迷子の使い魔を減らす装置、販売間近!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近年、魔法使いが大切な使い魔とはぐれてしまう事故が多く発生している。

特に集会が行われる時期は多くの魔女・魔法使いが交流するため、普段他の魔法使いに接することが少ない幼い使い魔が驚いて逃げ出してしまい、そのまま行方不明になってしまうケースが報告されてきた。

小型で足が速い使い魔は勿論、殊更魔力を使って移動する使い魔を追跡・保護することは困難であるとされており、多くの魔法使いが解決策を模索していた。

そんな中、ブルー・オウル社がMPPS(Magical Power Positioning System)を利用した使い魔追跡装置「My Familiar」の開発に成功したことを発表した。

「My Familiar」は、使い魔の魔力と自身の魔力を登録することによって使い魔が何処にいるかをモニターで確認することができる製品であるとされている。モニター1台につき3匹まで登録可能であり、複数の使い魔を所有している場合でも安心。登録した本人の魔力以外ではモニターが起動しないよう設定されているため、使い魔の盗難などの対策もされているとのこと。

開発責任者であるミナーヴァ氏は「不慮の事故によってかけがえのない使い魔を失い、悲しい想いをする魔法使いを減らすことができたらと考え開発を行った。2、3カ月中には各地域の専門店などでの販売を開始したい」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター 成瀬なる より:

    発売心待ちにしています。
    つい先日カエルの使い魔とはぐれてしまって……。数日後にひょっこり戻ってきたんですけれど、あんな思いは二度としたくありませんから。

コメントを残す

*