研究

その名は、神の供物

王立魔法生物学研究所(王魔生研)の朝倉です。 事実は小説より奇なり、という言葉を聞いたことはありませんか? 人が想像し得る限界は、その人が知りうる知識の限界に等しく、頭を固くしていては真実を見詰めることなど叶わないという […]

続きを読む

不確かなドラゴン (Phantdracoidae科)

王立魔法生物学研究所(王魔生研)の朝倉です。 突然ですが、クイズです。 ドラゴン学において、もっとも研究が難しいドラゴンとは、どのようなドラゴンでしょうか? おそらく夏休みの自由研究なのでしょうか、王魔生研にもこのような […]

続きを読む

史上初の「絵画魔法化」で絵画猫の大量召喚が発生

アーティセンナ美術館に展示されている絵画が魔法暴走を起こし、初めて「絵画魔法化」が確認された。 魔法暴走を起こしたのは、それまで絵画魔法ではないとみなされていた絵画『猫の集会』。多様な猫が庭でくつろいでいる様子がのびやか […]

続きを読む

研究中間報告 ドラゴンが卵生を選択する理由

王立魔法生物学研究所(王魔生研)の朝倉です。 古来より根強い人気があり、それ自体でひとつの学問体系を成すドラゴン学(Dragonology)。 今回はドラゴンが卵生を選択することについて、新たな知見が得られたため紹介しま […]

続きを読む

ウィザナリアを滅ぼしたドラゴン、新種と発表

学術都市ゾルドアは、ウィザナリアが滅亡した原因がまず間違いなく新種のドラゴンであると発表した。 元ウィザナリア領地、ヴィジョンディープの森林を調査中にドラゴンのものとみられる痕跡が多数発見されていた。痕跡には既存種との共 […]

続きを読む