから期間限定販売としているが、売れ行き次第では通年販売も検討する」

なお、販売開始は来月5日を予定している。

TWIGマチルダ 1900周年モデルを発売

今年創業1900年を迎える老舗魔法杖専門店「TWIGマチルダ」が、1900周年記念モデルの販売を創業記念日の12月18日に開始した。

1900周年モデルは、オルディア国産の白樫に、クロニア山で採取した魔法石があしらわれている。機能性とデザインの両立を追求するTWIGマチルダの集大成と言える完成度だ。

販売開始から1週間経った現在も長蛇の列ができ、10時間待ちは当たり前。朝3時から並んでいるという初老の男性は、「森の奥に住んでいるので街に出るまでに時間がかかり、1800周年の時に出たモデルは買うことが出来なかった。それがひどく心残りだったが、今回はどうにか買うことができそうだ」と安心した表情で語っていた。

実は私も3日目に並んで手に入れたのだが、使い心地は素晴らしく、魔術がうまくなった気さえした。
1900周年モデルは10万本用意されているが、購入を検討しているのなら早めに決断した方が賢明だろう。

魔法石の色はクリアレッドとコバルトブルーの2色。
価格はどちらも123,450ロン[税込]

迷子の使い魔を減らす装置、販売間近!

近年、魔法使いが大切な使い魔とはぐれてしまう事故が多く発生している。

特に集会が行われる時期は多くの魔女・魔法使いが交流するため、普段他の魔法使いに接することが少ない幼い使い魔が驚いて逃げ出してしまい、そのまま行方不明になってしまうケースが報告されてきた。

小型で足が速い使い魔は勿論、殊更魔力を使って移動する使い魔を追跡・保護することは困難であるとされており、多くの魔法使いが解決策を模索していた。

そんな中、ブルー・オウル社がMPPS(Magical Power Positioning System)を利用した使い魔追跡装置「My Familiar」の開発に成功したことを発表した。

「My Familiar」は、使い魔の魔力と自身の魔力を登録することによって使い魔が何処にいるかをモニターで確認することができる製品であるとされている。モニター1台につき3匹まで登録可能であり、複数の使い魔を所有している場合でも安心。登録した本人の魔力以外ではモニターが起動しないよう設定されているため、使い魔の盗難などの対策もされているとのこと。

開発責任者であるミナーヴァ氏は「不慮の事故によってかけがえのない使い魔を失い、悲しい想いをする魔法使いを減らすことができたらと考え開発を行った。2、3カ月中には各地域の専門店などでの販売を開始したい」とコメントしている。