調理の杖 〜グリフォン〜

グリフォンとは、その多くがコーカサス地方の山中に生息している、鷲の上半身に獅子の下半身を持つ魔法生物である。魔法界ではその気高さ、厳かさから、古来より王家の紋章に入れられることが多く、王の象徴ともされたという。

第1回目は、この王家の獣、グリフォンを「食」の観点から紹介する。

グリフォンを「肉」として見たことのある魔法使いはほぼ居ないだろう。そもそも、誇り高く賢いグリフォンを狩るのはドラゴンに鼻炎薬を飲ませるのと同じほど難しく、心得のある狩人でなければ狩りは不可能である。そして、その肉も非常に高価であり、今や「グリフォンを食べる」という文化自体が薄れつつあるのが現状だ。

しかし、実際グリフォンの肉にはスタミナと魔力の増強効果があり、さらに大昔には、「戦の前に戦士たちが皆グリフォンの肉を生で食べて精をつけていた」という文献が残っているほど、グリフォンとは魔法使いに身近な食材であった。

まず調理法だが、グリフォンを食べるにあたり、グリフォンは成熟すると肉が固くなり、味もかなり獣臭くなってしまうという難点がある。ハーブとショウガ、マンドラゴラ(別名マンドレイク)の葉をすり潰して混ぜたものでよく揉み、一晩ほど漬ければ獣の臭みは消えるが、肉の硬さは消えない。また、グリフォンの細胞は魔法に抵抗を持ち、魔法をほとんど通さない為、切り裂き魔法等の調理魔法は効果がない。

しかし、グリフォンの体の緊張を解く効果がある瑪瑙(めのう)を用いて肉をよく叩くことで、肉がほぐれ、ほどよい柔らかさになる。あとはこれをオーブンで焼くだけだ。

グリフォンの肉は鶏肉に似た食感を持ち、まろやかにした山椒のような風味が特徴だ。味付けにスパイスやソースを加える必要のないその独特な風味は、決して他の獣にはない、グリフォンならではの味わいだろう。

かつては知恵と王家の象徴にされた獣。

貴方も是非1度、彼らを味わってみてはいかがだろうか。

新種? 「ざしきわらシルキー」発見

グローバル化の進行により国際結婚、異種族間結婚も珍しくない時代になったが、このたび非常に珍しい、妖精と妖怪の異種族間結婚による新種が発見された。

仮称は「ざしきわらシルキー」。その名の通り座敷童とシルキーの間に生まれたと考えられ、実際に発見された当時は座敷童の住む旅館(写真)にて、シルキーと座敷童の間に挟まれる形で仲睦まじく寄り添っていた。

親のシルキーは、イギリスの古い魔法使いの家系に代々仕えている妖精である。当代主人が日本に留学する際に着いていき、座敷童と出会ったと考えられている。

「ざしきわらシルキー」の見た目は二種の中間であり、真っ白な肌にプラチナブロンドの髪をおかっぱに切りそろえ、白い絹の小袖を着ているという。

王立アトス大学精霊学部教授コルネリア・ライバドール氏は、「過去に例のない交配種です。シルキーは家の手伝いをする妖精、座敷童は家に幸運を与える妖怪です。どちらも“家”につく精霊であるため、お互い親しみを持ったと考えられます。新種を妖精と分類するか、妖怪と分類するかはいまだ議論中です」と発表した。

 

“奴隷の価値も無かった” 大富豪ハルフェンの壮絶人生

魔術師ならば知らぬ者はいない魔法薬・魔術触媒製造の最大手、ダイスクリーム魔術化学社。

その創業者にして現CEO、ハルフェン・ダイスクリームはエルフ人種の女性とオーク人種の男性の間に生まれた。

オーク人種とエルフ人種の対立と差別の問題は今でこそ解決の兆しが見えているが、今から90年前、ダイスクリーム氏がまだ少年だった頃はオークとエルフは互いにいがみ合い、貶し合い、殺し合っていた。

「私の母は戦争捕虜としてオーク人種の同盟軍に捕らえられ、強引に妊娠させられました。それが私だったのです。当時は中絶魔法が無く、私は健康体でこの世に産み落とされましたが、母は私の存在を忌まわしいものとして捉えていました。
エルフ人種は異常なまでに血統や純血を重んじる種族です。それは母も例外ではありませんでした。しかもその混ざっている血がオーク人種のものとなれば尚更のこと。私は物心つく前から虐待を受けていました。

ある日、母は虐待に飽きたのか、それとも他のエルフの人々からイジメを受けることに耐えかねたのか、私を奴隷商に売ろうとしました。しかし奴隷商は、オークとエルフの混血なんて誰も買わないと言って拒否しました。私には奴隷の価値もなかったのです」

ダイスクリーム氏はまるで他人の人生のように、自身の壮絶な過去を淡々と語る。

「この時私は家を出て母のもとを離れることを決意しました。このままでは母は私を殺そうとするか、自殺するだろうと思ったからです。

私は家を出て早速仕事を探しました。人種を悟られないように肌を泥や布で隠して、街中の商人や職人に頭を下げました。そしてやっと、ある一人の商人の方が私を小間使いとして雇ってくれたのです。私は死にものぐるいで働きました」

ダイスクリーム氏はそこで商いの方法や数学、文字の読み書きを勉強し、商人として独立したという。もちろん、顔や肌は隠しながら。

「私は魔術を学び始め、魔法薬の売買に興味を持ちました。魔法化学が比較的得意だったのもありますが、理由はなによりも、魔法薬を買っていく魔術師たちが私の容姿を気にする様子が無かったからです」

ダイスクリーム氏は商品を魔術師向けの魔法薬や魔術触媒に絞った。彼がドーランや布で顔を隠さなくなったのもこの時期らしい。

「魔術師の方は少し変わった人が多いのですが徹底した実力主義者で、魔法薬の質が良ければ私の容姿や血筋のことはまったく気にしませんでした。私はそれがとても嬉しかった。純粋に私の努力だけを見てくれたから」

小さな街の魔法薬屋からスタートしたダイスクリーム社はいまや年商約600億ライラの大企業だ。ダイスクリーム氏本人も、毎年発表される世界の大富豪トップ100の上位に君臨している。

「私はもう母のことは恨んでいません。ダイスクリーム社のビルが建ったあたりから金をせびりに来ましたが。

もちろん、私が産まれる前に姿を消した父のこともです。今では彼に会いたいとすら思っていますよ」

ダイスクリーム氏はそう言って笑う。

最後に、月並みな質問ではあるが、彼に成功の秘訣を聞いた。

「自分を無駄な存在だと思わないことです。“自分はこれができない、あれができない”と思った時は、できるようにしようと思う。ですが、“自分は無駄な存在だ”と思ってしまうと、何をしても虚しくなって、何もできなくなる。誰に言われてもどれだけ言われても、自分は絶対に生まれてきた意味があるんだと信じ続けることです」

ダイスクリーム氏は小さな魔法薬屋の頃から毎年欠かさず、子どもを保護する施設や人種差別解消運動を行なっている団体への寄付を続けているという。

未踏深域<Gokshqi>ついに踏破! 調査隊74年ぶり快挙

世界には、まだ知られていない謎が無数にある。誰も足を踏み入れたことのない場所――”未踏深域”もその一種だ。

世界地理院を初めとして、多くの政府・団体が長年にわたり調査を進めているが、踏破に成功したのはいまだ全体の一割にも満たないと言われている。

そんな未踏深域のひとつである<Gokshqi>、一般名「アーカー地下大空洞」をついに踏破したとして、探検家エシュラ氏の率いるエシュラ調査隊が地表への凱旋を成し遂げた。前回、大空洞の構造に関する有力な情報が得られた本調査から、実に74年もの時を経て、再びその名を世界に轟かせることとなった。

続きを読む

山林で遺体発見 ドラゴンによる被害か

王都ウィザナリア辺境の山林で大きなモンスターに噛みちぎられたとみられる身元不明の遺体が見つかっていたことが、王都遠征隊への取材で判明した。現場付近では昨年6月、ドラゴンに襲われたとみられる60代魔女が死亡したほか、毎年ドラゴンの目撃情報が相次いでおり、同隊はドラゴンによる被害の可能性もあるとみて死因や身元の特定を急ぐ。

同署によると25日午前8時40分ごろ、行方不明者の捜索をしていた同隊員らが、うつぶせで倒れている遺体を発見した。損傷が激しく性別は不明。黒いローブらしきものを着ていたが、身元特定につながる所持品はなかった。近くに杖が落ちていたことから、遺体の持ち物とみて照合し調べを進めている。

付近では、マンドラゴラなどを取りにきていた王都在住の魔法使いの男性(66)が14日から、付近の村の男性(78)が18日からそれぞれ行方不明になっており、近くで2人のホウキが発見されている。

あの頃に戻って素直な気持ちで 幼児期退行セラピー

大人になるにつれて忘れてしまった気持ち。
子供時代、本当はこうして欲しかったという思い。

人によってそれぞれ違えど、誰しもに思いあたる節があるのではないだろうか。

この度、WHOでは新たな魔法心理療法を試験的に導入すると発表した。今回発表された療法の名前は「RIT(Regression of infancy Therapy、幼児期退行療法)」(※以下、RITと記す)。

本来であれば、時間退行魔術は歴史的な流れや対象者の運命等を変更してしまう恐れがあるため、使用を禁止されている。

しかし今回の心理療法においては、約30項目程度の厳しい条件下で発動をする場合にのみ、免責となる。以下はその条件の一部である。

・時間退行魔術の目的が医療行為を含んだものであること

・施術者においては、魔法医師免許と魔法心理療法士免許の2つを所有しており、かつこの度制定されたRIT施術者免許を取得した者であること

・退行時期は、各種族における幼児期に限る(※人間種であれば1歳から満6歳まで)

・退行時間は施術より72時間(これ以上の時間は元に戻った際、人格への影響が懸念されるため)

・施術をする前には、最低100時間以上のカウンセリングを行い、しっかりとしたラポールを相互構築した上で施術をすること

なお、現在この施術ができる有資格者は全世界で20人であるが、WHOは今後需要が高まる分野であることを予見し、更なる施術者の増員を目指す。

これにともない、RIT資格取得の試験を全世界で毎年2月に施行すること、資格取得のための対策セミナーの開校を予定していることを同時に発表した。

WHOによれば、来月末RITを実際に受けた治験者達の体験談を開催する。(体験談の様子については追って本誌で紹介していく)

体験談の詳細について気になる方は、WHOの担当窓口に問い合わせを承るとのことだ。

現時点では未知の部分が多いRITではあるが、新たなセラピー療法として新風を起こせるのか今後の動向を見守りたい。

突如現れた謎のヒーロー『ディバイン・ガール』とは?

 

ダテリオ暦5月20日の午後9時ごろ、ユスティア王国の王女シャルア・ザン・ユスティセン様主催のパーティーに魔獣が乱入する事件が発生しました。

魔獣の種類はグリーンバックハウンド。高さ約3m、全長約7m、体重は10トン以上。気性が荒く、人間を含む別種の生き物には一切なつきません。体内で緑色の炎を燃やして背中と口から放出することができ、戦争にも利用されている凶悪な魔獣です。

しかも今回のグリーンバックハウンドは魔術的な改造を受けていたようで、護衛の魔術師たちは大苦戦。パーティーの出席者にも魔術師の方はいましたが、会場に入る前に魔術具を預けていて援護できる者がいませんでした。

しかも騒動の最中にシャルア王女が行方不明に。会場はパニックに陥りました

その時、会場に謎の人物が乱入。暴れまわる魔獣の前に立ちはだかりました。

その人物はマスクを着用した金髪の女性で、自らを『ディバイン・ガール』と名乗り、なんと魔獣に戦いを挑んだのです。

彼女はブラックオーガ人種も顔負けの超人的な身体能力で魔獣を撃退。魔獣を放った犯人まで捕まえてしまいました。

以下はパーティーの出席者の方たちのコメントです。

「あの魔獣はグリーンバックハウンドであろう? グリーンバックハウンドといえば、重さが10000キログラムはあったはずだ。それをあの女史は腹部の下に入り込んで持ち上げたのだ」

「あんなクソデカ……とても大きな獣にあの方は臆せず立ち向かっていったんですのよ! しかも獣の顎に強烈なアッパーをぶち込んで……強烈な拳を、お当てになりましたのよ。とにかく見事でしたわ!」

「あの女史は己をディバイン・ガールと名乗っておったが、どこかで見たことがある気がするのじゃ。さっきまでここにいたような……思い出せん! まったく年は取りたくないの」

魔獣を放った犯人は自称魔術師の男ビアス・ヴィケー(102)容疑者。ユスティア王国の政策に不満があり、今回の犯行に至ったということでした。

行方不明になっていた王女は、ディバイン・ガールが魔獣を撃退して去った後に無事に姿を現しました。

突如現れた正体不明のヒーロー、ディバイン・ガール。彼女の今後の活躍に期待です。

サマルコレクション2019S/S発表。テーマは「知性と野生」

”闇にとけこむ”がブランドコンセプトの「サマル (samar)」が、2019年の春夏コレクションを、現地時間6月23日17時過ぎにレーヴァ国で開催した。

メインデザイナーのルナリア・キャラウェイ移籍後初のコレクションということで、注目度の高い今期。ショー会場は、レーヴァ国随一のファッション特区レビアカヌラ市魔法騎竜警察兵舎。

三日月の下、空中に設営されたテントの中央には、夜会をイメージした巨大な漆黒のシャンデリアが用意され、会場は約3万本のハイドランジアの花々で彩られていた。

ファーストルックは、シュバルツレーヴェのファーを模した漆黒のセットアップ。風にそよぐ透ける素材のオプションマントやショート丈のボトムスなどクリーンでユニセックスに利用できる軽やかなルックは、フロントローのエルフ族から熱い視線を浴びていた。

中盤にはサラマンダーのウロコを花弁に見立てたフラワーモチーフのフルスカートが鮮やかな印象を残した。

初登場となる、箒の柄までトータルコーディネートされたダークラミアのエクスヴィアカバーや、ビルドアップチャームに”ビー”(蜂)のモチーフが有名な「アパースノスチ」のレーヴァ国第一級魔法危険物取扱士ソラリア・デナンガンが手掛けたスフィアナイトのジュエリーなどが加わり、ワイルドさの中に知性を感じる夏の魔法使いの装いが披露された。

全30体から構成されたコレクションでは、ルナリア・キャラウェイが解釈する「野生に包まれた知性」を表現したという。月光に舞うハイドランジアの精霊からインスピレーションを得て、女性的なクチュールのアイデンティティーを現代的なマスキュリンの文脈に落とし込み、前デザイナーのアーカイヴから着想を得たというブランドならではのサバトモチーフが数多く反映され、呪術行使の効果効率も高めている。

また、ユスティア王立大学魔術科マギデザイン研究室との共同研究チームの成果として、原色のアイテムに彩度調整魔法陣を反映し、真夏の日中から闇夜までオールタイムマッチのルックが最後を飾った。

会場には8,000人以上のゲストが箒来場し、先日、ニーニャ・ヌーニャ国境を騒がせた魔術牛の良質な皮革を原資に立ち上げた「ガリゼルトン」で自身もデビューコレクションを発表した両国王や、前任のセバスチャン・ドラコ・アッシュ、そしてタール・ダークフェルド、「SEIMEI ABE」の阿部晴光、「アンダードラフト」の低田賢三といったデザイナーなどが、フロントローでルナリア・キャラウェイの新たな門出を見届けた。

決め手はもふもふだった 梟と結婚する女性現る

古くから魔法使いたちが使役し生活を共にしてきた愛すべき猛禽類、梟。使い魔としてのみならず、家族として親しみを持つ魔法使いも多いのではないだろうか。そんな梟と永久の愛を誓ったという驚くべき女性が現れた。

女性の名前はロゼッタさん(29歳)。多くの魔法使いが暮らす閑静な港町で、ポプリの専門店を営む魔女だ。彼女は幼い頃に両親を亡くし、それ以来使い魔の梟であるバドくんと共に、一人と一匹で暮らしてきた。

「バドはとても賢くて優しいんです。私は今までなんとかして家族が欲しくて、色々な男性とお付き合いをしてきました。けれど今まで一人で散々自由に生きてきたから、どうにもうまくいかなくて。それで、最近ようやく気がついたんです。私が心を許せるのは、世界でただ一匹、バドだけだって。バドのふわふわの毛並みに触れている時、私は世の中で一番の幸せ者だって思います」

幸せそうに語るロゼッタさんの肩の上で、バドくんがどこか誇らしげな顔をしていた。

ロゼッタさんは昨年12月に魔法市役所にバドくんとの婚姻届を提出し、なんと先月2日にこれが正式に受理された。この驚くべき出来事に対し、婚姻届を受理した市役所の職員は「これをきっかけに、狼男や半魚人などの異種族との婚約も気兼ねなくできるようになればと思った」と、最近問題視されている異種族間での婚約について触れた。

バドくんとロゼッタさんは来月、結婚式を開く予定である。式にはバドくんの友人の梟も呼び、ネズミやコオロギなどの料理も振るまわれる。

いつもより少し大胆に、CAROLより新シリーズ コスメ発売!!

可愛らしく幻想的なパッケージと高い品質で幅広い種族から支持をされている『CAROL』から、新しいコスメシリーズが発売されることが決まった。

その名もずばり『Mange Moi』。
かなり、セクシーなネーミングである。

CAROL社の商品開発部によれば、今回のコンセプトは『fascination』。
好きな人、憧れの人、特別な人とデートをする時に、ぜひともこのシリーズを使って演出をして欲しいとのこと。

また今回のシリーズには、同社が独自に開発し特許を取得した魅了魔法を成分化したものが配合されている。
この魅了魔法について、詳しいことは企業秘密のため取材NGだったが、従来の魅了魔法とは異なり、特定の状況下においてのみ発動するようになっているという。

今回CAROL社がしかけた魔法がどのようなものか気になる方は、来月7日~21日にかけてCAROL社の各ショップで開催される先行体験会へ足を運んでみてはいかがだろうか。

なお、今回のラインナップは以下の通り。

☆ファンデーション(リキッド・パウダータイプ)各種全6色

☆リキッドルージュ 全21色

☆ティントチーク 全4色

☆アイシャドウパレット 全10種

※発売日は8月中旬予定。