生物

【注意喚起】ショックバトンにご用心

王立魔法生物学研究所(王魔生研)の朝倉です。 海、山、川、魔界、天界などの自然に触れるレジャーは楽しいものです。 特に南国の、河口からジャングル内の川を遡上するツアーなどは、普段図鑑などでしか見ることのできない魔法生物に […]

続きを読む

研究中間報告 ドラゴンが卵生を選択する理由

王立魔法生物学研究所(王魔生研)の朝倉です。 古来より根強い人気があり、それ自体でひとつの学問体系を成すドラゴン学(Dragonology)。 今回はドラゴンが卵生を選択することについて、新たな知見が得られたため紹介しま […]

続きを読む

ウィザナリアを滅ぼしたドラゴン、新種と発表

学術都市ゾルドアは、ウィザナリアが滅亡した原因がまず間違いなく新種のドラゴンであると発表した。 元ウィザナリア領地、ヴィジョンディープの森林を調査中にドラゴンのものとみられる痕跡が多数発見されていた。痕跡には既存種との共 […]

続きを読む

湖に謎の生物? 目撃相次ぐ

グルテール王国南西部のノリッチ湖で、ここ数ヶ月の間に謎の生物が繰り返し目撃されているという。 ノリッチ湖は長さが50km、幅が10mと細長く、最大水深は250mにもなる淡水湖。 目撃者によると、謎の生物は人間の2倍以上も […]

続きを読む

グリフォンとヒポグリフの違いについて

非常にポピュラーでよく知られている魔法生物、「グリフォン」と「ヒポグリフ」。 基本的な種だからこそ、覚え間違えてしまう魔法使いも多いのではないだろうか。 今回は、混同して考えてしまいがちなグリフォンとヒポグリフの違いにつ […]

続きを読む

保護施設スタッフ、魔法生物を横流しか

ギョット県立魔法生物保護施設(以下『保護施設』)の従業員、ケイパー・アヴィド容疑者(33)が、保護飼育中の魔法生物数十体を複数の市場に横流ししていたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。ギョット県警は、アヴィド容疑 […]

続きを読む

200年間主人を待ち続けた猫、安らかに眠る

広大な湿地と豊かな森に囲まれた穏やかな町、グリーンヒール。先日、この町で長年暮らした1匹の黒猫が静かに息を引き取った。名前はオル。251歳の大往生だった。 オルは200年前まで、ある魔女の使い魔として飼われていた。鍵しっ […]

続きを読む

ドラゴンの目撃相次ぐ 討伐隊編成へ

24、25両日、王都ウィザナリア付近で親子とみられるドラゴン2頭の目撃情報や足跡の発見が相次ぎ、討伐隊を編成することが決まった。 兵士長によると、24日正午ごろ、森でドラゴンが飛んでいるのを目撃したと帰還した遠征隊から報 […]

続きを読む