夏至のお祭り今年も ハーブ「つみ放題」人気

夏至のおとずれを祝う「第176回  夏至祭り」が、今年も国立魔法植物園で開催された。毎年恒例の大篝火の踊りや、薬草つみ放題が行われ、多くの見物客で賑わった。 今年の大篝火の踊りは反時計回り。きらびやかな衣装をまとった老若 […]

続きを読む

紫の薄衣舞う、ハイドランジアの精霊たち

ハイドランジアの精霊たちの舞が見頃を迎えています。 ハイドランジアの精霊は体長おおよそ5~8センチと小さく、数千から時には数万の集団で暮らしています。彼らは夏が始まる前の僅かな期間のみ、ナパジャ地方で見ることができます。 […]

続きを読む

答えは“無”だった!「あの論争」ついに解決

賢明なる読者の皆様の中にはこの見出しでお気付きになった人もいるだろう。獣の月第7夜の今日「あの問題」がついに解決したのである。そう、重力魔法は土魔法なのか闇魔法なのか、である。 この問題は200年前、魔法界きっての奇人と […]

続きを読む

魔法使用世界規約~攻撃魔法・対人編~

初めまして。第一回魔法使用規約についての記事です。 日々魔法について理解を深める親愛なる同志さん方はご存知であろうこの規約。 しかし昨今は魔法を私闘で使用する無法者がでてくる始末……。 対人使用に対してのハードルが低くな […]

続きを読む

多数の学生が不審精に声掛けられる

本日、オルフェ国立魔法学校の第2指定通学路で、多数の魔法学校生が精霊に契約を持ちかけられる事案が発生しました。 精霊は自身を『月下の黒樹』と名乗っており、緑色のオーラを放ちながら宙に浮いていたとのことです。 幸い、契約を […]

続きを読む

“エルフの森離れ” ここ十年で増加のワケは

森に生まれ、森に暮らし、森と共に生きていく――そんなエルフ族の典型的な生活観は、もはやステレオタイプとなりつつあるのかもしれない。 エルフ情報専門メディア『アルフヘイム』の調査によると、故郷の森から外部の村・街へと移住し […]

続きを読む

晴天魔法特許 懸念を払拭

カレンツァ皇国のテロメノ魔導研究所所属の研究員が、通称『晴天魔法』の特許の取得をしたとの発表があった。 テロメノ研究所のマーティン・ラザ・ナーチス所長は報道陣に対して「こんなにも晴れやかな気分なことはない」と笑顔で応える […]

続きを読む

気まぐれ魔導書レビュー(基本編)

どうも、初めまして! 編集部メディア担当の瑞々です! この度、念願叶って自分の記事を持つことができました! これから、今話題の魔導書から隠れた名著、特に関連はないけど個人的なオススメまでどんどんレビューしていきたいと思っ […]

続きを読む

EACon(エアコン)問題から見る魔術の行く末

魔術の発展により、我々の生活から闇は遠ざかった。冬でも凍えることなく、飢饉は過去のものとなった。国民の死亡率は格段に減り、子供は二ケタを超えるまで生きられるようになった。これは偉大な進歩であり、神話に謳われる理想郷にこれ […]

続きを読む