ニュース

夜空に巨大な五芒星が出現 大和国の大規模魔術か

大和時間の1月20日、空に五芒星が現れた。

「獅子座流星群」を見上げていた人々は予期せぬ光景を目撃した。空に浮かんだ輝く星を繋いだ五芒星が、月より明るく光り輝いたのだ。

「大和の大規模魔術が見れるとは思わなかった」

メルトリーア大学賢者候補生、ドルマフ・イオーフ氏はそう話す。「海を渡ったこの国でも見える魔法陣は初じゃないか」と語るのはドルマフ氏だが、この証言が事実だと確認されれば、大和が大規模な国益魔術を使ったことが記録される初の例となる。

流星群を観測していたある人が、空に描かれ始めた五芒星を発見。水晶ネットワークに「空に浮かぶ珍しい魔法陣」と記憶を投映した。すると大和国ファンコミュニティの目にとまり、たちまち拡散された。その間にも、流星群を観測できる地域の人たちが、五芒星を描く光の動きをとらえた記憶を水晶に投映していった。

当初、多くの魔術師達は半信半疑でその記憶に接した。秘密が多い大和国が、これほど露骨に大規模な魔術を展開したのが信じられなかったようだ。

五芒星が描かれた光はすぐに消えたため、フェイクニュースとの声も上がった。しかし、次々と投映される記憶が真実を語っていた。

流星群が始まったばかりの世界時間4時41分、月の南側に星が輝き点となり、流星群の流れを無視するように線を描いた。その線は止まるこなく動き五芒星を描くと、一瞬だけ月より明るく輝き、消えていった。

ドルマフ氏は、この五芒星は大和国がよく使用するお札や式紙に書かれる特有なもので、西洋で使われているペンタグラムとは別物だと言う。外観を見ただけでは魔術内容が理解できない高度なものと熱く語ってくれた。

観測していたのは大和国ファンたちだけではない。メルトリーア大学で予言の書と星の動きを比較し、信憑性と時系列の研究をしている六星占術研究家のメラド・ヒャガ氏もその一人だ。獅子座流星群に際して、メラド氏は貴重な星の動きを観察しようと研究室に残って天体観測魔術を発動していた。その際、観測された星の動きを投影し8個の水晶に記憶させている。

メラド氏が星の動きと預言書を見比べながら大量の星を眺めていたところ、月の近くに五芒星が現れた。月と星の位置関係から大和国上空と判断したメラド氏は、すぐ知り合いの大和国ファンの賢者に水晶の記憶を転送した。

どのような効果の魔術が展開されたかは不明だが、「神秘の国・大和国のことだから、月にうさぎを転送したのではないか」といった大和国の昔話に絡めた魔術内容が噂され、大和国のファン界隈は盛り上がりを見せている。

もし、本当に月にうさぎを送ったのかどうかを確かめたいのなら、次の満月に夜空を見上げることをお勧めしたい。

フクロウ郵便で配達事故 植物園に新設されたカフェが原因か

デワンシェ月第1週ハマの日、フクロウ郵便に預けた手紙や荷物の配達が遅れる事故がフェルーリンデ市を中心に発生した。その日配達に出たフクロウのおよそ8割の到着が予定よりも大幅に遅れ、一部の手紙・荷物には汚損が生じていた。

原因は、フェルーリンデ市郊外のリンデランデ植物園に新たにオープンしたカフェ「とまりぎ」とその利用者の一部にあると、フクロウ郵便フェルーリンデ支部局長のトールマニー・ユピタ氏は語る。

フェルーリンデ市にはフクロウの休憩場所となる街路樹が少なく、フクロウ郵便のフクロウ達はリンデランデ植物園の樹木で休憩をとることが多かった。カフェ「とまりぎ」で食事中の魔法使いが、休憩中のフクロウにパンくずなどを与えることで、フクロウ達が休憩時間を長くとるようになってしまった。魔法使いの相棒として長い歴史を持つフクロウだが、食の誘惑には弱い。むやみにエサを与えないでほしい

この声明を受け、リンデランデ植物園とカフェ「とまりぎ」は「フクロウにエサを与えないで」といった注意書きの看板を設置すると共に、テラス席のメニューに同様の注意書きを記載すると発表した。

ユピタ氏は会見の最後に、「植物園のカフェ、フクロウ便のフクロウに限らず、外で見た動物にエサを与えるのは控えてほしい。彼らのためにも、ヒトのためにもならない」と伝えている。

“死んだように眠れる”棺桶ベッド 時限解呪装置に不具合

グッド・ナイト・カンパニーが昨年夏に販売した“棺桶ベッド”に不具合が発生し、同社が自主回収を行っている。使用者が仮死状態のまま目覚めなくなるなど深刻なケースも多く発生しており、購入者へ注意を呼び掛けている。

問題となった棺桶ベッドは、“死んだように眠れる”という謳い文句で話題となり、睡眠時間を少なく抑えたい魔法使いを中心に話題を呼んでいた。棺桶ベッドは時限解呪機能のある仮死化魔法を内包した魔道具であり、今回の不具合は時限解呪装置に原因があるとグッド・ナイト・カンパニーは発表している。

棺桶ベッドは使用者が眠る前にあらかじめ起床時間を設定しなければならないが、入眠時より過去の日時や「疲れが取れるまで」といったあいまいな時間を入力した場合、時限解呪装置がうまく働かない。棺桶ベッドの利用者の多くは眠気の限界まで活動しているため、時限解呪装置を設定する際、詠唱を間違えてそのまま仮死状態へ入るケースが多発している。

時限解呪装置がうまく発動しない棺桶ベッドで眠っている場合は、熟練の死霊術師によってのみ覚醒を促すことができる。グッド・ナイト・カンパニーはすでに複数の死霊術師に協力を依頼し、対処に当たっているという。

グッド・ナイト・カンパニーは「すべての利用者が安全に使用できるように、仮死状態が一日続くといった条件で発動する自動解呪機能を追加するなどの改善を続けていく」と発表。同時に、「魔法使いのみなさんは体力の限界まで活動することが多い。良質な睡眠を得るために、体力に余裕をもって生活してほしい」とコメントした。

かくいう筆者も、棺桶ベッドの時限解呪機能を設定する際に日付を誤り、半年の間仮死状態に陥っていた。賢い魔法使いである読者諸兄はご存知だろうが、徹夜明けに呪文を唱えてはいけない。

通りすがりの死霊術師に起こしてもらえなければ、この記事の公開はさらに遅れていただろう。この場を借りて謝辞を述べたい。

lalalunaがInfitence O33を発売 新機構の魔素生成機を搭載

lalalunaは、簡易式念転写像機「Infitence O33」を3月下旬に発売する。実売予想価格は136億5千万8976パツオーク。

色はクラシックブラック、メタリックシルバー、ピュアホワイト、ブラッドレッドの4色。

6/5型の検魔機構を搭載した「Infitence O22」の見た目を踏襲しながら、着実なグレードアップが施されている。さらに総重量は約780gとおよそ30g軽量化された。

また注目されるのは新搭載の魔素生成機だ。後述するが、これにより魔素供給機なしでもO22よりも連写機能がアップしている。

ボディ

O22に引き続き、ロドニウム合金を採用。防塵防滴。1000℃までの炎に耐えることができる。被写体として人気のあるレスコンスの炎精は中心温度が2000℃を超えるが、周辺温度は900℃なので、撮影には十分耐え得るだろう。ただし、大きめの個体は周辺温度が1000℃を超えることもあるので、万全を期すためには上位機種であるO3を購入することをおすすめする。

連写性能

O22は10コマ/秒であったが、O33では15コマ/秒に。外部パーツである魔素供給機「lalaluna In-In DF-800」を利用すれば、30コマ/秒に拡張することもできる。このパーツはO22と共通なので、乗り換えを検討している方も安心だ。

その他の仕様

ボタン類の配置は基本的にそのままに、焦点位置調整がエララム式のものに変更されている。

のぞき穴機構は従来のものより46fa広くなり、被写体をより的確に捉えることが可能に。

期待されていたハリカムレバーの搭載はなかったが、取り回しの良さを売りとするこのシリーズとしては不要のものかもしれない。lalalunaのこだわりが垣間見える念転写像機に仕上がっている。

日刊森のアナグマ 「鳴る記憶」とは? オルゴール型記憶封入魔具に迫る

鳴る記憶、オルゴールのメロディの裏にいる人物とは?

魔法使いは時に、大切な物を箱にしまいこむ癖がある。読者の皆様の中にも心当たりがある人がいるだろう。

大切な物とはいうが魔法使いにおいてそれは物体だけには留まらないのは公然の秘密というもので、それは「色」だったり、「魔法」そのものだったり、時には「魂」のようなものまでさまざまである。もちろん魔石だったり、魔法の杖だったりもするが……

(ちなみに、最後の「魂」を箱に入れたものは、魔法省が禁じるところの“分霊箱”なので、皆様は御隠しにならないようご注意を。)

そういった大事な物を隠す箱──箱と言っても形は箱とは限らない──これを魔法省は「封入器」、もしくは「封入魔具」と呼んでいるが、この頃「オルゴール型の封入魔具」の存在が世間を騒がせているのはご存じだろうか?

「鳴る記憶」、メモリーオブメロディと呼ばれているそれは、手のひらサイズの木製の箱に入ったオルゴールで、ふたの裏にどこぞの魔女のものと思わしき刻印が一つ付いている以外は、開けるとシンプルなメロディを奏でるなんの変哲もないただのオルゴールである。

だが、一点、“オルゴールから鳴るメロディを聞いたものに記憶を付与する”という特性が、“自鳴琴”から“封入器”へと名称を変えさせているのだ。

付与される記憶はオルゴールのメロディによって違い、一つとして同じメロディは見つかっておらず、世界の各地で見つかっている。

このオルゴールが最初に発見されたのは、なんと魔法省の違法魔具取締局に在籍する、ある職員のデスクからだった。

不審に思った職員の一人がオルゴールを開いたところ、そのメロディを聞いた人間すべてに対し、そのデスクで作業をしていた職員が裏で不正を行っているという記憶が付与されたのだ。

本人に問いただしたところ、数年前に遡って定期的に不正を繰り返していたことが発覚し、またある一部の不正の記録が本人の記憶から不自然に抜けていたことも発覚した。

何故オルゴールがそこにあったか、誰が置いたか、なにかもが不明な不明瞭極まるこの事件。この事件の最も恐ろしい所は、魔法省受付の数人と、魔具取締局にいた全員の“オルゴールが発見される数分前”の記憶が抜けている、または不鮮明だということだ。

これが真実ならば、オルゴールを置いた人物は真正面から魔法省に入り、違法魔具取締局に行き、オルゴールを置いた後、自分を見た全員の人間の記憶を抜き去ったということになる。

他人の記憶を封入器に入れることは、魔法省において犯罪行為に該当するものであり、またそれ自体が高度な魔法使いでないと為せぬ技である。今回奪われた記憶はどこかのメロディとなって響いているのだろうか。

そして、何故魔法生物についての記事が専門である私が、この記事を書いているのか? と疑問に思っている読者のために説明するのであれば、それは「鳴る記憶」の名前が知られるようになった頃、私宛に一つのオルゴールがフクロウ便で届いたからである。

題名は数か月前の日付と共に「またお会いしましょう」とだけ書かれているが、私はこれが一体なんなのか全く記憶に無く、そもそもその日はグリフォン便の取材で誰とも会っていなかったはずなのである。

ただの悪戯か、私が覚えてないだけか、それとも本当に記憶が抜かれているのか、私はオルゴールの蓋をいまだに開けられずにいる。

今日送る一言は、2400歳の上のエルフ、エレンディエルが昔の事を聞かれた際に決まって言う言葉から抜粋してこの記事を閉じたいと思う。

記憶というのは氷のようだ。どんな形であれ溶けてなくなり、蒸発して何時しかそこに氷があったという事実さえなくなっていく。

サークルの姫、打ち上げ成功。意識の高さが成層圏を突破 RASA

総合インカレサークル「in-cha」の姫が、星海探査センターから打ち上げられ、解脱に成功した。

34日丑の刻過ぎ、サークルの姫は王立アトス大学星海探査センター(RASA)の儀式場から打ち上げられた。姫は約18分後に意識高度が成層圏を突破、所定の軌道で意味の境界面に接触し、解脱。姫の打ち上げは成功した。

「in-cha」は、所属学生数8万人を擁する国内最大のインカレサークル。サークルの姫に対する瞬間最大出力は98億チヤホヤを誇り、儀式効率の面から期待されていた。今回の打ち上げにより、サークルの姫は意味の境界面から現象世界を突破し、《向こう側》の世界へ到達したものと見られている。

過去に意味の《向こう側》への解脱を果たした人物は、大魔導師アトス、マム・ト・ララ上人、隠者ンドパマラなどが知られているが、チヤホヤによる解脱は世界ではじめて。

今回打ち上げられた姫は、人魚族のジャルゥ・ル・ヤャ氏。下半身が人間で、上半身が魚の人魚だった。

ゲネムのドードルス値がヘンダルラインをエクセイトしたことが判明 アッカリオの可能性

アトス大学パユパユ・ペペリリマーン学研究所は、アクラ内のゲネム組成がエンベルベル型になることの証明実験中にゲネムのドードルス値がダフォスに陥ることなくヘンダルラインをエクセイトする瞬間を捕らえた。

シャリバダールのスピルル器官に編み込まれたゲネムは本来カッコリ型であるが、デメデーラル・シャンクトリオ分離法によってナンディモゴンの成立過程をアックトラッシュするとゲネム組成はエンベルベル型になるのではないかと、理論パユパユ・ペペリリマーン学者たちは仮説を立てていた。

今回の実験はその仮説を立証するための実験であったが、デメデーラル・シャンクトリオ分離法の実行中、研究員の一人がスパスパアッシジの発生具合を調べるためにエルヌタリ式計測器を用いてドードルス値を計測したところ、ヘンダルラインをエクセイトしているのを発見。すぐさまデッテルビ安定機を用いてアクサバリ現象を防止しながら記録を開始した。

ドードルス値がヘンダルラインをエクセイトする場合、通常ゲタンボ組織のヘッタルゴン反応が阻害されてダフォスが生じるはずであるが、今回の実験ではダフォスは生じておらず、ゲルネリボーリュのアクサファイトも正常であった。

アトス大学パユパユ・ペペリリマーン学研究所所長のゼン=ゼン=スコスコマン名誉教授は語る。

今回このような現象が見られたのは、おそらくアッカリオによるセバルレ・レンコルフェンがサイドエスターミュを媒介にしてシラッサー系のカッチョカッチョ領域に入り込んだためでしょう。ゲネムのドードルス値は“エルドマンの下方流動忍耐方程式”によると、いかなる条件下でもアッカリオはシェペになることが知られています。サイドエスターミュはそのシェペになる過程におけるエマスとテネスの相同性を、アンクタル図形を描きながら毎秒8030ライラごとに解放していく作用を持ち、エデルカ=モートマッチの理論を用いれば、ドードルス値がヘンダルラインをエクセイトしてもダフォスが生じません。しかし、この現象は理論上あり得ないことではないというだけで、その確率は非常に低いのです。

アトス大学パユパユ・ペペリリマーン学研究所では今回の現象を再現するために新たな長期実験を実行中だ。

その実験ではアバル族の男女40人が被験体として参加し、一人ずつゲネムの摂取とエンベペ型情動処理を受ける。

まず、ゲネムのアッカリオ耐性がケッケリョ・ゾーンにあることを確認し、少しずつサイドエスターミュのバイオ・エレクトリック・エルスレンションを上げていく。スカミラ粒子が観測された時点でセバルレ・レンコルフェンを投与するが、この際カッチョカッチョ領域における優先順位がY軸を超えた場合、サイドエスターミュのブラブラ波が体内の魔素細胞Aを活性化させてピキュー状態となり、被験者は死ぬ。

そのためカッチョカッチョ領域における優先順位が常にW軸に安定するよう細心の注意を払いながら実験は進められる。

「もし現象の再現に成功したならば、おそらくスパラキュラの机をひっくり返すほどのパラダイム・シフトが起きるだろう」とスコスコマン名誉教授は少年のように目を輝かせた。

今日のおやつ:トロプ地方より「マンショショコラ」

今日のおやつはトロプ地方から。
フェンヘルバタ社さんが作られている、シンプルながら目を引くルックスの「マンショショコラ」です。

丸い土台部分にはトロプ地方名産の紅茶パウダーを使用し、爽やかな渋みを感じることができます。
土台の上に鎮座する、白く形取られたマンショにはクッキーやスターベリーが練りこまれていて、甘くサクサクとした食感が好対照のハーモニーを醸し出しています。

トロプ地方はマンショの涙を使用しアクセサリーの生産・販売をするなど、昔からマンショに親しんできた土地です。
マンショが作り出す涙はとても貴重なことから、トロプ地方ではマンショのことを「マンショ様」と呼び大切にしています。
マンショショコラは、そんなトロプ地方を象徴するようなお菓子なんです。

涙を流し終えたマンショ

マンショの可愛らしい姿を忠実に再現したこのお菓子、トロプ地方を象徴する新たなお土産の座に輝く日も近そうです。

「魔法は存在しなかった?」1000年以上前の古書、その一部を公開

昨日、魔術研究所アンティコ・マギアの書庫で発見された古書の中身が一部公開された。中身は古代文字・ハポネスと似た特徴を持つ象形文字で書かれているとされており、ところどころに謎の図説が挿入されている。内容の分析はまだ終わっていないとのこと。

しかし、現在解読されたうちの一文が研究者たちの注目を集めている。その一文の直訳は「魔の力や人の気は虚無である」というものだと、古書の一部公開と共に発表された。この直訳が示す事柄は、遠い過去には魔法が存在しなかったということなのではないかと、研究所から提唱されている。

事の始まりは2年前の1月。【アンティコ・マギア】が誇る世界最大級の書庫で、蔵書リストに記録されていない書物が見つかったと一時期話題になった。当時発表されたのは本の外見と、紙の劣化具合から1,000年以上前に出版されたものだと思われること。

まずは修復魔法による復元を試みないことには始まらないと、復元研究員一同は張り切っていた。そして、約2年半かけて、かつでないほど繊細な修復に成功したということで、今回のお披露目が可能となった。

復元が終わり、最も時間がかかるとされる内容の分析と解読の段階に入ったことで、研究所内ではまた新たに引き締まる空気が漂っていると言う。そして、大仕事を一つ終えた復元員たちは、【アンティコ・マギア】所長のアブラハム・コールズ氏から、存分に羽目を外してほしいと告げられ、一ヶ月の有給を得られたそうだ。

問題の一文は、まだ直訳なため、様々な解釈が魔法研究界で挙げられている。それでも、現時点で一番有力となっている説が、冒頭で告げた「魔法は存在しなかった説」だ。

我々が日常で当たり前のように扱っている魔法という力は、約1000年もの年月を経て発達した技術であることは常識として知られている。この期間を「魔導歴史」と呼ぶのも、先代たちが残してきた魔術の道導が積み重なったことに対する敬意を表すためだ。それほどまでに、魔法という存在は大きいものとなっている。だからこそ、1000年以上前の魔法事情が知られないことは、大きな謎として扱われてきた。

我々が幼少期に聞いて育った、数々のおとぎ話 ー 剣術だけで戦さに勝利する王国や、マントを着ない学生たちの友情など ー も、知られざる過去から由来するという説があがっていたことをご存知だろうか。これもまた、空白の歴史がもたらした謎の一つだった。しかし、あながち間違っていなかったのかもしれない。

もし、魔法が存在しなかったのであれば、大昔の我々の先祖は一体どのような生活を送っていたのだろう。通勤・通学の手段は浮遊魔法や転移魔法ではなく、医療現場では薬草や治癒魔法の効果に甘えることができなかった。公開された図説の一部には、人体と思わしきものも載っていた。もしかしたら、肉体構造まで違っていたのかもしれない。にわかに信じがたいが、可能性は十分ある。
 

最後に。コールズ所長は発表時に:

「新しい歴史と、現在とはまったく違う文明が明らかになるかもしれない。過去を紐解く長い旅の始まりに携わることができる。大変嬉しく、光栄に思います。そして、現代の根本となる魔法の誕生について詳しいことがわかるかもしれない。そのことに、ひとりの魔法研究者として興奮を覚えております。」

と、目を輝かせながら語っていた。

知識を追い求めることに夢中になりがちな、我々魔導師。そして、魔術とその理解を生業としている身ならば、ぜひ追ってほしい研究案件だ。

アグニ炎症患者数 過去最多に

世界魔法学医療機構は本日、今シーズンのアグニ炎症患者数が過去最多の2273万人となったことを発表した。

アグニ炎症は、増幅した空気中の炎魔力の影響によって体内の魔力均衡が崩れることで、発熱・発火などの症状が引き起こされる魔力疾患。大人であれば重症化することはほとんどないが、魔力均衡の不安定な子どもや老人、炎魔力に対する抵抗力の弱い水属性の精霊などがアグニ炎症にかかった場合は、火傷や魔力枯渇による意識混濁などを引き起こすこともあり、注意が必要。

王立ミケア施療院のプリストス医師は、今回の感染拡大の要因のひとつに「月照時間の長さ」があると指摘した。

「月明かりには昂る魔力を鎮静化する作用があり、我々魔法使いにとっては必要不可欠なものであるが、今年は月照時間が例年に比べ3割ほど長く、気温も上がらなかった。そのため、例年であれば冬眠しない地域のサラマンダーの多くが冬眠してしまい、地表から出る炎の魔力が吸収されることなく空気中に放出されてしまったのだろう」(プリストス医師)

アグニ炎症患者が解熱や消火のために市販の水属性魔力の増強薬等を使用すると、魔力均衡を司る器官の変質が起こり、重篤な後遺症が残る可能性もあるという。

「アグニ炎症が流行っている時期は特に、素人判断で市販の薬を服用するのではなく、すぐに医療機関を受診し、適切な治療を受けてほしい」(プリストス医師)

アグニ炎症の流行には地域差があるが、特にレドルフランケ地方では流行レベルが4まで引き上げられている(最大5)。レドルフランケ地方連続放火事件の跡地からは未だに小さな火の粉が発生することがあり、その影響で炎の魔力が増幅しやすくなっているためだと考えられる。

流行レベルの高い地域では、一定期間炎の魔力を溜めこんでおく性質のあるヒエンソウの種を撒くほか、眠っているサラマンダーたちを一体一体起こしていくなどの地道な対策がなされており、今後は徐々に鎮静化していくとみられる。そのほか、世界魔法学医療機構は「外に出るときは水属性の魔力障壁を張るように心がける」「サラマンダーの鱗などでできた装飾品を身につけ、余分な炎魔力の吸収を抑える」などの感染予防を呼びかけている。